訃報

悲しいお知らせが相次いでありました。

母校教員であった櫛部浄義先生が1月9日に逝去されました。昭和23(1948)~42(1967)年の19年間数学の教鞭をとり、ご指導くださいました。
教会式で告別式が執り行われたとのことです。
旧制二中・立川高校出身の先生は毎回「東京校歌祭」に参加、両校の舞台に立っておられました。
また広尾高校、武蔵野北高校(初代)校長を務められました。

元理事で園芸部OB会「どんこう会」代表の高4期大西路男さんが1月13日に逝去されました。
大西さんは、長く同窓会理事を務められ、特に平成18(2006)年までの13年間は会報委員長として多くの取材をされました。また、園芸部OB会「どんこう会」の代表として昨年まで月に2回の母校美化活動の中心となられ活動してこられました。
通夜・告別式は1月19日(金)・20日(土)に東京・荻窪の光明院で。問い合わせはTEL:03-3390-4647。

お二方のご冥福をお祈り申し上げます。

総会記念講演のお知らせ

10月22日(日)13時から母校にて同窓会総会が開かれます。
今回の記念講演は高20期山田さんの「鉄道遺産が物語るもの ~東京西部の鉄道と地域のあゆみ~」です。
たくさんの資料画像と楽しいお話にご期待ください。

総会後の懇親会では高4・5・20・27・37期などの同期会を開催します。そして美術部の皆さんにお声をかけています。

会報では予約をお願いしていますが、当日予約なしでの参加は大歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしています。

会費1,000円 高65~69期は無料


先着150名様には、今年採れたての母校銀杏並木のぎんなんをプレゼントします。

前理事長、杉並区戦争戦災証言集に寄稿

4月に杉並区が戦後70年事業として編纂した「区民の戦争戦災証言記録集」が発行されました。1993(平成5)年に発行されて以来、23年ぶりになる記録集、戦争戦災を体験した方々が戦後70年を経て高齢化していく中、貴重な証言を集めたとのことです。

杉澤前理事長(高4期)は杉並第六国民学校(現・杉並第六小学校)5年生の時に宮城県へ疎開した時の思い出を寄稿されました。
この証言集はPDFで読むことができます。

区民の戦争戦災証言記録集
※杉澤前理事長の証言は50ページに写真付きで掲載されています。

追記
1993年に発行された「平和を願って 区民の戦争・戦災体験集」には、高4期の元理事、大西さんの文章も収められています。
平和を願って 区民の戦争・戦災体験集