庭球会50周年記念親睦会開催の報告

去る2月16日(土)に豊多摩庭球会「創立50周年記念親睦会」が開催され、その報告が17期渡辺さんから届きました。

豊多摩庭球会「創立50周年記念親睦会」開催される

男・女テニス部のOB会である豊多摩庭球会は昨年10月をもって創立して満50年経過した。
これを記念して去る2月16日(土)の午後5時から、新宿歌舞伎町にある「パセラ・リゾーツ新宿店」で親睦会が行われた。会場は、締め切り日が近づくに連れて出席者数が増え、当初予定した着席型の宴会場では収容しきれなくなったために、普段はダーツバーとして利用されているフロアーに変更し、半立食スタイルにて行われた。
当日の出席者は、高8期の別役会長から高34期の鈴木さんまでの巾広い年代に亘り、80名の多数に上った。この会のために札幌や大阪という遠方から駆けつけてくれた会員もおり、また母校在任中に永い間男子庭球部の参与をされた高橋 繁先生や多くの会員がお世話になった故・石野元会長(高9期)の奥様にもご出席いただいた。
船木副会長(高11期)の開会の辞、別役会長の挨拶に続き高橋先生のご発声による乾杯の後、暫し歓談に入った。年代別にグループ分けされた席が用意されたが、会員の中には何十年ぶりかで再会した人もあり、また初対面どうしの人もいて胸に着けた名札が重要な役割を果たしてくれた程である。然し、高校時代に同じテニスコートで白球を打ち合った仲間として、懐かしさと仲間意識に充たされ話に花が咲き、予定した3時間があっという間に過ぎてしまった。
歓談の合間に幹事・川崎氏(高23期)の司会で、幹事のメンバーより出席者の紹介を始め①「豊多摩庭球会50年のあゆみ」を振り返る話 ②母校テニスコート及びその周辺の紹介 ③再びラケットを握ってテニスをしようとの呼びかけ等々が、懐かしの映像等をスクリーンに映し出しながらなされた。また、一人一人に50周年を記念して先出の「石野さんの想い出」や永く女子部の参与としてお世話いただいた太田有志先生の思い出等を綴った栞が配布された。
最後に全員で校歌を合唱した後、名川副理事長(高22期)の閉会の辞でお開きとなった。
出席者の大半は名残を惜しみつつ再会を約して自宅へ、また二次会へと向い会場を離れていった。

◇今回、このように多数の出席者が得られたのは、幹事の熱心な呼びかけの場として同窓会総会の席をお借りできたことに加え、昨年11月と今年1月の2回にわたって「豊多摩リンクス」に親睦会開催の広告を掲載していただいた効果も大であったと改めて同窓会本部に感謝する次第です。

親睦会開催幹事:船木(高11期)山口(高22期)名川(同)川崎(高23期)新實 勉(同)永田佳久(高24期)渡辺 修(高17期・本記事執筆)

渡辺さん、ありがとうございました。盛大な会だったことお慶び申し上げます。本レポートは3月にいただいておりましたが、当方の都合により掲載が遅くなりました。関係各位にお詫び申し上げます。豊多摩庭球会の益々のご発展をお祈りしています。
テニス部OBGの方、ぜひ豊多摩庭球会へ。お問い合わせはリンクスまでお知らせください。(36期嶋林)

18期会員個展のお知らせ

horimoto1305_1堀本惠美子絵画展 愛のメッセージ

会期 2013年5月1日(水)~7日(火)(会期中無休)
午前10時~午後8時(最終日午後5時閉廊)
■ 名古屋・栄・三越 7階 特選画廊
〒460-8669 名古屋市中央区栄3-5-1
TEL 052-252-1111 (大代表)
※会期中作家は毎日在廊します。

horimoto1305_2
作家よりメッセージ
「愛のメッセージ」シリーズの展覧会は10年を越えました。名古屋・三越では2回目の個展となります。魂の輝きを表す金・銀・青・緑・紫・赤・白で描いた「やすらぎ」と元“氣”のエネルギー絵画を体験していただければ幸いです。
堀本惠美子


略歴

東京に生まれる。東京女子大学卒 武蔵野美術学園終了/1980~国内外の企画個展83回/ 海外展・日仏現代美術展(パリ・1982)、サージマルジス賞受賞展(ニューヨーク・1991)、ナント・パリ・コソボで個展(2002~2005)、スイス・ジュネーブアートフェア(2010)、韓国国際アートフェア(KIAF)(2010)、環太平洋親交平和展(VISTA)最優秀賞受賞(ロシア・ハバロフスク)(2012)他 日本美術家連盟会員

堀本さんの公式サイト
Emiko Horimoto Web
https://sites.google.com/site/emikohorimoto/

ブログ随時更新
http://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/

18期会員個展のお知らせ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

18期の堀本惠美子さんの個展が1月29日から札幌で開催されています。

『堀本惠美子絵画展』 ~愛のメッセージ~

“18期会員個展のお知らせ” の続きを読む

同窓生が最前線の癌治療モデルに

元同窓会理事で「豊多摩の校歌を歌う会」の山崎会長(高3期)は7年前に中咽頭癌を発病、2度の大手術など病魔と闘いながら、東京校歌祭実行副委員長として毎回校歌祭に参加されている。
同氏は暮に新百合ヶ丘総合病院で、最新鋭の医療技術「サイバーナイフ・超精密放射線治療ロボット」の治療を受けられたが、この模様が 1/27 (日曜) 日本テレビ朝8時からの「シューイチ」で紹介される。

なにぶん2時間の情報生番組なので、大きなニュースが飛び込むと次週に延期されることもあるが、通常の手術が困難な癌の病巣でも容易に治療できる最新技術で、健康保険も適用されるという。
ひと事ではありませんぞ!来週の日曜朝8時は日テレをご覧あれ。

11期 矢島

27期会員演奏会のお知らせ

27期・脇本さんから12月17日・18日のクリスマスコンサートのお知らせが届きました。
毎年大盛況だそうです。

詳細は、下の「Continue reading →」 をクリックして続きをお読みください!

“27期会員演奏会のお知らせ” の続きを読む

同窓会総会に181名参加!

10月28日(日)に同窓会総会が開かれました。会員・客員合わせて181名の参加で講演会も大盛況でした。
11期矢島さんがレポート!

雨交じりの天候だったが、10月28日(日)母校での同窓会総会。
参加者は昨年より100名以上増え、ここ数年ではダントツの180名を集め大盛況だった。
15期古澤理事の司会で始まり、まず校歌斉唱。校歌祭では医師として大会の医務部を担当されている8期守矢氏の指揮、吹奏楽部OB「むしの会」の62期黄木さんのピアノで。

来賓として現職校長の奈良先生は「半年前に赴任して以来、生徒たちの真剣な眼差し、姿勢には良質な伝統に支えられていると痛感した。
今後も豊多摩の発展に同窓会の協力をお願いしたい」と述べられた。
16期藤井理事長の挨拶、19期和地理事の会務報告に続き記念講演は東埼玉総合病院の脳神経外科医・15期馬場氏による
「えーと、この人誰だっけ?」~どうやって認知症とつき合うか~

同氏は専門分野の医学書を何冊も上梓しているが、解剖図などのイラストをいずれも自分で描いているとのこと。
講演では「突然ですが」と3つの単語や4ケタの数字を記憶させ、更には「あなたの生年月日は?豊多摩の何期生ですか」のテストに始まり、物忘れの老化と認知症による違い。現在305万人いる認知症高齢者が2025年には470万に達しそう。徘徊や意欲低下、物盗られ妄想、嫉妬妄想など症状の恐ろしい話が続く。
そして糖尿、高血圧などの治療や、生活習慣の改善といった予防法。
さらには叱責せず、ほめてあげるなど家族の対応策なども。
両親は勿論、そろそろ本人にも何やら思い当たる年代も多く、会場では熱心にメモを取る姿も。
母校教諭で31期村田理事による来賓の先生方の紹介で総会は終了。

長い長い廊下を1階の旧食堂へ移動、元母校教諭で21期原氏による乾杯音頭で懇親会。
テーブルの上にはハムサンド、のり巻き、せんべいに饅頭まで盛り沢山。
コーラ、ジュースが並ぶが、なかでもノンアルコールビールはマズイと文句を言いつつ何杯も飲むおやじに加え、人気上昇中とあって手にする女性も多く、最初に売り切れた。

同時開催の同期会、2012年の今年は昭和25年卒の高2期から平成22年卒の62期まで「2」が付く期。それと卒業してから60年記念になる5期と同じく50年の15期に呼び掛けた。
テーブルには各期のプレートが置かれ、思い出話の花が咲く。
やはり講師と同期、50年記念を組み合わせた15期が43名を集めて大成功。
そして5期19名、12期9名、22期24名とそれなりの効果があった。
だが執行部も喜んでばかりいられない。
参加者の大半いや殆んどが還暦を越えた熟年会員なのだ。
末廣カメラマンの求めに応じた、ご覧のツーショットちょうど30歳・親子ほどの歳の差だが、実は32期と62期ながら、同期は他に誰もいなかった孤独な二人。
これに懲りず次回は学友を誘って参加して欲しいものだが。
最後はここでも「むしの会」23期大熊氏の指揮による校歌斉唱でお開きとなった。

講演内容とは無関係と思われるが、他人の靴を間違えた騒ぎも1時間後無事解決。
ノンアルコールの反動か、浜田山周辺の飲み屋(案内図も好評)の売り上げに同窓生が貢献したようだ。

文:11期矢島 写真:4期桑野、11期末廣

東京校歌祭レポート

※画像はクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。
10月6日(土)に東京校歌祭が日比谷公会堂で開かれました。豊多摩同窓生も有志が参加。おおいに歌ってきました。
11期矢島さんがレポート!

10月6日(土)「東京校歌祭」第20回記念大会、今年も大盛況でした。

常連の櫛部、相場両先生は、残念ながら所用で欠席されたが同窓会藤井理事長、「豊多摩の校歌を歌う会」山崎会長はじめ受付登録81名。この他歳のせいか歌い終わってから駆けつけた人もいたが、例のサポート部隊も加えたオオトリ・別格の140名に次ぐ歴代2位の大?記録。特に初めて参加した若い人が増えたのも嬉しい。

短時間にこれだけの同窓生が殺到するので、他校と狭い机を接する受付はどうしても混乱するが、各校のプラカードを掲げた開会式のあと木陰で最終練習。恒例の吹奏楽部OB会「むしの会」有志による演奏は更に充実。トランペット、クラリネットにファッゴットは2基、新人のホルンがデビューしたので、昨年まで演奏も兼ねた脇本氏は指揮に専念。

本番では1校7分以内の制限が厳しくなったので、当初計画もあった谷川先輩の「あなたに」朗読は心残りながら割愛。
全体もややテンポを上げて、校歌3番はお約束コースの楽器演奏とハミングで。
問題の四部合唱は合唱部OBが 参加してくれたので、ずいぶん助けられた。
応援歌斉唱の方は、文字通り元気一杯に。
全員校章入りの黄色いスカーフと、クリーニングしたての大のぼり二本。
楽器演奏付き、トップクラスの 参加人数の堂々たる舞台は、会場からの評価も高かった。

記念大会ということで、寮歌祭から引き続いている特別参加の東大、一橋大に早稲田、慶応両大学も加わった。

ステージの上から大天井を改めて見上げると、確かに高い、でかい。
幸い工事が1年延び、来年までは使用できるものの、耐震問題などからさ来年以降の継続使用は悲観的。公的会場を求めてさ迷い歩くことになりそう。
したがってニュートーキョーでの懇親会も、あと一回。
記念撮影後50名近くが移動、例年の如く大盛り上がりで最後は校歌で締めたが、雰囲気はフォトアルバムで。
※各画像をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。(文・11期矢島 写真・11期末廣、高4期桑野)