東京校歌祭2015母校校歌を105名が歌いました!

11月3日(火)に杉並公会堂で開かれた東京校歌祭。母校有志も参加して校歌を歌いました。高11期矢島副理事長(豊多摩校歌を歌う会)がレポート。


今回もやりました!参加者三桁達成!11月3日文化の日、会場の杉並公会堂には杖を突かれた大長老から、オヤジに付き合わされた64期の孝行娘まで105名が集結。

東京校歌祭2015
東京校歌祭2015 105名が集結

さすがに昨年の参加校中トップだった120名には及ばなかったが、首位を奪還したと思われる東の横綱二中・立川高と殆んど差はなく、四大学を含めた旧制府立中学伝統校の面々に豊多摩ここにあり!を強くアッピールした。客席からは「豊多摩は毎年やるねぇ」の声が聞こえたという。

校歌祭の立ち上げから運営に尽力された高3期からは、歌う会会長で医務部も引き受けられた羽山氏はじめ4名が舞台へ。亡くなられた山崎、伊藤両氏の令嬢も参加されたが、故伊藤氏の幼いお孫さんもデビュー。文字通り校歌祭の三世代となった。

東京校歌祭2015
東京校歌祭2015 校歌、応援歌を披露

堂々の歌唱力で校歌、応援歌を披露して降壇、数校の歌も聴いてから懇親会へ。昨年の居酒屋は我々が飲み過ぎたせいでは無かろうが潰れてしまったので、新規開拓した同様の店へ。貸切状態で、延々3時間にわたり世代を超えた交流が続く。藤井理事長以下同窓会役員も顔を見せたが、古澤事務局長は「総会と全く別の人が来ている」とポツリ。双方のメンバーを合わせれば飛躍的に増えるのだが。

東京校歌祭2015
東京校歌祭2015 大発声の後の懇親会

写真を見ても実に愉快だった雰囲気を感じ取って頂けよう。やはり校内で立食、ノンアルコールビールと、座敷で本物の酒各種、しかも格安料金で飲み放題との違いか。もっとも僕は閉会宣言を引き受けたので、乾杯もそこそこに杉並公会堂へ一旦戻った。オオトリ九段高ブラスバンドによる「仰げば尊し」に感激。ビールの勢いかアドリブで「皆さん本当にいい歌ですね!卒業式で歌わぬ学校が増えているのは残念ですが、来年は10月23日是非ここへ歌いに来てください!」と結んだ。

それにしても指揮の脇本氏はじめ、最長老で校歌祭プログラムに自身の税務会計事務所の広告を毎回協力してくれるフルート森田氏。二次会のお開きでも必ず校歌演奏を引き受けてくれるトランペット神村氏。連続出場しているファゴット中田さんと富田氏。それにホルンの泉谷氏。そしてド迫力の歌唱指導とピアノ宮内さん。毎回吹奏楽部OB会・むしの会有志の演奏が豊多摩の評価を一段と高めてくれている。ありがとう!

文:11期矢島 写真:4期桑野、11期末廣

東京校歌祭、今年は地元で大盛況!

14校歌祭 (14)-TA

秋の三大イベントの最後は「東京校歌祭」。初めて杉並公会堂で開催されました。矢島校歌祭担当副理事長がレポート。
* * * * *

いやぁー遂にやりました。念願の3桁達成!
11月1日杉並公会堂で開催された第22回東京校歌祭、120余名が参加したのだ。
じつはオオトリを務めた14回では吹奏楽部現役のサポート部隊を含め140名が結集したが、今回は初の地元でもあり各方面に呼び掛けた。
会場には母校現職の奈良校長、飛田副校長の両先生はじめ、二中・立川高OBで常連の櫛部先生、PTAOB会、同おやじの会のお二人、同窓会藤井理事長、「豊多摩校歌を歌う会」羽山新会長。
そして逝去された山崎前会長は生前「地元なんだから一人でも多くの学友を集め、豊多摩ここにありをアッピールしよう」と語られていたが、合唱部OBで同氏の長女が持参した遺影を同期の親友羽山氏が掲げて登壇した。

14校歌祭 (01)-Tさて初めての会場、日比谷公園の木陰での練習が懐かしいが、ここでは数少ないエレベーターをフル活用して上下移動、不慣れもあり混乱も。
地下のリハーサル室も各校分単位で使用のあわただしさ。

14校歌祭 (08)-TA

14校歌祭 (19)-T2写真撮影を終え、いよいよ本番。二本の大のぼりと黄色い校章入りスカーフ、先生方も加わった堂々120名の大部隊。指揮者27期脇本氏はじめフルート、トランペット、ホルン、ファゴットそれにピアノと今回も吹奏楽部OB・むしの会有志の皆さんに大変お世話になった。
美しい校歌を荘厳な四部合唱で、勇壮な応援歌は元気いっぱいの斉唱で会場を圧倒した。
客席から見守った学友によれば、我が豊多摩は毎年最多出場数を誇る立川高とほぼ互角か、それを上回ったかもという。

他校や四大学の歌声を聴いてから主力は駅前に移動。時間帯からも大型居酒屋をほぼ貸切状態で懇親会スタートした。
仰げば尊しの大合唱と閉会式を終え、医務部の羽山氏と駆けつけると若手も一緒に大盛り上がりの真っ最中。
19期森田氏が事実上のプロデューサーを引き受けた映画・エリート裁判官が婚約者を裁く「ゼウスの法廷」のチラシを配り、都内で公開するからと大PR。
また家が近いからと初参加の高4期氏からは東日本復興に多額の義援金を頂いた。
同氏を含め、校歌は忘れたからと客席参加の方も見受けられたが、くちパクでもなんとかなるもの。
次回も杉並公会堂11月3日予定、是非ご一緒に!

文:11期矢島 写真:高4期桑野、11期末廣

【懇親会の様子はこちらの写真をクリックしてください】

【第一報】東京校歌祭、杉並公会堂で大盛況!

11月1日 初めて杉並公会堂で開催された東京校歌祭。
あいにくの雨のなか奈良校長、飛田副校長両先生はじめ、わが豊多摩は120名が結集、参加校のなかでもトップクラスの
大盛況だった。

写真とレポートは後日掲載します。

秋の三大イベントへご参加を!

■記念祭参加イベント 2014年9月13日(土)14日(日)(※大盛況で終了しました)
母校記念祭の一環として、すっかり定着した同窓会展示室。今年は終了したが、校歌祭の練習を兼ねて集まる同窓生ばかりでなく、現役やPTAそれに学校見学に訪れた中学生にも好評だった。
おなじみの卒業アルバムや会員の著書展示に加え、先輩からのメッセージはマスコミ人から。
特別企画と銘打って、同期会を開いた21期有志による45年前の写真展。
引き伸ばしたモノクロ写真は、校舎や服装など世代を超えて懐かしさいっぱい。

■同窓会総会 2014年10月26日(日)
今月最終日曜26日は13時~16時母校で「同窓会総会」会費1000円。
記念講演は18期のテレビ朝日福田専務による「テレビのおさらい~ここだけの話?~」
スマホとの関連やオフレコの裏話が聞けるかも。

同時開催の同期会は4,5,17,24,34の各期。
40歳記念の44期にも開催を呼び掛けている。
さらに放送部OBG会。このところ現役の諸君は各コンクールで優秀な成績を残しているが、OBG会の方は世代ごとにばらばら。残念ながら一貫した組織は無かった。
この機会に老いも若きも集まってみよう。

■東京校歌祭 2014年11月1日(土)
秋の3大イベントおおとりは「第22回東京校歌祭」11月1日(土)12時半集合。
長年慣れ親しんだ日比谷から、初めての杉並公会堂に移り、
手狭なため受付は1名のみ、練習は地下のリハーサル室で行うなど戸惑う点もあるものの、音響設備などは格段に新しくなった。

参加校のなかでも会場に一番近い「豊多摩」としては100名参加を目指している。
美しい校歌と勇壮な応援歌をご一緒に!忘れてしまった方も大丈夫。歌詞カードを見ながら
隣の人に合わせれば、それなりにサマになるもの。
全く同じ校歌を歌った定時制の方も大歓迎。
会場の都合で会費無料だが、黄色いスカーフをお忘れなく。
13時半過ぎに登壇、15時過ぎからは近くの居酒屋で“反省会”こちらも是非ご参加を。

11期 矢島 照久

日比谷公会堂最後の校歌祭

10月5日(土)、日比谷公会堂にて第21回東京校歌祭が開かれ、同窓会有志75名が参加しました。
レポートはおなじみ11期矢島さんです。

kouka201301

思い出がいっぱい詰まった日比谷公会堂に別れを告げる涙雨か、これまで天候にほぼ恵まれ続けてきた校歌祭、21回目にして小雨模様となり、恒例の木陰での練習や集合写真も止むなく3階ロビーで。

kouka201317それでも常連の櫛部、相場両先生、同窓会藤井理事長、豊多摩の校歌を歌う会山崎会長、音楽を担当している新宿高校がメインながら、いつの日か母校で教鞭を執って欲しい小峰氏、今年も姫路から駆けつけた重森氏など、雨ながら予想を上回る75人が集まった。


kouka201302最後の大舞台には指揮者の脇本氏はじめ、クラリネット、トランペット、ホルン、ファゴットそしてピアノと今年も吹奏楽部OB・むしの会有志の面々が大いに盛り上げてくれた。
美しい校歌をそれも珍しい四部合唱で、そして半世紀前に高10期石田氏が創った応援歌 ―長らく埋もれていたが数年前この校歌祭で復活、今では現役野球部の諸君が毎回練習後に整列して歌っている― を堂々と歌い納めた。
昨年に引き続き特別参加の四大学が校歌などを披露。
早稲田、慶応には黄色いネッカチーフを巻いた同窓生の姿もちらほらいたが、東大、一橋には見掛けなかったようだ。
今回は会場での全員合唱は3曲。まずはNHKでしか流れていないが東北復興支援ソング「花は咲く」。次に我が校の提案で恒例となっている「故郷」。

そして毎年医務部を担当している守矢氏に加え、今年僕は会場係をやらされたので、閉会式での「仰げば尊し」を熱唱してから、連中がどんちゃん騒ぎ?の懇親会場ニュートーキョーに駆け付けた。
それにしてもこの素晴らしい歌”・・・今こそ別れめ いざさらば”を何故母校の卒業式で歌わないのかねぇ。
アナクロだろうが何だろうが、いいものはいい。先生方も照れずに採用すべきでは。

kouka201316ところで参加人数。常に100名以上、時には200名近い立川高校を常勝一人横綱とすれば、豊多摩は東の関脇か張出し大関と自負していたが、今年の三商・第三商業高校には驚いた。
ピアノ伴奏すらなくお粗末な?テープが流れただけだが、その陣容たるや四人の応援部員を前面に、老いも若きも舞台狭しと150名は優に超えただろう。横綱遂に敗れたり・・・か


最後に会場問題だが、日比谷公会堂は巨大地震が起きれば倒壊の恐れありとの調査報告に仰天し、早々と会場変更を決めてしまった。そんな時は他のホールばかりか都内全域も甚大な被害を受け、とても校歌祭を開ける状態ではないはずだ。
舞台で歌っている最中に天井が落ちて来る確率よりも、ビクともせずに帰宅困難者の受け入れ施設になる可能性がはるかに高いだろうに。
現に日比谷公会堂は1年後の予約も受け付けており20年間の実績で10月第1土曜が可能なのだが、慎重な人が多く最後の日比谷が決まってしまった。
こんなわけで来年は11月1日(土)荻窪の杉並公会堂 で開催となった。
参加校の中では一番近い おなじみの 会場だが、問題 はその次。場所も日取りもまったく未定で、聞き慣れない公的ホールの厳しい抽選結果に一喜一憂するのである。

kouka201318

ともあれ 平成26年11/1 杉並公会堂 よろしく!

文:11期矢島、写真:同末廣

校歌祭後の懇親会の様子はこちらをご覧ください。写真をクリックすると拡大されます。

東京校歌祭・同窓会総会のお知らせ

東京校歌祭 10月5日(土)  日比谷公会堂13時集合です。
これまでオオカミ少年のごとく”最後の日比谷”と言ってきましたが、とうとう本当に最後の日比谷になってしまいました。理由は耐震強度の問題。
しかし、だいぶくたびれている日比谷が崩れるような大地震が起きれば、他のホールばかりか都内全域も甚大な被害を受け、とても校歌祭が開催できる状態ではありません。
つまり日比谷公会堂は営業を続けているので、せめてもう1年は続行をと思いましたが、慎重な人が多く最後の日比谷が決まってしまいました。
20年間の思い出の大ステージ、先輩が副社長だったニュートーキョーでの懇親会、いずれも今回が最後です!

第21回を迎える今大会は、旧制府立中学の都立伝統校に加え、東大、一橋、早稲田、慶応の4大学が特別参加し、20校が長く歌い継がれた伝統の校歌を競い合います。母校の金田一京助作詞、山田耕筰作曲の美しい四部合唱の校歌と、五十年余り前に現役の生徒だった10期石田幸久氏作詞作曲の勇壮な応援歌「豊多摩の健児われら」を元気一杯に歌いましょう。
我が豊多摩は日比谷公会堂に13 時集合後、最終練習をします。
吹奏楽部OB会・むしの会の有志と共に、二本の大幟、校章入り黄色いネッカチーフを巻いて14時過ぎに登壇。
参加費は同窓会の援助で無料ですが、通信費などのカンパ500円をお願いしています。 二階に各校と並んで豊多摩の受付があるので、お1人でもお気軽にどーぞ。
定時制の卒業生も大歓迎します。
終了後有楽町ニュートーキョーへ移動して懇親会。会費3000円程度で大盛り上がり、最後は他のお客さんに迷惑の掛らぬよう、校歌の低唱でお開き。とにかく楽しいんです。

同窓会総会 10月27日(日)13時より 
母校(特別に裏門も開放予定です)会費1000円。
来賓挨拶、会務報告、記念講演に続いて懇親会。ノンアルコールビールで乾杯後、
ソフトドリンクを片手に恩師や懐かしい旧友と歓談へ。スナック菓子も豊富です。
2013年は同期会として卒業50年の高16期、30年の高36期、そのほか高4・5・14期も開催予定です。 記念講演は47期むしの会団長でトロンボーン奏者の森田氏。
演奏を交え、これまでとはひと味違ったユニークな講演になりそうです。
詳細は同窓会報を。久し振りの母校見学も兼ねて、是非ご参加ください。

母校記念祭2日目中止のお知らせ

台風18号の影響による強い雨のため、母校記念祭2日目(9月15日(日))は中止となりました。
来校を予定されていた皆様には大変申し訳ありません。

なお1日目は雨も降らずに無事に開催されました。
同窓会の展示には昨年より多い160名余の方々が来室され、卒業アルバムをご覧いただいたり、展示物を熱心に読んでくださいました。
心より感謝申し上げます。

また10月5日(土)に開催される東京校歌祭(日比谷公会堂13時~)の校歌練習も行われました。

詳しいレポートは後日掲載します。
記念祭1日目の様子は母校公式サイトにも写真が掲載されています。こちらをご覧ください。

母校公式サイトの記念祭写真