同窓会総会’09

母校に集結224名!賑わいました。豊多摩同窓会では毎年10月に定期総会を開催しております。2009年の総会と懇親会が、10月18日(日)午後1時~4時、久しぶりに母校にて開かれました。

10月18日(日)豊多摩同窓会総会は久し振りの母校開催、そしていかに価格破壊の世とはいえ会費無料とあって、恩師16名、会員208名の参加者で大賑わいだった。同時開催の09年度同期会は高9期(S32年卒)~59期(H19年卒)と末尾9の付く各期。

銀杏並木で再会!
銀杏並木で再会!

出席者のみなさん

珍しや9期の先輩方は24名も顔を見せたが、早々に別会場へ移動したらしい。記念講演森田講師の19期17名は、やや物足りないか。
次の29期、50歳になった彼らは写真に入り切れない程の56名!だが、その後がいけない。39~59期を含め殆どが役員のみの数名。
特筆すべきは16期の42名。同期の藤井新理事長特需だろう。

賑わう受付
賑わう受付

視聴覚教室での総会は理事長挨拶に続き、来賓の現職校長、三田先生が「中学生の豊多摩への応募は1・8倍と人気が出ている。文化、スポーツ推薦校になり、何とか生徒達を元気付けて、進学にスポーツに頑張りたい」と母校の現状報告をされた。

藤井理事長挨拶
藤井理事長挨拶
三田校長報告
三田校長報告
古澤理事会務報告
古澤理事会務報告

19期森田氏の記念講演

19期森田氏の記念講演
19期森田氏の記念講演

恒例の記念講演は19期森田氏「役に立つ不動産・相続税の話」
銀行を飛び出し独立したものの、収入ゼロ。そこで税務が分かる不動産屋を謳い、セミナー講師で食い繋いだと自己紹介しただけに、多少ガラは悪いが黒板を使いながらの話術は堂に入ったもの。

黒板を使って熱弁の森田氏
黒板を使って熱弁の森田氏

時折笑いに包まれる会場では、熱心にメモを取る会員も。
建て売り住宅の買い方、遺言不要論等々。特に時間の関係もあり、詳しく触れられなかった税務署対策は 同氏の著書「取り戻せ相続税」をご高覧あれ。

高6期の窪田さんとピアノで

続いて高6期窪田さんによるピアノと指揮で「皆で歌いましょう」。
昔の「歌集」を思い出し、皆で童謡を歌ったが曲数が多過ぎ、校歌、応援歌は懇親会のお開き時に先送り。
これは逆にした方が良かったとの声も。

高6期の窪田さんとピアノで
高6期の窪田さんとピアノで
会務報告を聞く一同
会務報告を聞く一同

懇親会は大賑わい

懇親会は都立で一番長いと言われた廊下を歩いて、元定時制の食堂(現・生徒ホール)へ。
この会場に200人は限度。国語の坂口先生によるジュースの乾杯、来賓の先生方の挨拶も、熱気と喧騒にかき消されそう。

懇親会は大賑わい
懇親会は大賑わい
200余名の懇親会
200余名の懇親会
再会を祝して
再会を祝して
恩師との歓談
恩師との歓談
坂井先生御挨拶
坂井先生御挨拶
校歌をみんなで
校歌をみんなで

同期会

  • 16期の皆さん
  • 19期の皆さん
  • 29期の皆さん
  • 39期の皆さん

上から1.16期の皆さん,2.19期の皆さん,3.29期の皆さん,4.39期の皆さん

それにしても三田校長、渡辺副校長の両先生には雑用も引き受けて頂き恐縮。
校内ではジュースやお茶だけだった反動か、浜田山近辺の飲み屋では各同期会が開かれていた。

総会の後の同期会

総会の後の同期会
総会の後の同期会

スライドショー


【文・矢島(高11期)/写真・大西(高4期)・末廣(高11期)・嶋林(高36期)・阿部(高58期)】

秋の3大イベント

同窓会報はお手元に届きましたか?
同紙でもお知らせしていますが、恒例の秋の3大イベントの季節になりました。
今年は例年とは曜日、時期が異なるケースがあるのでご注意ください。

同窓会報はお手元に届きましたか?

同紙でもお知らせしていますが、恒例の秋の3大イベントの季節になりました。
今年は例年とは曜日、時期が異なるケースがあるのでご注意ください。

  • 9/12(土)、13(日):母校記念祭10時~15時頃
  • 10/4(日):東京校歌祭13時~
  • 10/18(日):同窓会総会13時~

母校記念祭(文化祭)

今年は連休の関係で、例年より開催が早まる。

かつては講演展示祭などと呼ばれた現役の文化祭。

クラス毎を中心に模擬店あり、お化け屋敷あり、何でもありだが、学業に関係ある出し物はあまり無いようだ。数年前から校歌祭の練習を兼ねて、3階の一番校門寄りの教室・書道室を借り同窓会展示室として、卒業アルバム、昔の会報、OBが上梓した著書、トヨタマの歴史、それに校歌祭の模様などをビデオも含めて紹介している。

近年、入学志望の中学生が父母と見学に訪れるケースも増え、母校のPRになると学校当局にも好評のようだ。今年のテーマはOBの美術展「豊多摩ギャラリー」。プロの芸術家たちからのメッセージを添えて 作品を紹介する。

また12日(土)15時からは、同会場で校歌祭のリハーサル。応援歌も練習する。

校歌祭

伝統高約20校が集い、校歌や応援歌を歌い比べする「東京校歌祭」。
今年は会場の都合で日曜開催。午後1時例年通り日比谷公会堂(JR有楽町、メトロ日比谷、霞が関)
集合。

各校の受付が並び、初めての方もすぐ分かります。軽く練習後、13時50分ごろ大ステージ登壇。校章入り黄色のネッカチーフをお忘れなく。お持ちでない方は会場でも販売します。500円。
指揮とホルン、トランペット、ピアノいずれも吹奏楽部OB会・むしの会の面々が出演予定です。
日比谷公会堂の大ステージで思い切り校歌、応援歌を歌った後はこれまた恒例のニュートーキヨー1階での”反省会”。会費は男性3000円、女性2000円程度。

まだ1度も参加したことの無いあなた、共通の豊多摩のアイデンティティ・校歌ですぐに溶け込めます。お気軽にお出掛けください。

同窓会総会

このところ10月最終日曜に外部のパーティー会場が続きましたが、今年は1週間早めて久し振りに母校で開催。会費ななんと無料、いかに価格破壊の世とはいえ本当にゼロ円・只なんです。但し、当然の事ながら食事無し。ノンアルコール飲料のみ。当節の学校は禁酒禁煙です。昼食は済ませてお集まり下さい。念の為。

恒例の記念講演は校歌祭の張り切り男・19期森田氏「役に立つ不動産・相続税の話」と題し、税務署の木っ端役人との喧嘩の仕方など、へたなセミナー屋なら三万円は取られるおはなしです。
また高6期窪田さんによるピアノ弾き語り「皆で歌いましょう」。校歌と共に応援歌も是非お願いしましょう。

同時開催の09年度同期会は高9期(S32年卒)~59期(H19年卒)末尾9の期。
ともかくこの機会に、年配の方は母校の激変ぶりを。若い諸君は巣立った温もりがさめぬ前に。懐かしい学友をお誘いのうえ、是非ご参加下さい。

なおタンクの愛称でお馴染みの美術科教諭・田中先生の大作「トゥーラにて」(メキシコ)が母校正面玄関(事務室横)に飾られています。

今年も秋の三大イベント

今年も秋の三大イベントが開かれます。皆様ぜひお越しください。
・9/22、23:記念祭
・10/6:東京校歌祭
・10/28:同窓会総会

記念祭(文化祭)
今年も各クラス、クラブ等々が賑やかに、華やかに、中には軽薄に或いは地味に各種出し物を展示する。なぜかお化け屋敷まである。
PTAの「おやじの会」は全国各地のカップ麺と特製の焼印が押された「豊多摩せんべい」を販売するそうだ。
そして今年も同窓会展示室。
C棟三階の書道室だが、総合受付から親切な?案内板あり。
会場には卒業アルバム、昔の写真やビデオ、文集、会報、会員の著書、HPのリンク集、校歌祭パンフなどが並び、今回は親子二代豊多摩生のメセージが特集。
若手OBの「OUTofCLASS」も一コーナー設けると共に記念祭の非公式なウェブサイトを開設運営するとの事。

22日(土)15時からは校歌祭のリハーサル。
パート別の美しい校歌と勇壮な応援歌を、吹奏楽部OB会の有志の諸君と共に練習する。
但しこの日は歌の練習のみ。楽器は校歌祭の当日を含め改めて練習するそうだ。
喉が渇いたところで、5時ごろから井の頭通り「藍屋」で一杯やることにしている。
こちらも是非ご参加を。

校歌祭
あの感動のオオトリから早や1年。
今年は10月6日(土)吹奏楽部OB会のブラスバンドと共にトップで登壇。
校章入り黄色いネッカチーフをお忘れなく。
日比谷公会堂に12時半集合後、練習する。
参加費は同窓会の援助で無料だが、通信費などのカンパ500円をお願いしている。
二階に各校と並んで豊多摩の受付があるので、お1人でもお気軽にどーぞ。
都が後援する第15回の記念大会であり、石原都知事も来賓として出席の予定。

同窓会総会
10月28日(日)13時から例年通り有楽町で。
会費5,000円、学生3,000円。
07年は7期~57期の末尾7の付く期の同期会も。
記念講演は29期の劇作家 宮村優子さん。
詳細は同窓会報を。