高31期会員からのイベントのお知らせ

高31期の大久保さんが実行委員を務めている「染の小道(そめのこみち)」というイベントが2月24日(金)から3日間新宿区の中井駅周辺で開催されます。

染の小道公式サイト
http://www.somenokomichi.com/

昭和の時代には東京でも染物が盛んで、特に新宿、神田川・妙正寺川では染めた生地を水洗いする「水元」が良く見られたそうです。
時が経ってこのような風景も昭和30年代で途絶えていったそうですが、この染色の技術を受け継ぐ人々が今でも新宿には多くいらっしゃり、今回のイベントもその文化を知らしめ、地域の活性化につなげる目的で開かれているとのこと。
「染の小道」のイベントは今年で9回目だそうです。

訂正:大久保さんは高30期ではなく、高31期でした。中井駅周辺は中野区ではなく新宿区でした。失礼いたしました。訂正いたします。大久保さんご本人様からのご指摘をいただきました。ありがとうございました。

川の上で染物がはためいています

2月23日(金)1日目の画像が大久保さんから送られてきました。今日はお天気は良いですね。ちょっと風が強めですが、人出も多いそうです。あと2日間、楽しめます。

31期会員陶芸作品展示のお知らせ

31期の望月さんの陶芸作品が「日本工芸会賞」を受賞されました。

望月集氏「蓮文長角皿」日本工芸会賞受賞作

31期の望月さんからのお知らせです。
日本工芸会正会員による「第38回 伝統工芸陶芸部会展」が開かれます。
望月さんはこの会で作品「蓮文長角皿」が「日本工芸会賞」を受賞されたとのこと。
同作品は下記の日程で展示されます。

* 会期 2010年5月26日(水)~31日(月) 10:00~19:00(最終日のみ17:00迄)
* 会場 日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
* 入場料 無料

日本工芸会