秋の三大イベント2017ー記念祭開催です

秋の三大イベントのお知らせ

その1 母校記念祭

豊多摩受験志望の中学生を含め大勢の来校者があるこの記念祭、今年もC棟3階書道室で「同窓会展示室」として参加します。卒業アルバムと、同窓生が上梓出版した著書、校歌祭プログラムなどを並べます。

今回は「吹奏楽部OB会・むしの会」の創立50周年を記念して展示や、同会最年長の19期森田氏ら有志による生演奏をお楽しみ頂きます。演奏時間は11時頃と2時過ぎ等を予定していますが、リアルタイムにTwitter・Facebookで告知予定です。

また3時からは、むしの会の協力で3週間後に迫った「校歌祭」の練習をします。パート別に分かれ、校歌と応援歌をひとしきり歌った後は浜田山南口商店街で渇いた喉を潤す懇親会。こちらもぜひご参加ください。
(高11期矢島)

9月10日(土)・11日(日)は母校記念祭です

秋の三大イベント第1弾は母校記念祭です。
毎年大勢の来校者があるこの記念祭、今年も同窓会はC棟3階書道室で展示をします。高4期からの卒業アルバムと、卒業生の出版した著書をずらりと並べます。
今回はラグビー部OB会と協力し、「ラグビー部創部70年の軌跡」と題して展示します。
このほかに、野球部も70年記念誌を発行したので、展示します。さらに昨年好評だった、園芸部OB会「どんこう会」が豊多摩高校の校庭で育てている水仙の球根を無料配布します。同窓会事務局長で母校の物理の指導補助をしている古澤理事による理科教室「ふしぎな光の世界」の実演もあります。もりだくさんでお待ちしています。ぜひご覧ください。

※画像は同窓会の記念祭ポスター。校内に3枚しかありません。

秋の三大イベントのお知らせ

今年も秋の三大イベントが開催。大勢のご参加・ご来場を!
☆母校記念祭(文化祭) 9月10日(土)・11日(日)
☆東京校歌祭 10月23日(日)
☆同窓会総会 10月30日(日)

☆母校記念祭(文化祭) 9月10、11の両日
 今年も現役の各クラス、クラブからPTAや「おやじの会」までが賑やかに、模擬店はじめ各種出し物を講演展示。
そして今年も同窓会展示室は正門に近い C棟3階の書道室で。 会場には卒業アルバム、昔の写真やビデオ、文集、会報、会員の著書、校歌祭パンフなどが並び、今回はラグビー部創部70年ということで、ラグビー部OB会の協力を得て、先輩からのメッセージなどを展示。
 10日15時からは恒例の校歌祭のリハーサル。 パート別の美しい校歌と勇壮な応援歌を、吹奏楽部OB会の有志の諸君と共に練習する。

☆東京校歌祭 10月23日 12時15分より 杉並公会堂
 第24回を迎える「東京校歌祭」今年も厳しい抽選を勝ち抜いて地元、杉並公会堂での開催となった。旧制府立中学の都立伝統校に新たに小松川と武蔵丘の二校が加わり、特別参加の東大、一橋、早稲田、慶応の4大学と合わせた22校が長く歌い継がれた伝統の校歌を競い合う。母校の金田一京助作詞、山田耕筰作曲の美しい四部合唱の校歌と、五十年余り前に現役の生徒だった10期石田幸久氏作詞作曲の勇壮な応援歌「豊多摩の健児われら」を元気一杯に。
 我が豊多摩は杉並公会堂に12時15分集合、開会式に出た後、地下のグランサロンで最終練習する。例年通りトランペット、クラリネットなど吹奏楽部OB会・むしの会の有志が出演するが、ピアノは現職の音楽教諭木谷先生にお願いする予定。二本の大幟、校章入り黄色いネッカチーフを巻いて14時に登壇。 参加費は会場の関係で無料。2階に各校と並んで豊多摩の受付があるので、お1人でもお気軽にどーぞ。終了後荻窪の居酒屋に移動して懇親会。

☆同窓会総会、懇親会 10月30日 1時より母校視聴覚室、生徒ホール 会費1000円 64~68期無料

 記念講演は「アメリカ半世紀(半生記)」と題してピッツバーグ大学名誉教授の高3期本山悦郎氏がアメリカでの人生を語られる。
同時に開催される同期会は中1~4・高1期。高4,5期。それに卒業50年の19期。還暦の26期。そして50歳と40歳記念の36期、46期がそれぞれの同期会を予定している。今年もノンアルコールビールやソフトドリンク、軽食が用意されている。
園芸部OB会「どんこう会」の協力でワンコインカンパをしてくれた会員には母校のギンナンをプレゼントする予定。
(高11期矢島)

2016年の年頭ご挨拶 - 理事長

newyear2016

 豊多摩同窓会会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族の皆様共々健やかに新年を迎えられた事とお喜び申し上げます。

 昨年は世界的にテロが発生し不安が広がりました。国内では企業の不祥事が多発し企業マインドの低下が危惧される年でありました。

 一方明るいニュースではCOP21(地球規模の温暖化対策)が世界196の国地域が参加し、全会一致でパリ協定が採択されました。
 国内でも嬉しいニュースは昨年に続き大村智先生、梶田隆章所長のノーベル賞受賞でしょう。スポーツ界ではラグビーの南アを破る大金星、羽生選手の300点越えの優勝、プロ野球では2人(山田、柳田選手)トリプルスリー達成でしょうか。

 昨年の同窓会三大イベントについて報告致します。

1、記念祭(9月)・・どんこう会の歴史と活動状況の発表、ヒヤシンスの球根配布があり、在校生へのメッセージは歯科関係者の卒業生からいただいて掲示しました。

2、総会(10月)・・奈良校長先生はじめ多数の先生、PTA会長等の来賓を含め184名の参加を得ました。講演は高47期藤森直子氏の「歯周病のはなし」でした。多数の質問もあり大好評でした。

3、校歌祭(11月)・杉並公会堂で開催され、100名以上の参加者で美しき校歌、元気な応援歌を青春時代にもどり歌い上げました。二次会にも70名余りが集まり先輩後輩入交じり楽しい宴の会を楽しみました。

 同窓会の活動は上記の行事ばかりでなく同期会、クラス会、クラブOB会等豊多摩を軸として様々な会合があると思います。今年も又皆様のより多くの会に参加されん事を期待致します。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝をご祈念申しあげます。

秋の三大イベントへご参加を!

■記念祭参加イベント 2014年9月13日(土)14日(日)(※大盛況で終了しました)
母校記念祭の一環として、すっかり定着した同窓会展示室。今年は終了したが、校歌祭の練習を兼ねて集まる同窓生ばかりでなく、現役やPTAそれに学校見学に訪れた中学生にも好評だった。
おなじみの卒業アルバムや会員の著書展示に加え、先輩からのメッセージはマスコミ人から。
特別企画と銘打って、同期会を開いた21期有志による45年前の写真展。
引き伸ばしたモノクロ写真は、校舎や服装など世代を超えて懐かしさいっぱい。

■同窓会総会 2014年10月26日(日)
今月最終日曜26日は13時~16時母校で「同窓会総会」会費1000円。
記念講演は18期のテレビ朝日福田専務による「テレビのおさらい~ここだけの話?~」
スマホとの関連やオフレコの裏話が聞けるかも。

同時開催の同期会は4,5,17,24,34の各期。
40歳記念の44期にも開催を呼び掛けている。
さらに放送部OBG会。このところ現役の諸君は各コンクールで優秀な成績を残しているが、OBG会の方は世代ごとにばらばら。残念ながら一貫した組織は無かった。
この機会に老いも若きも集まってみよう。

■東京校歌祭 2014年11月1日(土)
秋の3大イベントおおとりは「第22回東京校歌祭」11月1日(土)12時半集合。
長年慣れ親しんだ日比谷から、初めての杉並公会堂に移り、
手狭なため受付は1名のみ、練習は地下のリハーサル室で行うなど戸惑う点もあるものの、音響設備などは格段に新しくなった。

参加校のなかでも会場に一番近い「豊多摩」としては100名参加を目指している。
美しい校歌と勇壮な応援歌をご一緒に!忘れてしまった方も大丈夫。歌詞カードを見ながら
隣の人に合わせれば、それなりにサマになるもの。
全く同じ校歌を歌った定時制の方も大歓迎。
会場の都合で会費無料だが、黄色いスカーフをお忘れなく。
13時半過ぎに登壇、15時過ぎからは近くの居酒屋で“反省会”こちらも是非ご参加を。

11期 矢島 照久

記念祭1日目が終了しました

本日9月13日(土)、爽やかな晴天のもと母校記念祭が開催されました。
同窓会もC棟3階の書道室で展示を行いました。

本日はおよそ160名ほどの方が来室、卒業アルバムや高校生へのメッセージ、写真展をご覧になっていました。

卒業アルバムはこの記念祭の時にしか開示されていませんので、この機会にぜひお越しください。

明日も15時まで展示いたします。

母校記念祭に同窓会も出展します

ポスター9月13日(土)14日(日)に母校記念祭が開かれます。
今年のテーマは「みんなでワッショイ!とよた祭」です。

詳しいスケジュールや出展団体は母校サイトに載っています。
記念祭のお知らせ

同窓会も出展します。C棟3階書道室で卒業アルバム・卒業生の著書を展示。
高校生へのメッセージとして「マスメディアの力が社会を変える」というタイトルでマスコミ関係の9名の方に一言を寄せていただきました。(新聞・テレビ・ラジオ・映像各方面で活躍された方、活躍している方です。)

また特別企画として「45年前の豊多摩Boys & Girlsが今、ここにイキイキと」写真展を開催。
高21期との共同展示で、今年45年ぶりの大雪だった東京と同じ、その時の雪景色や、高校生活を写真で展示します。
日曜日には高21期の同期会を同時開催します。

土曜日の15時からは東京校歌祭の校歌練習もあります。

皆さんのご来場を心よりお待ちしております。