第65会入学式

第65会入学式の模様を11期の矢島がリポートします。是非、お読みください。

今春の寒さで花の命が長らえたおかげで、4月7日の65回入学式 校庭の桜は満開だった。

入学式の当日の校門

女子部員が目立つ吹奏楽部の演奏と、拍手に迎えられ緊張気味の新入生入場。男子は長髪準備中は僅かで、いがぐり頭や詰襟の学生服が混じるのには新鮮な驚き。なにしろほんの少し前は中学生だったのだ。女子はコンソ・紺のワンポイントソックスにブレザー姿が初々しい。 3年経つとツケマー・付けまつ毛が巧みな娘もでるんだろうな。

吹奏楽部の演奏

国歌斉唱は粛々と。続いて8クラス321名が担任から呼び上げられる。 当節、芸名か源氏名風の名前が続くが、殆どはっきりと返事。新任の田中先生による校長式辞は

1. しっかり勉強し、自己探求を。
1. 部活に取り組み、人間性を磨け。
1. 日々の生活を感謝する人間に。

の三点を強調された。2日前に打ち上げられた女性宇宙飛行士を例に引き、決意を述べた 女生徒の誓いの言葉もはきはきとして心地良い。葛飾総合高校に転出された前校長三田先生などの祝電が披露されると、一旦幕が下り、校歌”紹介”へ。

入学式の様子

一緒に歌うつもりでいたら、昨年度の合唱コンクール優勝クラス 3Eの面々が登壇。どきつい金髪男あり、セーラー服もどき女あり、 姿形はバラバラだが、美しい校歌を四部合唱で見事にハモッテいた。 新入生の父母もこの落差に驚かれたかも。

最後に来賓のひとくち挨拶。藤井理事長「ご入学おめでとう。3年後に同窓会入会をお待ちしています」

豊多摩高校に新校長が就任

異動された三田前校長(2009年同窓会総会にて)

新年度を迎え、例年通り、都立高校では教職員の人事異動が行われました。豊多摩高校でも教職員の異動が発生しています。そのうち、学校長の異動について、お知らせします。

これまで、豊多摩高校の校長を務められた三田清一校長が、葛飾総合高等学校(旧本所工業高校・水元高校)に移られました。そして、豊多摩高校の新校長には、久留米西高校田中賢二副校長が就任されました。

参考リンク