2018年の年頭ご挨拶 - 理事長

豊多摩同窓会会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族の皆様と健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

*昨年を振り返りますと政治、経済の面では色々な事がありましたが スポーツ、社会文化面では明るい嬉しいニュースが多かった気がします。

藤井聡太四段(14歳)が加藤一二三九段とのデビュー戦以来の29連勝の新記録。
稀勢の里が三代目若乃花以来の19年ぶりの日本人横綱。
早稲田実業高校の清宮選手の通算111本の本塁打新記録。
陸上100メートルでは桐生祥秀選手が日本人初の9秒台の9.98の日本新記録。
上野動物園のパンダが誕生し、シャンシャン見物で予約殺到。

 
*昨年の同窓会3大イベントを報告いたします。
1、記念祭(9/9,10)
会員の著作物紹介、各期のアルバム展示の他創部20周年を迎えた吹奏楽部OB会「むしの会」の展示と演奏が行われ約300人の会員、現役生、中学生、保護者の来場がありました。
2、総会(10/22)
台風の影響か強風と大雨にも拘らず高20期、27期、37期の同期会同時開催もあり160余姪の参加を得られました。後援は鉄道史家山田敏明氏(20期)の「鉄道遺産が語る」でした。
3、校歌祭(10/1)
荒川区のサンパール荒川で開催されました。初めての会場で杉並区からは遠かったこともあり、参加者が少ないかと心配しましたが、予想を超える77名の参加者がありました。「校歌を歌う」の魅力の力強さに驚かされました。今年は杉並公会堂で開催します。

*奨学制度と終身会費について述べたいと思います。

奨学制度・・数年前より検討されれきました奨学制度が貸与型奨学金から新しく給付型奨学金を導入しました。3年生を対象に進学準備費用の補助として一人15万円を給付。かねてより寄付預り金の60万円から出費致しました。
今年度以降の財源を調達するため奨学募金活動を始めました。9月上旬上旬の会報にて募金のお願いをしました処、11月末時点で300万円を超える浄財をお寄せ頂きました。これも一重に会員皆様の母校愛の賜物と感謝申し上げます。

終身会費・・終身会費はここ数十年5千円と固定されてきました。途中何度か学校側に会費値上げを提案させて頂きましたが日の目を見ることが出来ませんでした。その為一般寄付を皆様にお願いして同窓会の運営をしてまいりましたが、ここ数十年間の数回の郵便料金値上げ等諸般の値上げで運営が厳しく再度学校側に申し入れを行いました処、4月からの新3年生より8千円に値上げを受け入れて頂く目途が立ちました。それでもなお同窓会運営費の過半は皆様からの寄付で成り立っておりますので、どうぞこれからも奨学募金と一般寄付にご理解を賜りたくお願い申し上げます。我々役員一同も母校と同窓会の発展に寄与して行きたいと存じます。

最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝を祈念申し上げます。

豊多摩同窓会 理事長 藤井 研一

同窓会総会160名余参加

昨日は台風接近に伴う大雨の中、会員・来賓を合わせて160余名の方々が参加して同窓会総会が開かれました。お集まりくださった皆様には心より感謝申し上げます。また、大雨でやむを得ず断念された皆様、次回は晴天を祈り、総会にお越しいただければ幸甚に存じます。

講演会や懇親会の様子などは後日掲載します。お楽しみに。(総会委員会)

総会記念講演のお知らせ

10月22日(日)13時から母校にて同窓会総会が開かれます。
今回の記念講演は高20期山田さんの「鉄道遺産が物語るもの ~東京西部の鉄道と地域のあゆみ~」です。
たくさんの資料画像と楽しいお話にご期待ください。

総会後の懇親会では高4・5・20・27・37期などの同期会を開催します。そして美術部の皆さんにお声をかけています。

会報では予約をお願いしていますが、当日予約なしでの参加は大歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしています。

会費1,000円 高65~69期は無料


先着150名様には、今年採れたての母校銀杏並木のぎんなんをプレゼントします。

秋の三大イベント2017ー記念祭開催です

秋の三大イベントのお知らせ

その1 母校記念祭

豊多摩受験志望の中学生を含め大勢の来校者があるこの記念祭、今年もC棟3階書道室で「同窓会展示室」として参加します。卒業アルバムと、同窓生が上梓出版した著書、校歌祭プログラムなどを並べます。

今回は「吹奏楽部OB会・むしの会」の創立50周年を記念して展示や、同会最年長の19期森田氏ら有志による生演奏をお楽しみ頂きます。演奏時間は11時頃と2時過ぎ等を予定していますが、リアルタイムにTwitter・Facebookで告知予定です。

また3時からは、むしの会の協力で3週間後に迫った「校歌祭」の練習をします。パート別に分かれ、校歌と応援歌をひとしきり歌った後は浜田山南口商店街で渇いた喉を潤す懇親会。こちらもぜひご参加ください。
(高11期矢島)

会報72号が発行されました

本日会報72号が9月1日付で発行され、皆さまのお手元にゆうメールで一斉発送されました。
1週間程度経ってもお手元に届かない場合は、住所不明になっている、転居届の期間が過ぎている等の理由が考えられますので、事務局へお問い合わせください。

会報72号の感想をお聞かせいただけるよう、今年もアンケートフォームを開設予定です。
皆さんのお声が次号の会報作りに非常に役に立っています。ぜひご感想をお寄せください。

会報委員会

2017年の年頭ご挨拶 - 理事長

豊多摩同窓会会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族の皆様共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年を振り返りますと地震、台風、火事、疫病被害が相次ぎ、関係者の皆様にはお見舞い申し上げます。

 日本の政治は安定しているものの海外では英国のEU離脱、トランプ氏の新大統領、お隣韓国での朴大統領の辞任等予想外の結果となり、まさに断絶の時代の感があります。
 嬉しいニュースと言えばやはりスポーツ界ですね。イチロー選手のメジャー3000本安打、日米通算安打でピート・ローズ選手の4256安打を超えた事。リオ・オリンピックでのメダルラッシュ。伊調選手の4連覇。内村選手の最終種目の鉄棒での着地成功させての体操団体の金メダル、男子400mリレーでの銀メダル等々。
 大隅東工大栄誉教授のノーベル生理学・医学賞に輝いた事。

昨年の会員参加型の三大行事について報告いたします。

1.記念祭(9月)
 クラブ紹介で今年創部70周年を迎えるラグビー部の特集展示をしました。好評の園芸部OB会(どんこう会)による母校で育てた水仙球根の配布も続けました。来場者数述べ約350名。
2.校歌祭(9月)
 杉並公会堂で開催され、昨年より2校増え18校の参加となり、我が校は昨年に引き続き100名を超える参加者で校歌、応援歌を青春時代を思い返しながら歌いました。終了後二次会も70名ほどの参加を得、先輩後輩の交流の場となりました。
3.総会(10月)
 新着任された大西校長先生はじめ多数の来賓を迎え視聴覚教室で約140名の参加を得ました。恒例の講演会は高3期ピッツバーグ大学医学部名誉教授の本山悦郎氏にお願いし、「アメリカ半世紀」のタイトルで講演頂きました。総会終了後生徒ホールにて懇親会を開き、交流を深めました。

 三大行事以外にも1月にセンター試験激励会、3月に20歳の同期会の支援を行いました。

 同窓会の活動は上記の行事ばかりでなくクラス会、同期会、クラブOB会等様々な活動があると思いますが、豊多摩を軸として行われ、母校への思いを高めて頂けたらと期待しております。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝をご祈念申し上げます。

豊多摩同窓会 理事長 藤井 研一

年末年始のお知らせ

12月20日(火)に年内の事務局の活動は終了しました。年始は1月10日(火)15:00から再開します。
メールでのお問い合わせについては返信可能ですので、お急ぎの場合はメールをご利用ください。jimu@toyotama.org(事務局)