2015年の年頭ご挨拶 - 理事長

newyear2015

 豊多摩同窓会会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年を振り返りますと自然災害の多い年で、8月の広島市での土石流災害、9月の基礎御嶽山の噴火災害とうで多くの犠牲者が出ました。

 一方明るいニュースでは2月のソチオリンピックでは羽生選手のフィギュアスケートでの金メダル、レジェンド葛西選手のジャンプ競技での2個のメダル。
 文化面では富岡獅子工場が6月に世界遺産の指定を受け、11月には和紙造りも無形文化遺産に指定されました。
 なんといっても青色LEDの発明と実用化で3人の日本人(赤崎教授、天野教授、中村教授)がノーベル物理学賞の発表が10月にあった瞬間は天に上った気分でしたね。

 昨年の会員参加型の3大イベントは

1.母校での記念祭では21期生の写真展、卒業生の著作物の展示、各期毎のアルバムの展示等を行い2日間で会員、現役生徒、豊多摩受験候補の中学生で320人が見学に訪れました。9月

2.東京校歌祭は一昨年までの日比谷公会堂から会場を杉並公会堂に移行し、地元開催という事で従来に無い120人の参加を得て他校を圧倒し、四部合唱で更に他校に差をつけた感がありました。11月

3.同窓会総会は奈良校長先生はじめ多数の来賓の先生をお迎えし、又高18期テレビ朝日専務の福田氏に「テレビのおさらい、ここだけの話」で講演頂きました。
 参加者は220人と会場ぎっしりの満杯状態。同時開催の4,5期会、卒業50周年の17期会、還暦の24期会、50歳の34期会等の同期会同時開催が功を奏した結果と思われます。10月

 未だ参加経験のない会員の方々、是非友人お誘いの上3大イベントにご参加されんことを期待しております。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝をご祈念申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

使用写真:[PHOTO STOCKER]高解像度のフリー写真

理事長より年頭ご挨拶です

newyear2014

 豊多摩同窓会会員の皆様明けましておめでとうございます。
本年もご家族共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年は富士山が世界遺産に、和食が無形文化遺産に、2020年のオリンピックが東京開催にと嬉しいニュースが続きました。田中投手の24連勝も長嶋監督・松井選手の国民栄誉賞も付け加えばと思います。

 経済もアベノミクス効果とやらで円安、株高、雇用回復、ベースアップ期待と失われた20年から脱却が見えてきました。本年は消費税の増税があるも更なる景気回復が期待されます。

 昨年の会員参加型の3大行事は

  1. 母校での記念祭は台風の影響で1日のみの開催となりましたが約160人に同窓会のPRが出来ました。(9月)
  2. 校歌祭では約70人の同窓生が日比谷公会堂のステージで校歌、応援歌を歌いあげました。(10月)
  3. 総会は今年も母校での開催となりました。高16期の卒業50周年記念同期会の同時開催もあり参加者は215人と驚異的数字となりました。(10月)

今年はまだ参加されていない会員方々がこの3大イベントに参加されん事を期待いたします。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝をご祈念申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

写真:無料壁紙フリー写真素材集/癒やしの風景写真 http://www.yokaphoto.net/

理事長年頭御挨拶

 豊多摩同窓会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族様共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年の漢字一文字は「金」でした。ロンドンオリンピックでの史上最多のメダル数、京都大学山中伸弥教授のノーベル賞、世界一高い電波塔東京スカイツリーの開業と嬉しいニュースも多々ありました。

 一方政治経済の閉塞感、笹子トンネル事故等どんよりした空気に包まれていましたが12月の新内閣発足と合わせて円高修正、株価回復と今年に向けて明るい兆候が見え始めましたのは何よりと思います。

 昨年の会員参加型の3大行事は

  1. 母校での記念祭に併せての書道教室での同窓会PR活動をしました。(9月)
  2. 日比谷公会堂での校歌祭は20周年記念大会で大いに盛り上がりました(10月)
  3. 母校での総会は複数の同期会同時開催もあり参加者180人大盛況でした(10月)

本年も会員の皆様が諸行事に多数参加され、豊多摩同窓会が更に発展する様、役員一同務めて参りますので宜しくお願い致します。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸、ご健勝を祈念申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

理事長年頭御挨拶

 豊多摩同窓会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族様とご一緒に健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

“理事長年頭御挨拶” の続きを読む

理事長年頭御挨拶

newyear2011

皆さんあけましておめでとうございます。
本年もご家族共々健やかに新年をお迎えになられた事とお慶び申し上げます。

昨年の日本を振り返りますと政治、外交、経済は閉塞感が漂っていますが、探査衛星はやぶさの活躍、ノーベル化学賞を根岸、鈴木両教授が受賞、岡田ジャパンのワールドカップでの活躍等と明るい話題も数多くありました。

我が同窓会を振り返ると9月に記念祭展示(来室者約300人)、10月には校歌祭(参加者74人)、同月同窓会総会(参加者79人)と例年の行事も無事にこなしてきました。特別行事としては母校70周年の記念行事がPTA、同窓会も協力し11月17日に開催されました。

本年は昨年実施したアンケートも参考にしながら名簿発行の問題、同窓会会計の逼迫状態に対する施策、若年層の参加率の向上、評議員のあり方等諸問題をひとつひとつ解決して行きたいと思います。

皆様にも積極的に諸行事にさ参加され、又貴重な意見を寄せられることを期待しております。
そして共に同窓会発展に寄与していこうではありませんか。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

新年を迎えて

新年おめでとうございます。理事長の年頭御挨拶です。

新年を迎えて

新年の挨拶

会員の皆様、明けましておめでとうございます。
昨年は役員改選(3年任期)の年度で新しい執行部(評議委員、理事)がスタートしました。そして前杉澤理事長の後任として高16期の藤井が就任致しました。

昨年の会員参加行事の記念祭(9月)、校歌祭(10月)、総会(10月)はいずれも活況を呈しました。記念祭では天文部OBによる昨年7月の皆既日食写真展示が特筆されました。校歌祭では日比谷公会堂の熱唱の後、有志で数寄屋橋のニュートーキョーで反省会をかねた二次会が非常に盛り上がりました。総会では平成12年以来9年振りの母校での開催もあり、来賓の先生17人、会員208人と大盛況でありました。改めて多数の会員の参加者に感謝申し上げます。

本年も執行部一同、会員の皆様の公僕として同窓会の更なる発展に向けて行動していきたいと思います。

この豊多摩リンクスをご覧になっている方、是非クラス仲間、クラブ仲間にPRして豊多摩マインドの普及をお願いします。

最後に会員の皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げます。

平成22年元旦
理事長 藤井 研一(高16期)

新年のご挨拶

## 新年を迎えて

会員の皆さん、あけまして、おめでとうございます。昨年は、会報63号の発刊をはじめとして、母校の記念祭や「校歌祭」への参加、有楽町での総会などを企画実行したほか、校庭に花を植える活動、「都立高校同窓会の輪」へも参加しました。また、第一回の運営委員会の開催など同窓会活動の一層の充実発展を図って来ました。

ことしは、同窓会創立60周年の節目の年に当たります。また、役員の改選期でもあります。新しいメンバーによる同窓会の、さらなる発展が期待されるところです。皆さんからの物心両面にわたる応援を、お願いいたします。

会員の皆さんの本年のご多幸を、お祈りいたします。

理事長:杉澤弘道