2020年 理事長年頭のご挨拶

同窓会会員の皆様へ

 明けましておめでとうございます。
 本年もご家族の皆様と健やかに新年をお迎えなられたこととお喜び申し上げます。
  昨年は5月1日に平成から令和の御代に代わり10月に即位の礼、11月に祝賀御列と祝賀行事が続きました。令和の御代も平成の御代と同様に平和で穏やかな御代でありますよう祈念申し上げます。

 9月に台風15号、10月に19号と東日本に大きな台風災害をもたらしましたが皆様の家族、関係者で被災に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
  一方でラグビーW杯で日本代表はONE TEAMで予選A組で全勝で初のベスト8入りを果たす吉報を日本中に もたらしました。又渋野日向子選手が全英女子オープンでメジャー2里目の優勝を果たす吉報をもありました。さらに今年もまたノーベル賞受賞者が、化学賞の吉野彰さんです。それにしても渋野選手、吉野フェローの笑顔は素晴らしいですね。

 同窓会の3大イヴェントについて報告いたします。

 記念祭 9月7日、8日
例年通り卒業アルバム、会員の著作物のほか「50年前にトヨタマで考えたこと」、美術部OB豊美会の出展があり、2日間の累計入場者数は340人に達しました。

 総会 10月21日
会務報告後、高33期松村美香さんの「老後マネー戦略家族!」のテーマで講演を頂き、今流行りの話題にマッチしたお話で大好評でした。参加者は来賓等含めやく150人の参加者を得ました。

 校歌祭 10月27日
開催場所は昨年に引き続き杉並公会堂。参加19校中最多の90人の参加者がありました。終了後荻窪駅南口の居酒屋で懇親会を開催。お互いの元気な姿を確認しあいました。

その他特筆する事
母校野球部の活躍ぶりを報告いたします。1回戦はシード、2回戦は専修大付属に4対3、3回戦は東京都市大付属に5対2、4回戦は松が谷高に3対1、練馬高に5対4と勝ち進みベスト8に。準々決勝は明治神宮球場。善戦するも創価校に敗れましたが、西東京大会でのベスト8は豊多摩が唯一の都立高でした。
同窓会では文芸部も全国大会に出場したことを称え、野球部の活躍と共に同窓会初の「会報号外」を2000部発行し、記念祭で配布しました。

 本年は母校が昭和15年創立以来80年の節目の年になります。10月には80周年記念祝賀会を中野サンプラザで開催します。

 我々役員一同は本年も同窓会発展に寄与していく所存です。皆様に置かれましても更なるご協力を宜しくお願い申し上げます。
 最後に会員皆様の今年一年のご健康、ご多幸、ご活躍を祈念申し上げます。

豊多摩同窓会理事長 藤井研一

2019年 理事長年頭のご挨拶

豊多摩同窓会の皆様へ 

明けましておめでとうございます。
本年もご家族の皆様と健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

昨年を振り返りますと恒例の清水寺貫主の今年の漢字「災」に尽きると思います。
水害、台風、猛暑、地震と自然災害に例年になく数多く見舞われました。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。今年は災い転じて福と成すと只々願うばかりです。

それでもスポーツ、文化面では沢山の明るい話題が有りました。

平昌オリンピックでは羽生選手を代表にメダル13個を獲得する大活躍
テニス界では大坂なおみ選手が全米オープンで優勝
大谷翔平選手が投打の活躍でメジャー新人王に
本庶佑京都大学特別教授のノーベル生理学・医学賞の受賞

同総会3大イベントについて報告いたします。

1、記念祭 9/8,9
例年通り会員の著作物、各期アルバムの展示 参加者200名 特集は水泳部「豊泳会」の活躍の歴史の展示」
2、総会  10/21
初の女性校長吉田様より豊多摩の素晴らしさの挨拶を頂き、記念講演は19期の秋田裕氏による「暮らしを支える福祉用具の世界」でした 参加者150名
3、校歌祭 11/3
開催場所が杉並公会堂に戻り20校が参加 豊多摩有志の参加者110名 一番の参加人数で歌う校歌、応援歌は抜群の迫力で、終了後の懇親会も70名の参加が有りました。

同窓会活動で特筆することは数年に及ぶ学校側との協議で漸く終身会費の改定(5千円から8千円)が平成30年度会計から認められました。平成3年から実に27年ぶりの事でした。
しかしながら同窓会会計は郵便料金の大幅な改定、会報のカラー化の計画や学校、生徒への支援活動を強化していく計画もあります。引き続き皆様からのご寄付をお願い申し上げます。

我々役員一同は本年も母校と同窓会の発展に寄与していく所存です。ここに皆様のご協力も宜しくお願い申し上げます。

最後に会員皆様の今年一年のご健康、ご多幸、ご活躍を祈念申し上げます。

豊多摩同窓会 理事長 藤井 研一

2015年の年頭ご挨拶 - 理事長

newyear2015

 豊多摩同窓会会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年を振り返りますと自然災害の多い年で、8月の広島市での土石流災害、9月の基礎御嶽山の噴火災害とうで多くの犠牲者が出ました。

 一方明るいニュースでは2月のソチオリンピックでは羽生選手のフィギュアスケートでの金メダル、レジェンド葛西選手のジャンプ競技での2個のメダル。
 文化面では富岡獅子工場が6月に世界遺産の指定を受け、11月には和紙造りも無形文化遺産に指定されました。
 なんといっても青色LEDの発明と実用化で3人の日本人(赤崎教授、天野教授、中村教授)がノーベル物理学賞の発表が10月にあった瞬間は天に上った気分でしたね。

 昨年の会員参加型の3大イベントは

1.母校での記念祭では21期生の写真展、卒業生の著作物の展示、各期毎のアルバムの展示等を行い2日間で会員、現役生徒、豊多摩受験候補の中学生で320人が見学に訪れました。9月

2.東京校歌祭は一昨年までの日比谷公会堂から会場を杉並公会堂に移行し、地元開催という事で従来に無い120人の参加を得て他校を圧倒し、四部合唱で更に他校に差をつけた感がありました。11月

3.同窓会総会は奈良校長先生はじめ多数の来賓の先生をお迎えし、又高18期テレビ朝日専務の福田氏に「テレビのおさらい、ここだけの話」で講演頂きました。
 参加者は220人と会場ぎっしりの満杯状態。同時開催の4,5期会、卒業50周年の17期会、還暦の24期会、50歳の34期会等の同期会同時開催が功を奏した結果と思われます。10月

 未だ参加経験のない会員の方々、是非友人お誘いの上3大イベントにご参加されんことを期待しております。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝をご祈念申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

使用写真:[PHOTO STOCKER]高解像度のフリー写真

理事長より年頭ご挨拶です

newyear2014

 豊多摩同窓会会員の皆様明けましておめでとうございます。
本年もご家族共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年は富士山が世界遺産に、和食が無形文化遺産に、2020年のオリンピックが東京開催にと嬉しいニュースが続きました。田中投手の24連勝も長嶋監督・松井選手の国民栄誉賞も付け加えばと思います。

 経済もアベノミクス効果とやらで円安、株高、雇用回復、ベースアップ期待と失われた20年から脱却が見えてきました。本年は消費税の増税があるも更なる景気回復が期待されます。

 昨年の会員参加型の3大行事は

  1. 母校での記念祭は台風の影響で1日のみの開催となりましたが約160人に同窓会のPRが出来ました。(9月)
  2. 校歌祭では約70人の同窓生が日比谷公会堂のステージで校歌、応援歌を歌いあげました。(10月)
  3. 総会は今年も母校での開催となりました。高16期の卒業50周年記念同期会の同時開催もあり参加者は215人と驚異的数字となりました。(10月)

今年はまだ参加されていない会員方々がこの3大イベントに参加されん事を期待いたします。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝をご祈念申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

写真:無料壁紙フリー写真素材集/癒やしの風景写真 http://www.yokaphoto.net/

理事長年頭御挨拶

 豊多摩同窓会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族様共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年の漢字一文字は「金」でした。ロンドンオリンピックでの史上最多のメダル数、京都大学山中伸弥教授のノーベル賞、世界一高い電波塔東京スカイツリーの開業と嬉しいニュースも多々ありました。

 一方政治経済の閉塞感、笹子トンネル事故等どんよりした空気に包まれていましたが12月の新内閣発足と合わせて円高修正、株価回復と今年に向けて明るい兆候が見え始めましたのは何よりと思います。

 昨年の会員参加型の3大行事は

  1. 母校での記念祭に併せての書道教室での同窓会PR活動をしました。(9月)
  2. 日比谷公会堂での校歌祭は20周年記念大会で大いに盛り上がりました(10月)
  3. 母校での総会は複数の同期会同時開催もあり参加者180人大盛況でした(10月)

本年も会員の皆様が諸行事に多数参加され、豊多摩同窓会が更に発展する様、役員一同務めて参りますので宜しくお願い致します。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸、ご健勝を祈念申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

理事長年頭御挨拶

 豊多摩同窓会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族様とご一緒に健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

“理事長年頭御挨拶” の続きを読む

理事長年頭御挨拶

newyear2011

皆さんあけましておめでとうございます。
本年もご家族共々健やかに新年をお迎えになられた事とお慶び申し上げます。

昨年の日本を振り返りますと政治、外交、経済は閉塞感が漂っていますが、探査衛星はやぶさの活躍、ノーベル化学賞を根岸、鈴木両教授が受賞、岡田ジャパンのワールドカップでの活躍等と明るい話題も数多くありました。

我が同窓会を振り返ると9月に記念祭展示(来室者約300人)、10月には校歌祭(参加者74人)、同月同窓会総会(参加者79人)と例年の行事も無事にこなしてきました。特別行事としては母校70周年の記念行事がPTA、同窓会も協力し11月17日に開催されました。

本年は昨年実施したアンケートも参考にしながら名簿発行の問題、同窓会会計の逼迫状態に対する施策、若年層の参加率の向上、評議員のあり方等諸問題をひとつひとつ解決して行きたいと思います。

皆様にも積極的に諸行事にさ参加され、又貴重な意見を寄せられることを期待しております。
そして共に同窓会発展に寄与していこうではありませんか。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)