2019年 理事長年頭のご挨拶

豊多摩同窓会の皆様へ 

明けましておめでとうございます。
本年もご家族の皆様と健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

昨年を振り返りますと恒例の清水寺貫主の今年の漢字「災」に尽きると思います。
水害、台風、猛暑、地震と自然災害に例年になく数多く見舞われました。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。今年は災い転じて福と成すと只々願うばかりです。

それでもスポーツ、文化面では沢山の明るい話題が有りました。

平昌オリンピックでは羽生選手を代表にメダル13個を獲得する大活躍
テニス界では大坂なおみ選手が全米オープンで優勝
大谷翔平選手が投打の活躍でメジャー新人王に
本庶佑京都大学特別教授のノーベル生理学・医学賞の受賞

同総会3大イベントについて報告いたします。

1、記念祭 9/8,9
例年通り会員の著作物、各期アルバムの展示 参加者200名 特集は水泳部「豊泳会」の活躍の歴史の展示」
2、総会  10/21
初の女性校長吉田様より豊多摩の素晴らしさの挨拶を頂き、記念講演は19期の秋田裕氏による「暮らしを支える福祉用具の世界」でした 参加者150名
3、校歌祭 11/3
開催場所が杉並公会堂に戻り20校が参加 豊多摩有志の参加者110名 一番の参加人数で歌う校歌、応援歌は抜群の迫力で、終了後の懇親会も70名の参加が有りました。

同窓会活動で特筆することは数年に及ぶ学校側との協議で漸く終身会費の改定(5千円から8千円)が平成30年度会計から認められました。平成3年から実に27年ぶりの事でした。
しかしながら同窓会会計は郵便料金の大幅な改定、会報のカラー化の計画や学校、生徒への支援活動を強化していく計画もあります。引き続き皆様からのご寄付をお願い申し上げます。

我々役員一同は本年も母校と同窓会の発展に寄与していく所存です。ここに皆様のご協力も宜しくお願い申し上げます。

最後に会員皆様の今年一年のご健康、ご多幸、ご活躍を祈念申し上げます。

豊多摩同窓会 理事長 藤井 研一

年末年始について

同窓会事務局の年内の活動は終了いたしました。
年明けは1月15日(火)から活動します。
事務局へのお問い合わせはFAXまたはメールにて受けておりますが、返信は1月15日以降となりますので、ご了承ください。(事務局)

同窓会総会144名が参加

10月21日(土)母校にて同窓会総会が開催されました。お天気にも恵まれ、旧教職員の先生方をはじめ、母校校長先生、PTA会長、本部役員の皆様を来賓に迎え144名が参加しました。
記念講演は高19期の理学療法士・秋田氏による「障がい者・高齢者の暮らしを支える福祉用具の世界」。
競技用チェアスキーの開発や次世代の車椅子についてたくさんの動画や画像を紹介してくださいました。

詳細は後日お知らせいたします。

秋の3大イベントのお知らせ

その1:同窓会展示室

既に当リンクスでお知らせした通り、9/8から2日間開催された母校記念祭の一環としての同窓会展示室。

恒例の卒業アルバム、会員の著書紹介、校歌祭の練習に加えて今回は協賛企画として水泳部OB会「豊泳会」60周年記念の活動振りを展示、先輩方の歴代記録を見学に現役の部員も詰めかけた。

例年通り受験希望の中学生を含めた来場者でそれなりに賑わったが、会報による事前告知が間に合わなかった事もあり、全体では200人弱に留まった。

その2:同窓会総会

10/21(日)13時~16時母校4F視聴覚教室 会費1,000円 但し卒業間もない66期迄の若手会員は無料招待。

記念講演は19期秋田氏による「障がい者・高齢者の暮らしを支える福祉用具の世界」。

同氏の45年に及ぶ理学療法士の豊富な経験から、幾つかの開発に関わった富士登山用や、競技スキー用の車椅子などを紹介。福祉用具を使うことで自立度や行動範囲ばかりでなく、ユーザーの人生そのものが前向きに大きく変化するという。特に障がい者スキーの普及と技量UPに貢献、冬季パラリンピックにも数回参加されている。現職は日本身体障害者補助犬学会理事長。2015年厚生労働大臣表彰。

1F生徒ホールに移っての懇親会。冷えたビール(非アルコール)で乾杯した後はサンドイッチや海苔巻きをつまみながら、懐かしい先生や学友達との歓談が続く。

同時開催の同期会は恒例の高4、5期の先輩方をはじめ卒業してから50年の21期、還暦記念の28期、以下50歳になった38期、40歳の48期を予定している。

その3:東京校歌祭

旧制府立中学の伝統ある都立高校が集い、校歌や応援歌を競い合う第26回東京校歌祭。

今回は2年振りに地元杉並公会堂に戻り11/3(祝・土)14時集合。会費無料。

リハーサル後、その1や2でも会場を飾った大幟と校章入り黄色いスカーフ(500円・受付)姿で15時頃登壇、指揮者の脇本氏ら吹奏楽部OB・むしの会有志の伴奏で美しい校歌と勇壮な応援歌を披露。会場に一番近い学校としてトップクラス100名越え参加を期待している。

17時からは荻窪駅近くの居酒屋で懇親会。3000円会費で本物のビールやアルコール類が何と飲み放題‼

尚、その2、3ではPTAが製作した4色のマフラータオルを希望者に1000円で有料頒布する。ゴルフ、登山、昼寝に最適とのこと。

(11期 矢島)

記念祭のお知らせ

9月8日(土)・9日(日)は母校の記念祭が開催されます。同窓会もC棟3階の書道室にて卒業アルバムや卒業生の著書などを展示します。
また協賛企画として水泳部OB会「豊泳会」60周年記念の展示もいたします。

豊泳会は今年発足60周年で、11月10日(土)には杉並区内で60周年記念同窓総会を開催予定です。

水泳部OBGの皆様ぜひ母校をお訪ねください。現役生徒は、今年のインターハイ出場を決めたり、六校戦でも女子は三連覇、総合3位と活躍しています。

記念祭の詳しいスケジュール等は母校のサイトをご覧ください。
記念祭のお知らせ

平成30年度第1回評議員会開催のお知らせ

評議員の皆様には本日資料を郵送しました。内容をご確認の上、出欠の返信を必ずお願いします。ネットでの出欠に関しては、郵送した資料内に記載があります。
今回は3年に1回の役員改選があります。ご協力よろしくお願いします。(事務局)

新年度ー同窓会からのお知らせ

新年度が始まりました。母校の大西校長先生は定年退職され、新たに吉田校長先生が着任されました。

3月17日土曜日母校にて評議員会が開催され、平成29(2017)年度の事業報告・および中間決算が承認されました。また、平成30(2018)年度事業計画案および予算案に
ついても審議され、議決されました。
この中で、来年度事業計画案および予算案では、高10期台の頃より金額が変わっていなかった「終身会費」について、学校・PTAのご理解をいただいた上で、高71期卒業時から
3000円の値上げが決まりました。終身会費の収入だけでは年間会計は半分ほどしか賄えず、残りは会員の皆様からのご寄付によるものです。日頃の皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

また、昨年度は、進学奨励のため返済不要の奨学制度を新設しました。制度がスタートした昨年度は3名に支給する方針を決定、会報にも掲載しました。しかし奨学委員会で慎重に審査した結果、家庭の経済状況と学業成績との総合判定で3番目の枠に2世帯が甲乙つけ難い状況で並び「1名分増やし計4世帯に支給せざるを得ない」という結論になりました。その後理事会、評議員会に説明し承認を経て変更を正式に決定しました。
奨学制度の原資として「奨学募金」を昨年9月に発行した会報紙上にてお願いいたしました結果、目標の300万円を大きく超えたことをご報告します。これにより、今年度の奨学制度では4名に奨学金を支給できる見通しです。次回の募金は5年後ですが、一般のご寄付共々引き続き、ご検討いただけましたら大変ありがたく存じます。