注目

豊多摩卒業の皆さんへ

豊多摩リンクスは旧制十三中・都立豊多摩高校の同窓会公式ウェブサイトです。同窓会は卒業時の終身会費と会員の皆様からの寄付で運営されています。下記のリンクを開くと卒業年代別等で豊多摩リンクスの記事を一覧頂けます。
中1期〜中4期 高1期〜高9期 10期〜19期 20期〜29期 30期〜39期 40期〜49期 50期〜59期 60期〜69期 団体・クラブ ※ご自身の期が不明の場合は「卒業年から確認できる年代早見表」をご覧ください。 “豊多摩卒業の皆さんへ” の続きを読む

高31期望月さん日本伝統工芸展総裁賞受賞

第66回日本伝統工芸展が9月18日(水)~30日(月)日本橋三越本店で開催されます。(以降名古屋など各地巡回)
この工芸展で陶芸家の高31期望月さんが日本工芸会総裁賞を受賞されました。
おめでとうございます。21日(土)には、受賞者作品解説があるそうです。

日本橋三越本店イベント
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/event_calendar/dentoukougei.html

また、同工芸展については、9月22日(日)午前9時~9時45分のNHK教育(Eテレ)の日曜美術館で放送され、望月さんも映っているようです。
https://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2019-09-22/31/31481/1902815/?fbclid=IwAR3ckia1-XO58rjpuBkpai-ZixmpD0E3Iub8XCr43Hce-lZfmueioZFTYW0

日本工芸会 第66回日本伝統工芸展(巡回スケジュールあり)
https://www.nihonkogeikai.or.jp/exhibition/honten/66

カラー化した会報74号を発行しました

今号から、会報の仕様を大幅に変更し、これまでの新聞形式のB4判モノクロ12ページから、A4判オールカラー16ページで発行しました。伝統ある同窓会会報のデザインを踏襲しつつ、新たな試みや記事も盛り込みました。
ここ数年行っているインタビュー「同窓生の横顔」は俳優のイッセー尾形さんです。企画記事もいろいろ、楽しく読んでいただけるよう工夫を凝らしました。
皆様からの感想が次の製作の励みになります。ぜひご感想をお聞かせください。

http://toyotama.org/kaihou74/

なお、イッセー尾形さんの記事は会報に載せきれなかった写真も追加して、9月下旬ごろまでにこのサイトでお読みいただけるようになります。お楽しみに。

お詫び
本日までに感想をフォームからお寄せいただいた皆様
フォームの不具合が発生していたことが判明いたしました。9月2日~4日の間に感想をお寄せいただいた場合、同窓会に届いていないため、大変申し訳ありませんが、再度お送りいただけましたら幸いです。
ご迷惑とお手数をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
会報委員会・事務局

同窓会秋の3大イベントのご案内

9月になりました。秋の3大イベントのお知らせです。

その1・母校記念祭・同窓会展示室

9月7日(土)から2日間開催される母校記念祭。各クラスや文化クラブ、PTAやおやじの会等々が展示やイベント模擬店が賑わう文字通りの「お祭り」。以前学校側に校歌祭の練習場所提供を申し入れたところ、この場で同窓会のPRを兼ねたらと提案されたもので、恒例の卒業アルバム、会員の著書紹介、初日3時からの校歌祭の練習に加えて、今回の企画は「50年前、トヨタマで考えたこと」がテーマ。若い諸君はご存知ないだろうが70年安保闘争、大学封鎖など騒然としたなかで69年に起きた数日間の母校封鎖を当時在校生として何を考え、どのような討議が行われたか振り返り、未来に向けて高校生へのメッセージになればと企画。当時のプリントや日記も展示します。21期生から24期生の当事者の思い出を語り合う場になればと思い、多数のOB・OGにご覧頂きたいと思います。同時に、急逝された美術科石井先生と18期作家の橋本治さんの追悼展示もあります。何十年ぶりのトヨタマを、是非訪問して下さい。最終日8日は3時まで。 

その2・同窓会総会、懇親会

10月20日(日)1~4時 母校視聴覚室。会費1000円、67期以降の若手は無料招待。この1年の同窓会活動の報告等に続き記念講演は33期作家、開発コンサルタント松村美香さんの「老後マネー戦略家族」。同氏は「ロロ・ジョングランの歌声」で第1回城山三郎経済小説の大賞を受賞、世界を飛び回るコンサルだが、今回は国内が舞台の同名の書き下ろし小説がテーマ。先頃老後2000万円問題で大騒ぎになったが、老後や将来への不安を抱えた一家の財テク目標額は3000万円!崖っぷち中流家族の奮闘をコミカルに描いている。

1F生徒ホールに移っての懇親会では同時開催の同期会として恒例の高4、5期の先輩方をはじめ卒業してから50年の22期、還暦記念の29期、以下50歳になった39期、40歳の49期そしてTBC・放送部のOB会を予定している。現役の放送部は数々の全国コンクールで優秀な成績を残しているが、OB会は世代ごとのブツ切れ、まだら状態。この機会に是非お集まりを!

その3・校歌祭、懇親会

10月27日(日)2時杉並公会堂集合。旧制府立中学の伝統ある都立高校が集い、校歌や応援歌を競い合う第27回東京校歌祭。会費無料。リハーサル後、その1や2でも会場を飾った大幟と校章入り黄色いスカーフ(500円・受付)姿で3時頃登壇、指揮者の脇本氏ら吹奏楽部OB・むしの会有志の伴奏で美しい校歌と勇壮な応援歌を披露。会場に一番近い学校としてトップクラス100名越え参加を期待している。昨年から豊多摩への対抗意識か盛り上がっている西高の伴奏で「仰げば尊し」を合唱してから5時前には荻窪駅前の昨年と同じ居酒屋で懇親会。3000円会費で本物のビールやアルコール類が何と飲み放題です‼

11期矢島

★2019年度天文部OBG総会報告★

2019年8月24日(土)に母校地学室にて恒例の OBG 総会が開催されました。顧問の濱田先生・OBG&家族・現役生の計25名が集まりました。
18:15に顧問の濱田先生に挨拶の言葉を頂き OBG 会がスタート、現役生からは、合宿の事やプラネタリュムイベント等、部活の報告が有りました。 OBG からは、オーストラリアに星空観察に行った話や個々の現況報告等をして貰いました。
天気が良ければ、天文台の30㎝望遠鏡で木星や土星を観察できるはずでしたが、雲が流れてきて残念な結果でした。それでも、 OBG の皆は、屋上に上がり、きれいな夜景を見ながら、涼しい夜風にあたって久しぶりの再会を楽しんで、昔話をしたり天文台の望遠鏡の事を現役生と話したりと和やかな歓談が続きました。
20:45に記念写真を撮影して、また来年の再会を約束してお開きとなりました。
この場をお借りして、校舎使用手続きなどにご尽力いただきました顧問の濱田先生と望遠鏡設定等をやってくれた現役生の皆さんにお礼を申し上げます。
(高26期石黒)

※石黒さん、レポートありがとうございました。

今月の豊多摩 2019年8月

お盆休みはいかがだったでしょうか。
数週間前の暑い盛りの写真になります。

Exif_JPEG_PICTURE

9月になると同窓会報がお届けできると思います。
また9月7日、8日には記念祭です。大手を振って母校に入れる数少ない機会ですのでお出かけください。

天文部OBG総会のお知らせ

☆OBG総会開催のお知らせ☆

今年は、1月6日の部分日食から始まり、2月22日には、はやぶさ2のリュウグウ着陸。 4月10日には、ブラックホールの写真公開、7月21日には、アポロ11号月面着陸から50周年と 天文間関係のニュースが話題になっています。夏には、南の空に木星と土星の二大惑星が並びます。
天文台の30㎝望遠鏡で見る雄姿は、格別です。下記のとおりOBG会を開催いたしますので、 OBG仲間の皆様と、お誘い合わせの上、どうぞお越しください。

☆今年のOBG総会の日程は、以下の通りです。
日時: 8月24日(土)18:00~20:30
場所: 豊多摩高校B棟3階地学室
会費: 社会人-1,500円 大学生-1,000円 (OBG会費含む)現役生・浪人生は、無料です。
準備の都合上、豊多摩高校天文部OBG会ホームページ https://www.toyoten.org/ で出欠をお知らせください。

今年度もOBG会の案内、会報の発行は基本的に電子メールで行っています。
最近、メールアドレスの宛先不明の方が多くなっています。同期の方達で会報が届かない方をご存知でしたら声をかけて頂けると幸いです。
(天文部OBG会 高26期石黒)

木星(撮影:高26期小室さん)2019年

冒頭の撮影も高26期小室さん撮影の土星です。すてきな天体観測ができるとよいですね。(編集部)