評議員会が開かれました

評議員会報告

2013年5月18日(土)浜田山にて今年度第1回評議員会が開かれました。

今回は定款の一部改訂が理事会より提案され、役員に副理事長を新設することを議決しました。
これにともない、理事から11期矢島理事が副理事長に推薦され、評議員会で承認されましたことをご報告いたします。
同窓会の基幹事業の一つとなっている名簿発行については、全体名簿の新規発行は当面実施しないこととなりました。
とは言え、平成19年8月に全体名簿を発行した後に卒業された高60期以降の名簿につきましては、該当会員の意向調査結果を踏まえ、各期ごとに分冊で今年度中に発行する予定です。また、同窓会報はこれまで通り発行し、会員の皆様へ発送しますし、クラス会・同期会・部活OBG会など限定的な名簿提供は行ってまいります。会員相互の親睦をはかるという大きな目的のために会員データベースの維持管理は今まで以上に力を入れていきますので、会員の皆様には今後ともご協力をお願いしたいと思います。
同窓会の25年度予算案についても承認されましたが、寄付金収入の減少傾向により、緊縮財政が続いています。大変恐縮ですが、会員の皆様からのご寄付のご協力を賜りたく、お願い申し上げます。
詳しくは9月に発行される会報をご覧ください。

会員相互の繋がりを大切にしていくために、同窓会の活動へのご理解とご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

寄付について

会員の皆様からは卒業時に終身会費として現在は入会時に5000円を頂戴しています。それ以外の財源としては、ご寄付をいただいています。
ご寄付は会報に同封している郵便振替用紙でお振り込みいただくか、下記の口座に郵便局からお振り込みいただくようお願いいたします。事務局の処理能力の関係で、現在は銀行口座は開設していません。また現金でのご郵送の場合は現金書留をご利用いただくようになります。振替用紙の場合はお手数料は当方負担いたしますが、現金書留の諸手数料はご負担ください。

東京 00140-6-66231
加入者名 東京都立豊多摩高等学校同窓会

※赤い字で印字されている振替用紙をご利用ください。

また、同窓会が開催している秋の三大イベントのうち、記念祭と総会では現金でのご寄付を承っております。
領収書に関しましては郵便振替・現金書留はその控えをもってかえさせていただきます。現金でのご寄付の場合は領収書を発行しています。
ご寄付をいただいた方は原則前年度のご寄付に関して次年度の会報に氏名を掲載いたします。

ご寄付に関しましては、同窓会の名簿維持管理、会報発行、総会開催、記念祭参加、東京校歌祭参加、母校に花や植物を植え環境美化活動する、奨学金などの様々な事業に使わせていただいています。多くの方々のご寄付をお願いいたします。

理事長年頭御挨拶

 豊多摩同窓会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族様共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年の漢字一文字は「金」でした。ロンドンオリンピックでの史上最多のメダル数、京都大学山中伸弥教授のノーベル賞、世界一高い電波塔東京スカイツリーの開業と嬉しいニュースも多々ありました。

 一方政治経済の閉塞感、笹子トンネル事故等どんよりした空気に包まれていましたが12月の新内閣発足と合わせて円高修正、株価回復と今年に向けて明るい兆候が見え始めましたのは何よりと思います。

 昨年の会員参加型の3大行事は

  1. 母校での記念祭に併せての書道教室での同窓会PR活動をしました。(9月)
  2. 日比谷公会堂での校歌祭は20周年記念大会で大いに盛り上がりました(10月)
  3. 母校での総会は複数の同期会同時開催もあり参加者180人大盛況でした(10月)

本年も会員の皆様が諸行事に多数参加され、豊多摩同窓会が更に発展する様、役員一同務めて参りますので宜しくお願い致します。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸、ご健勝を祈念申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

新理事が選出されました

5月12日(土)に浜田山にて平成24年度第1回評議員会が開かれました。
改選期となり新評議員169名でスタートし、新理事・監事が選出されました。
また理事から16期の藤井氏が理事長として選出されました。藤井理事長は2期目となります。

新理事・監事による理事会は6月に開かれる予定です。

またこの評議員会で定款・細則の改正案が提出されていましたが、内容については新理事会で審議やり直しとなりました。

理事長年頭御挨拶

 豊多摩同窓会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族様とご一緒に健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

“理事長年頭御挨拶” の続きを読む

母校入学式282名が入学

母校の入学式が去る4月7日に行われました。
藤井理事長からの報告です。

“母校入学式282名が入学” の続きを読む

62期の同窓会入会式

**第62期が同窓会に入会しました**

2010年3月5日金曜日。豊多摩高校、体育館で入会式を開催しました。翌日に卒業式を控えた第62期の生徒240名余りの入会しました。

入会式

当日は卒業式の予行演習が執り行われており、終わりの15分間で入会式を実施しました。藤井理事長が「豊多摩生とは」というテーマで同窓会の理念を説明、その後、阿部理事が同窓会の活動を具体的に説明しました。合わせて、同窓会の活動を紹介するパンフレットを配付しました。

藤井理事長挨拶

予行演習終了後のホームルームで評議員の選出が行われたようです。

新年を迎えて

新年おめでとうございます。理事長の年頭御挨拶です。

新年を迎えて

新年の挨拶

会員の皆様、明けましておめでとうございます。
昨年は役員改選(3年任期)の年度で新しい執行部(評議委員、理事)がスタートしました。そして前杉澤理事長の後任として高16期の藤井が就任致しました。

昨年の会員参加行事の記念祭(9月)、校歌祭(10月)、総会(10月)はいずれも活況を呈しました。記念祭では天文部OBによる昨年7月の皆既日食写真展示が特筆されました。校歌祭では日比谷公会堂の熱唱の後、有志で数寄屋橋のニュートーキョーで反省会をかねた二次会が非常に盛り上がりました。総会では平成12年以来9年振りの母校での開催もあり、来賓の先生17人、会員208人と大盛況でありました。改めて多数の会員の参加者に感謝申し上げます。

本年も執行部一同、会員の皆様の公僕として同窓会の更なる発展に向けて行動していきたいと思います。

この豊多摩リンクスをご覧になっている方、是非クラス仲間、クラブ仲間にPRして豊多摩マインドの普及をお願いします。

最後に会員の皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げます。

平成22年元旦
理事長 藤井 研一(高16期)