母校入学式レポート2015

2015年4月7日に母校にて入学式が行われました。 矢島副理事長のレポートです。
入学式-1
4月7日 あいにくの冷たい小雨のなか第70回入学式が行われた。
校庭のソメイヨシノは残り僅かだったが、白い花びらの桜は満開。八重は二部咲きだった。
入学式-2式は保護者や来賓の拍手と吹奏楽部の演奏に迎えられて、初々しい新入生8クラス318名が入場。
ちらほら見える詰襟とわずかなセーラー服以外は、男女共ブレザーにネクタイやスカーフの”なんちゃって制服“が大多数。
これが3年経つと紋付や矢絣袴、ドレス姿に変身するのだろう。

入学式-3国歌斉唱では生徒席からの歌声はほとんど聞こえず、担任による点呼で声が小さい生徒もいた。
奈良先生による校長式辞は、自らの意思で進学指導推進校の豊多摩を選んだ以上、目標を見いだし努力することを求め、なんと25年前の卒業生が学校説明会に書いた文章を紹介、「伝統である自主自律の自由な校風はあくまでも責任を伴うものだ」と強調された。
保護者に対しては、パソコンやスマホの使用を含めたより良い生活習慣を、特に遅刻や安易な欠席をさせないようにと釘をさされた。

入学式-4新入生答辞・誓いの言葉に立った女生徒は、大震災復興ボランティアとして東北の被災者に好きな音楽を通じて支援を届けたいと決意を述べ、拍手を浴びていた。

入学式-5校歌紹介はこのところ部員数が増えた合唱部と有志による美しい四部合唱を披露。
詰襟が交じっていたのは、毎回練習後に応援歌を歌っている野球部員だそうだ。

入学式-6
記念すべき70期の諸君、入学おめでとう!保護者への感謝の気持ちも忘れずに、3年後には同窓会にも積極参加を!

高11期 矢島

高69期生が入学しました

4月8日(火)、晴天のもと、母校にて入学式が行われ、318名の高69期生が入学しました。
ご入学おめでとうございます。

ようこそ豊多摩高校へ!

同窓会からは理事長、事務局長が参列し、新入生の新生活を祝いました。藤井理事長の参列された感想を掲載します。

入学式に参加して
同窓会理事長 藤井研一

4月8日満開桜の下、母校にて第69回入学式が挙行され、8クラス318名が入学を許可されました。

新入生は何となく幼さを漂よわせながら、ブラスバンドの校歌の演奏に合わせクラスごとに入場です。

男性は大半が紺色のブレザースタイルでネクタイ姿もちらほら、学生服の人は一割位。
女性は紺色、グレーの上着にチェック柄のスカートにハイソックススタイル。

入学者呼名で一人一人名前を読み上げますが、生徒の「ハイ」の返事が小さく一寸頼りなさが気になりました。

校長先生式辞は幕末の福井藩志橋本佐内の啓発録より「稚心を去れ」と説かれ小、中学校時代の甘え等の幼心から脱却し、個性を磨いてもらいたいと。併せて豊多摩伝統の自主自立の意味を説明されました。

そして3年後成長され豊多摩同窓会に入会されるのを期待するものです。

母校入学式レポート2013

cere13_01

異常気象の影響か校庭の桜は散ってしまったが、4月9日母校の入学式が行われた。国歌斉唱に続いて入学者呼名。担任の先生から一人づつ名前を呼ばれる。さすがに平成生まれ、ドラマに登場するような洒落た名前、なるほどと感心するような当て字の名前が続くが、クラシックな太郎が付く生徒や、外国名も数名。

“母校入学式レポート2013” の続きを読む

母校入学式レポート

平成24年4月7日に母校にて入学式が行われました。
矢島さんがレポート。

“母校入学式レポート” の続きを読む

母校入学式282名が入学

母校の入学式が去る4月7日に行われました。
藤井理事長からの報告です。

“母校入学式282名が入学” の続きを読む

第65会入学式

第65会入学式の模様を11期の矢島がリポートします。是非、お読みください。

今春の寒さで花の命が長らえたおかげで、4月7日の65回入学式 校庭の桜は満開だった。

入学式の当日の校門

女子部員が目立つ吹奏楽部の演奏と、拍手に迎えられ緊張気味の新入生入場。男子は長髪準備中は僅かで、いがぐり頭や詰襟の学生服が混じるのには新鮮な驚き。なにしろほんの少し前は中学生だったのだ。女子はコンソ・紺のワンポイントソックスにブレザー姿が初々しい。 3年経つとツケマー・付けまつ毛が巧みな娘もでるんだろうな。

吹奏楽部の演奏

国歌斉唱は粛々と。続いて8クラス321名が担任から呼び上げられる。 当節、芸名か源氏名風の名前が続くが、殆どはっきりと返事。新任の田中先生による校長式辞は

1. しっかり勉強し、自己探求を。
1. 部活に取り組み、人間性を磨け。
1. 日々の生活を感謝する人間に。

の三点を強調された。2日前に打ち上げられた女性宇宙飛行士を例に引き、決意を述べた 女生徒の誓いの言葉もはきはきとして心地良い。葛飾総合高校に転出された前校長三田先生などの祝電が披露されると、一旦幕が下り、校歌”紹介”へ。

入学式の様子

一緒に歌うつもりでいたら、昨年度の合唱コンクール優勝クラス 3Eの面々が登壇。どきつい金髪男あり、セーラー服もどき女あり、 姿形はバラバラだが、美しい校歌を四部合唱で見事にハモッテいた。 新入生の父母もこの落差に驚かれたかも。

最後に来賓のひとくち挨拶。藤井理事長「ご入学おめでとう。3年後に同窓会入会をお待ちしています」

第64回母校入学式が行われました

–平成21年4月7日(火)、母校にて第64回入学式が行われました。
高6期の桜井さんのレポートです。

平成21年4月7日(火)、母校にて第64回入学式が行われました。 高6期の桜井さんのレポートです。

## 第64回入学式レポート

第64回入学式、新入生283名。昨年まで6クラスだったが、今年から1クラス増えて7クラス。
同窓会からは、杉澤理事長、太田(敬)理事、桜井理事が来賓として招待された。
全体として新入生は大人しい感じ。なお、同窓会の窓口である副校長の小野村先生が国立高校へ転出、後任は渡辺先生(教育委員会から)。