新年度ー同窓会からのお知らせ

新年度が始まりました。母校の大西校長先生は定年退職され、新たに吉田校長先生が着任されました。

3月17日土曜日母校にて評議員会が開催され、平成29(2017)年度の事業報告・および中間決算が承認されました。また、平成30(2018)年度事業計画案および予算案に
ついても審議され、議決されました。
この中で、来年度事業計画案および予算案では、高10期台の頃より金額が変わっていなかった「終身会費」について、学校・PTAのご理解をいただいた上で、高71期卒業時から
3000円の値上げが決まりました。終身会費の収入だけでは年間会計は半分ほどしか賄えず、残りは会員の皆様からのご寄付によるものです。日頃の皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

また、昨年度は、進学奨励のため返済不要の奨学制度を新設しました。制度がスタートした昨年度は3名に支給する方針を決定、会報にも掲載しました。しかし奨学委員会で慎重に審査した結果、家庭の経済状況と学業成績との総合判定で3番目の枠に2世帯が甲乙つけ難い状況で並び「1名分増やし計4世帯に支給せざるを得ない」という結論になりました。その後理事会、評議員会に説明し承認を経て変更を正式に決定しました。
奨学制度の原資として「奨学募金」を昨年9月に発行した会報紙上にてお願いいたしました結果、目標の300万円を大きく超えたことをご報告します。これにより、今年度の奨学制度では4名に奨学金を支給できる見通しです。次回の募金は5年後ですが、一般のご寄付共々引き続き、ご検討いただけましたら大変ありがたく存じます。