2010年の記念祭レポート

P9112578

読者の皆さん、レポートが遅れてしまい大変申し訳ございません。2010年度の記念祭をレポートします。

今年度の記念祭は豊多摩高校記念祭実行委員会の主催で、9月11日と12日の2日間に渡って開催されました。豊多摩高校の発表によると2日間で2470名が来場したとのことです。

## 同窓会の展示

まず、同窓会の展示をふり返ってみます。

### 卒業アルバムの展示

P9112676

豊多摩創立70周年を迎えた今年、卒業アルバムの展示を〇年以上に充実させました。豊多摩の図書館や会員個人から一部のアルバムを提供していただき、同窓会が保有していないアルバムも含めて展示することができました。この場を借りて、ご協力に感謝したいと思います。

P9112620

上の写真をご覧ください。奥に人が集まっています。彼らは卒業アルバムを見ているところです。服装を見ると分かるように、現役生が卒業アルバムに注目していたのが印象的でした。先輩や豊多摩OBの教員の在学時の姿が気になる様子です。

### 70周年記念メッセージ

P9112655

豊多摩高校は今年、創立70周年を迎えました。これを記念して、「創立70周年の母校へのお祝いメッセージ」を会場でも募集しました。ウェブ経由でお寄せ戴いたものも含め、母校にお渡しします。お寄せ戴いた方、ありがとうございました。

### 理系の先輩からのメッセージ

P9112621

「豊多摩アカデミー」では昨年度の芸術系に続き、今年度は理系を特集。理系の分野で活躍する会員から現役生や中学生に向けたメッセージをお寄せ戴き展示しました。分野も工学、化学、情報など多彩です。ご協力戴いた会員の方、ありがとうございました。

なお、展示した内容の一部は当サイトで後日公開する予定です。

P9112609

### 古い資料など

P9112611

こちらは天皇制に関する研究でしょうか。時代を感じますね。

P9112615

この様な、過去の様々な資料を展示も毎年行っています。どれも、その当時の豊多摩を知る上で貴重な資料です。

### 会員の著作

P9112675

毎年恒例の展示ですが、展示する本は同じではありません。毎年、新しい著作も追加しています。小説、専門書、実用書などジャンルも実に多様です。会員の著作の一覧は未だ整備中のため漏れがありますが、[ブクログ](http://booklog.jp/users/toyotamabook “ブクログ”)で公開しています。ご覧ください。

### 校歌祭の練習

例年通り、校歌祭の練習も行われました。今年は音楽の本田先生が指導してくださいました。

#### 参考記事

* [今年の校歌祭レポート](http://www.toyotama.org/516 “第18回東京校歌祭レポート”)
* [昨年の模様など](http://www.toyotama.org/489 “第18回東京校歌祭参加のお知らせ”)

## 現役生の展示

言うまでもなく、記念祭の主役は現役生です。ここでは極く一部ですが、現役生の展示をご紹介します。

### 音演祭

P9122742

音演祭の目玉の一つが体育館でのライブ。現役生によるバンドが腕を競っていました。

### 演劇

P9122765

記念祭の企画として昔も今も人気なのが演劇。これは3年E組の劇です。Twitterで面白かったという感想を頂き、観劇してみました。とある豪華客船を舞台に、密貿易を企む複数のグループ、老夫婦に扮して摘発を試みる警察、新婚旅行なのに仲たがい気味の夫婦などの関係を描いていました。

### 飲食

#kinensai2010 美味しいと評判だったカレーライス 2年G組さん、ご馳走さま。おしかったよー

食事や喫茶も人気の企画。こちらは2年G組のカレーライス。美味しいと評判でしたが、食べてみて納得の美味しさでした。

### 美術部

P9122735

デッサンなどを中心にイラストや絵画が多かったのですが、中にはこんな食欲をそそるオブジェも。リアリティがありますねぇ。

### 漫画研究部

P9122721

略して漫研。部誌の配布も好評だったようで、在庫が無くなるのに長くはかからなかった様子。

### 変装して….

P9122730

企画の宣伝も大事な要素。各団体工夫して宣伝に精を出していました。

### 教員有志

P9113399

Twitterで妙に人気だったのが、こちら。「復刻堂ウルトラコーラ」。展示しているのは教員有志です。「軽いノリで集めてみたら全種類集まった」とのことです。

### 放送部

P9122778

自動販売機が設置されているエリアで放送をしていました。

### 有志団体

部活やクラスだけではなく、1人、または複数人の有志での展示も。

P9112667

上の写真は、宇宙をイメージした作品。「屋外で作品を描くこと」も含めた作品です。

P9122773

一方、こちらは無数のペットボトルで作品を組み立て中。よく、これだけのボトルを集めたものですね。

### 天文部

P9112636

「一部地域では8月7日なのだから、七夕を九月にしてしまおうじゃないか」という大胆な企画をしていたのは天文部。

#### 参考リンク

* [天文部に関する記事](http://www.toyotama.org/tag/天文部 “天文部に関する記事”)

### 生物部

P9112628

いつの間にか、小鳥の飼育もはじめていました。今年は雛の命名も募集。可愛いですねぇ。

### 校内の雰囲気

P9122752

こうした賑やかな光景は記念祭ならではです。他の企画よりも目立とうと、部屋や廊下の装飾にも力が入ります。

## 参考記事

* [昨年の記念祭レポート](http://www.toyotama.org/131 “記念祭レポート”)
* [今年の記念祭告知記事](http://www.toyotama.org/404 “記念祭特集”)

## スライドショー

記念祭の写真は沢山あります。是非スライドショーでご覧ください。

校歌祭の練習映像:校歌、豊多摩の健児われら

先程、15:00から書道室において、校歌祭の練習が行われました。その時の模様です。指導をしていただいたのは音楽を教えている本田先生です。ありがとうございました。

携帯電話で撮影しているため、画質や構図についてはご勘弁ください。

記念祭特集

P9103381

豊多摩まるかじり! みんなでenjoy記念祭

厳しい残暑が続いております。読者の皆さん、体調を崩していらっしゃらないでしょうか。

さて、冒頭のメッセージは記念祭実行委員会発行のパンフレットのものです。今年のキャッチコピーですね。いよいよ、9月11日(土)・9月12日(日)の2日間、2010年度の記念祭が豊多摩高校で開催されます。同窓会も例年通り出展します。この「記念祭特集」では、同窓会の展示内容を始め、記念祭の様々な情報を掲載していく予定です。

今すぐブックマークをしましょう!

同窓会の展示内容

早速、おもな展示内容をご紹介します。なお、昨年の記念祭の模様を豊多摩リンクスで公開しています。参考にご覧ください。

70周年記念メッセージ募集

豊多摩高校は今年、創立70周年を迎えました。これを記念して、豊多摩同窓会では「創立70周年の母校へのお祝いメッセージ」を募集しています。頂いたメッセージは9月11日からの記念祭で展示の上、母校に寄贈する予定です。以下のフォームからメッセージをお寄せください。

皆さんのメッセージをお待ちしています!

全卒業アルバムを展示します

70周年を迎えるということもありまして、今年の卒業アルバムの公開は現存する全卒業アルバムとします。すべて公開します。読者の皆さんのアルバムもきっとあるはず。ここ数年の展示で欠けていた2004年以降の卒業アルバムも今年は公開できるよう手配中です。お楽しみに!

理系の先輩からのメッセージ

現役生や豊多摩に入学を考えている中学生に向けたメッセージ企画。今年は、理系にフォーカスしてみました。豊多摩というと文系のイメージが強いかもしれませんが、科学の分野で大活躍している方も大勢いらっしゃいます。

校歌祭練習

11日(土曜日)15:00より、校歌祭の練習を行います。練習する曲は校歌と応援歌の2曲です。例年数十人が集まり美声を響かせます。是非、ご参加ください。

豊多摩の卒業生が書いた本たち

豊多摩の卒業生の中には、文学、諸学問、実用書など、様々なジャンルの書き手がいます。そうした、豊多摩OBGの著作が一堂に会します。どんな本が展示されるかって?実は、ブクログというサービスにまとめてあります。是非、ご覧ください。(良かったら、買いましょう)

豊多摩に行けないのですが…..

土日とはいえ、都合がつかない方や首都圏外にお住まいの方も多いと思います。

TwitterとUSTREAMで参加しよう。

そこで、豊多摩同窓会ホームページ委員会では、記念祭当日の模様をTwitterで随時アップデートします。おそらく写真もつけて。同窓会のTwitterアカウントは@toyotama_orgです。今すぐフォローしましょう。

ネットに繋がっているパソコンやケータイがあれば、世界の何処からでも記念祭に参加できるんです。実際に来場する皆さん、感想や気付いたことを是非、リプライやハッシュタグを付けてツイートしてください。ハッシュタグは #kinensai2010としましょう。

それだけではありません!

校歌祭の練習風景をUSTREAMで生中継することを予定しています。アカウントはtoyotama_orgです。

現役生の展示や公演の資料

豊多摩高校のウェブサイトで以下の資料が公開されています。直接のリンクをこのページにも掲載いたしました。

  1. タイムテーブル:2010年度 記念祭 上映時間・公演時間等一覧(PDF)
  2. 出展団体リスト:出展団体一覧(PDF)

アクセスなど

会場と日時

  • 会場:豊多摩高校
  • 同窓会展示室:C棟3F書道室
  • 日時:2010年9月11日(10:00-16:30)、9月12日(10:00-15:00)
  • 当日の受け付けがA棟となります。職員室方面がB棟です。A等〜B棟と〜C棟の連絡通路は2Fと3Fにございます。
  • 豊多摩高校によりますと、「自家用車・バイクでのご来校はご遠慮ください」とのことです。また、上履きを持参出来る場合は持参しましょう。スリッパには限りがあるようです。
  • 当然ですが、車やバイクでの入場では不可です。エコな公共交通機関や自転車を利用しましょう、

交通機関

  1. 2010.09.09:日時を訂正いたしました。(誤):10:00-16:00、(正)10:00-16:30
  2. 2010.09.09:母校のサイトへのリンクと来場時の諸注意や現役生の情報を掲載しました。
  3. このページで使用しているアイコンは、FatCow Web Hostingの1400 Free “Farm-Fresh Web Icons”クリエイティブ・コモンズ 3.0ライセンスの下に利用しています。

記念祭レポート

同窓会展示室におよそ300人来室。9月12・13日に行われた母校の記念祭のレポートです。

9月12・13日に行われた母校の記念祭のレポートです。

記念祭ポスター母校記念祭に同窓会が出展するようになって今回で4回目となりました。母校記念祭は9月12日(土)・13日(日)に開催され、同窓会も例年通りの図書室を展示室としてお借りして、展示を行いました。

豊多摩ギャラリー

花束企画展示は「豊多摩ギャラリー」。母校からは芸術家が多数輩出しており、その中から11名の芸術家・クリエイターの皆さんにご協力をお願いし、現在の仕事・活動と経歴、そして高校生へのメッセージを書いていただきました。

メッセージを頂いた方々

  • 中3期  伊原通夫氏(建築彫刻家)
  • 高11期  高木由紀子氏(洋画家)※旧姓・守屋
  • 高12期  高井眞氏(洋画家)
  • 高13期  栗原成和氏(水彩画家)
  • 高18期  堀本惠美子(美術家)※旧姓・羽生
  • 高18期  田中旭祥氏(竹工芸作家)
  • 高20期  樋口大寒氏(画家)
  • 高26期  佐藤卓氏(グラフィックデザイナー)
  • 高26期   入江麻知子(染織家)※旧姓・服部
  • 高27期  北見葉胡氏(画家)
  • 高31期  望月集氏(陶芸家)

メッセージはそれぞれの個性あふれる言葉で書かれていて、じっくり読むと心に響いていきます。 また、11人の皆さんが多方面にわたるご活躍をされていることが分かり、改めて豊多摩の層の厚さを感じることとなりました。もちろんこの方々のほかにも大勢の芸術活動、クリエイティブな活動をされていらっしゃいます。もっともっと多くの方をご紹介したいのですが、それはまたいつかの機会に譲りたいと思います。

同窓生の著書コーナー

同じく同窓生の活躍をご紹介するために欠かせないのは「同窓生の著書コーナー」。

こちらは昨年までに図書室に蔵書されている60冊と、会報で本の寄贈を呼びかけたところ更に60冊が集まり、120冊余の本をご紹介することになりました。スペースの都合で今回は80冊ほどの展示となりました。
見学者は「この人も同窓生なの?」と著名な作家の名前を発見して驚いたりしていました。

卒業アルバム

卒業アルバムまた歴代の卒業アルバムもずらりと並べました。最近の数年分がなかったのは残念でしたが、懐かしい先輩の若かりし姿を見たり、同期の写真を見つけて喜ばれたりと一番多くの閲覧があったコーナーでした。

ほかには豊多摩初期の写真や焼け残った校名看板、バスケットボール部(豊籠会)の貴重な会報誌、ラグビー部の創立60周年記念誌、豊多摩の歴史年表の展示などがありました。 懐かしかったり貴重だったりする資料を見て、関心を寄せる方々も多くおられ、歴史の重みを感じました。 映像関係では、東京校歌祭の様子や昔の豊多摩の写真、バスケットボール部の創立記念DVDを上映しました。校歌・応援歌が流れる場面になると真剣に見入ったり口ずさんだりする方もいらっしゃいました。

校歌祭

校歌祭練習11日(土)の午後からは東京校歌祭の練習のために参加予定者が集まり、美しい四部合唱を披露。
男女の透き通る美しい歌声が書道室に広がりました。
東京校歌祭は10月4日(日)に日比谷公会堂にて開催されます。このレポートもお楽しみに。

天文部特別協賛

今回特別協賛として展示のご協力をいただいた「天文部OBG会」。部屋の奥のほうに大きくコーナーを設置し、先日話題になった皆既日食のレポートを中心に展示していただきました。

豊多摩での鑑賞会はもちろん、奄美大島や小笠原諸島など各地に飛んだOBGが撮った写真がたくさん並べられ圧巻でした。

高5期卒業生で母校の教師も勤められた横倉氏が現役部員と共に、大掛かりな日食の仕組みが分かる模型装置を運び込み、設置してくださいました。
この展示はOBGだけでなく、現役の天文部員の協力あってこその実現だったと思います。
現役の協力には感謝しています。

そして今回の展示に快くご賛同いただき、展示パネルの準備等に多大なご尽力をいただきました天文部OBG会の皆様には心より感謝申し上げます。

おわりに…

来場者の皆さん class=来年度は豊多摩創立70周年、同窓会設立60周年になります。 更に一層内容の濃い展示を目指してこれから活動していくこととなると思います。 昨年よりも多い約300名の来室者があったことは、同窓会としても励みとなります。 今回の展示に当たり、豊多摩ギャラリー、ビデオ編集、ポスター作成、同窓生著書の展示、卒業アルバム展示など様々な場面にご協力いただきました同窓生会員の皆様と理事・評議員、学友、教職員の皆様に感謝申し上げます。

また、「豊多摩ギャラリー」の展示物は今後、母校に在校生や高校受験をされる中学生に見ていただけるよう、あらためて形を整えて展示していただくことになりました。更に多くの学友にメッセージを読んでもらえたら嬉しく思います。

#### 訂正

* 2010.04.11:入江麻知子さんのお名前を誤って掲載しており、訂正しました。お詫びします。

秋の3大イベント

同窓会報はお手元に届きましたか?
同紙でもお知らせしていますが、恒例の秋の3大イベントの季節になりました。
今年は例年とは曜日、時期が異なるケースがあるのでご注意ください。

同窓会報はお手元に届きましたか?

同紙でもお知らせしていますが、恒例の秋の3大イベントの季節になりました。
今年は例年とは曜日、時期が異なるケースがあるのでご注意ください。

  • 9/12(土)、13(日):母校記念祭10時~15時頃
  • 10/4(日):東京校歌祭13時~
  • 10/18(日):同窓会総会13時~

母校記念祭(文化祭)

今年は連休の関係で、例年より開催が早まる。

かつては講演展示祭などと呼ばれた現役の文化祭。

クラス毎を中心に模擬店あり、お化け屋敷あり、何でもありだが、学業に関係ある出し物はあまり無いようだ。数年前から校歌祭の練習を兼ねて、3階の一番校門寄りの教室・書道室を借り同窓会展示室として、卒業アルバム、昔の会報、OBが上梓した著書、トヨタマの歴史、それに校歌祭の模様などをビデオも含めて紹介している。

近年、入学志望の中学生が父母と見学に訪れるケースも増え、母校のPRになると学校当局にも好評のようだ。今年のテーマはOBの美術展「豊多摩ギャラリー」。プロの芸術家たちからのメッセージを添えて 作品を紹介する。

また12日(土)15時からは、同会場で校歌祭のリハーサル。応援歌も練習する。

校歌祭

伝統高約20校が集い、校歌や応援歌を歌い比べする「東京校歌祭」。
今年は会場の都合で日曜開催。午後1時例年通り日比谷公会堂(JR有楽町、メトロ日比谷、霞が関)
集合。

各校の受付が並び、初めての方もすぐ分かります。軽く練習後、13時50分ごろ大ステージ登壇。校章入り黄色のネッカチーフをお忘れなく。お持ちでない方は会場でも販売します。500円。
指揮とホルン、トランペット、ピアノいずれも吹奏楽部OB会・むしの会の面々が出演予定です。
日比谷公会堂の大ステージで思い切り校歌、応援歌を歌った後はこれまた恒例のニュートーキヨー1階での”反省会”。会費は男性3000円、女性2000円程度。

まだ1度も参加したことの無いあなた、共通の豊多摩のアイデンティティ・校歌ですぐに溶け込めます。お気軽にお出掛けください。

同窓会総会

このところ10月最終日曜に外部のパーティー会場が続きましたが、今年は1週間早めて久し振りに母校で開催。会費ななんと無料、いかに価格破壊の世とはいえ本当にゼロ円・只なんです。但し、当然の事ながら食事無し。ノンアルコール飲料のみ。当節の学校は禁酒禁煙です。昼食は済ませてお集まり下さい。念の為。

恒例の記念講演は校歌祭の張り切り男・19期森田氏「役に立つ不動産・相続税の話」と題し、税務署の木っ端役人との喧嘩の仕方など、へたなセミナー屋なら三万円は取られるおはなしです。
また高6期窪田さんによるピアノ弾き語り「皆で歌いましょう」。校歌と共に応援歌も是非お願いしましょう。

同時開催の09年度同期会は高9期(S32年卒)~59期(H19年卒)末尾9の期。
ともかくこの機会に、年配の方は母校の激変ぶりを。若い諸君は巣立った温もりがさめぬ前に。懐かしい学友をお誘いのうえ、是非ご参加下さい。

なおタンクの愛称でお馴染みの美術科教諭・田中先生の大作「トゥーラにて」(メキシコ)が母校正面玄関(事務室横)に飾られています。

今年も秋の三大イベント

今年も秋の三大イベントが開かれます。皆様ぜひお越しください。
・9/22、23:記念祭
・10/6:東京校歌祭
・10/28:同窓会総会

記念祭(文化祭)
今年も各クラス、クラブ等々が賑やかに、華やかに、中には軽薄に或いは地味に各種出し物を展示する。なぜかお化け屋敷まである。
PTAの「おやじの会」は全国各地のカップ麺と特製の焼印が押された「豊多摩せんべい」を販売するそうだ。
そして今年も同窓会展示室。
C棟三階の書道室だが、総合受付から親切な?案内板あり。
会場には卒業アルバム、昔の写真やビデオ、文集、会報、会員の著書、HPのリンク集、校歌祭パンフなどが並び、今回は親子二代豊多摩生のメセージが特集。
若手OBの「OUTofCLASS」も一コーナー設けると共に記念祭の非公式なウェブサイトを開設運営するとの事。

22日(土)15時からは校歌祭のリハーサル。
パート別の美しい校歌と勇壮な応援歌を、吹奏楽部OB会の有志の諸君と共に練習する。
但しこの日は歌の練習のみ。楽器は校歌祭の当日を含め改めて練習するそうだ。
喉が渇いたところで、5時ごろから井の頭通り「藍屋」で一杯やることにしている。
こちらも是非ご参加を。

校歌祭
あの感動のオオトリから早や1年。
今年は10月6日(土)吹奏楽部OB会のブラスバンドと共にトップで登壇。
校章入り黄色いネッカチーフをお忘れなく。
日比谷公会堂に12時半集合後、練習する。
参加費は同窓会の援助で無料だが、通信費などのカンパ500円をお願いしている。
二階に各校と並んで豊多摩の受付があるので、お1人でもお気軽にどーぞ。
都が後援する第15回の記念大会であり、石原都知事も来賓として出席の予定。

同窓会総会
10月28日(日)13時から例年通り有楽町で。
会費5,000円、学生3,000円。
07年は7期~57期の末尾7の付く期の同期会も。
記念講演は29期の劇作家 宮村優子さん。
詳細は同窓会報を。