吹奏楽部OB会・むしの会吹奏楽団定期演奏会レポート

mushi2014吹奏楽部OB会「むしの会」の定期演奏会、今年は30回目です。
矢島副理事長のレポートとむしの会からの写真をお楽しみください。

* * *

11月30日 吹奏楽部OB会・むしの会吹奏楽団の定期演奏会が杉並公会堂で開かれた。

73年にスタート、途切れた時期もあったが07年復活後は連続して公演、今回は30回という節目を迎えた。22期谷田部会長の挨拶にもあったが、記念すべきこの大会メンバーはやる気十分なので、トヨタマサウンドを楽しんで欲しいとのこと。

m14_001
「威風堂々」で始まった第1部は全員黒いフォーマルな衣装。

m14_002現役部員はテストの為参加できなかったが、特別ゲストとして現職の木谷先生が登場、会として初めてのピアノコンチェルトに挑戦となった。以前同窓会で校歌伴奏をお願いした折、当HPで“草深い豊多摩教諭のイメージとは程遠い”と書いたが、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲」を演奏。華麗なドレスから伸びたか細い二の腕、きゃしゃな指を鍵盤に叩きつけるや、信じられないような大音響!その迫力には圧倒された。こんな先生に音楽を習いたかったなぁ。

m14_003
第2部は「アルメニアン・ダンス」全曲。オーボエを演奏された杉浦先生は以前10年間も現役顧問を続けられ、第3部では当時話題になっていた「オペラ座の怪人」を指揮された。

m14_004第3部。ここでは団員はパート毎に自由な服装。時代劇絵巻と題してかつてTVで流れた水戸黄門や大江戸捜査網のテーマソング集。こんな企画は熟年受けするね。更にサンバメドレーでは賑やかな演奏にトランペットなどのソロが花を添える。

m14_005そして恒例になった豊多摩のアイデンテティ・校歌の合唱。今回は4番まで全員が楽器を置いて熱唱した。

やがてアンコール曲が終わると、これまたいつもの「星条旗よ永遠なれ」で完お開き。さすがに30回記念とあって、出演者は先生方を含め70名ほど大変な盛り上がりであった。

だが奇しくも翌日は「西高の夕べ」。内容的にはOB著名人の講演があるものの吹奏楽部の演奏と大差ないと思うのだが、かたや区の広報誌にも掲載されている。毎年地域住民を対象に開催の実績があるとはいえ両校の宣伝力の差よ。せめて同窓会報に開始時間を明示してほしい。毎回思うのだが、頑張って準備したせっかくのイベントなんだから同窓会も協力しもっと豊多摩をPRすべきであろう。例えば受付にあるのはOB会の名簿だけ。“よろしければお名前を”と次回の通知を含め一般用も用意すべきだろう。自分たちだけで満足するなら、最終練習のように母校アリーナでやればよろしい。

憎まれ口を叩いたが、愛があるこその苦言だからね。

文:高11期矢島

m14_006

写真はむしの会からの公式提供です。ご協力ありがとうございました。
(説明文中、氏名はプライバシーポリシーより苗字のみとさせていただいています。ご了承ください。)

1枚目:第1部の1曲目「威風堂々」演奏中。指揮は、高22期 谷田部氏。
2枚目:第1部の「ピアノコンチェルト」演奏中。ピアノは、現音楽科教諭 木谷先生、指揮は、高22期 谷田部氏。
3枚目:第2部の「アルメニアンダンス」演奏中。指揮は、高22期 谷田部氏。
4枚目:第3部の「サンバメドレー」演奏中。指揮は、高41期 柴野氏。
5枚目:アンコールでの「校歌合唱」。指揮は、元音楽科教諭の 杉浦先生。
6枚目:出演者とOBスタッフ・現役スタッフを交えた、参加者全員での記念撮影。

東京校歌祭、今年は地元で大盛況!

14校歌祭 (14)-TA

秋の三大イベントの最後は「東京校歌祭」。初めて杉並公会堂で開催されました。矢島校歌祭担当副理事長がレポート。
* * * * *

いやぁー遂にやりました。念願の3桁達成!
11月1日杉並公会堂で開催された第22回東京校歌祭、120余名が参加したのだ。
じつはオオトリを務めた14回では吹奏楽部現役のサポート部隊を含め140名が結集したが、今回は初の地元でもあり各方面に呼び掛けた。
会場には母校現職の奈良校長、飛田副校長の両先生はじめ、二中・立川高OBで常連の櫛部先生、PTAOB会、同おやじの会のお二人、同窓会藤井理事長、「豊多摩校歌を歌う会」羽山新会長。
そして逝去された山崎前会長は生前「地元なんだから一人でも多くの学友を集め、豊多摩ここにありをアッピールしよう」と語られていたが、合唱部OBで同氏の長女が持参した遺影を同期の親友羽山氏が掲げて登壇した。

14校歌祭 (01)-Tさて初めての会場、日比谷公園の木陰での練習が懐かしいが、ここでは数少ないエレベーターをフル活用して上下移動、不慣れもあり混乱も。
地下のリハーサル室も各校分単位で使用のあわただしさ。

14校歌祭 (08)-TA

14校歌祭 (19)-T2写真撮影を終え、いよいよ本番。二本の大のぼりと黄色い校章入りスカーフ、先生方も加わった堂々120名の大部隊。指揮者27期脇本氏はじめフルート、トランペット、ホルン、ファゴットそれにピアノと今回も吹奏楽部OB・むしの会有志の皆さんに大変お世話になった。
美しい校歌を荘厳な四部合唱で、勇壮な応援歌は元気いっぱいの斉唱で会場を圧倒した。
客席から見守った学友によれば、我が豊多摩は毎年最多出場数を誇る立川高とほぼ互角か、それを上回ったかもという。

他校や四大学の歌声を聴いてから主力は駅前に移動。時間帯からも大型居酒屋をほぼ貸切状態で懇親会スタートした。
仰げば尊しの大合唱と閉会式を終え、医務部の羽山氏と駆けつけると若手も一緒に大盛り上がりの真っ最中。
19期森田氏が事実上のプロデューサーを引き受けた映画・エリート裁判官が婚約者を裁く「ゼウスの法廷」のチラシを配り、都内で公開するからと大PR。
また家が近いからと初参加の高4期氏からは東日本復興に多額の義援金を頂いた。
同氏を含め、校歌は忘れたからと客席参加の方も見受けられたが、くちパクでもなんとかなるもの。
次回も杉並公会堂11月3日予定、是非ご一緒に!

文:11期矢島 写真:高4期桑野、11期末廣

【懇親会の様子はこちらの写真をクリックしてください】

第30回むしの会定期演奏会のお知らせ

mushi2014

吹奏楽部OBG会の第30回むしの会吹奏楽団演奏会のお知らせが36期の宮内さんから届きました。
会場は杉並公会堂(荻窪)です。

第30回 むしの会吹奏楽団演奏会

  • 2014年11月23日(日)
  • 開場 14:30
  • 開演 15:00
  • 入場無料
  • 演奏 むしの会吹奏楽団
       東京都立豊多摩高等学校吹奏楽部
  • 指揮 谷田部敬一/内海良三/杉浦昭彦 ほか

会場
杉並公会堂大ホール
〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-15

演奏曲目
第一部
・威風堂々第一番 作曲:E.エルガー
・エグモント序曲 作曲:L.V. ベートーヴェン
・ピアノ協奏曲第2番より1楽章
  作曲:S・ラフマニノフ
  ピアノ:木谷 理恵(豊多摩高校 音楽科教諭・吹奏楽部顧問)
第二部
・アルメニアン・ダンス パートI
・アルメニアン・ダンス パートII 作曲:A.リード
第三部
・オペラ座の怪人
  作曲:アンドリュー・ロイド・ウェバー
  編曲:ヨハン・デ・メイ  
・ジャパニーズ・グラフィティー X 「時代劇絵巻」
  作曲:木下 忠司/安藤 実親/玉木 宏樹/山下 毅雄/菊池 俊輔
  編曲:星出 尚志
・ブラジル~トリステーザ
  作曲:アリ・バホーゾ 編曲:岩井直溥
  作曲:ハロルド・ロボ/ニルティーニョ 編曲:真島俊夫

☆主催 むしの会
http://www.mushinokai.com/

補足情報 今年は校歌をフルコーラス四部合唱で歌う予定があるそうです。ご観覧の皆様も一緒に歌いましょう。(36期嶋林)

母校吹奏楽部「ソロの調べ」開催のお知らせ

36期の宮内さんから、母校吹奏楽部演奏会のお知らせが届きました。

solo2013一昨年度より再開した むしの会のイベントが今年度も開催の運びとなりました。
豊多摩高校吹奏楽部主催・むしの会後援で第4回「ソロの調べ」を12月22日(日)に開催致します。
場所は、昨年に続き浜田山駅徒歩スグの浜田山会館で。
14時開場、14時30分開演、
入場無料、全席自由
のイベントです。

ほぼ吹奏楽しか経験のない現役たちが
ソロやアンサンブルに取り組んでおります。
連休の最中ではありますが応援に来ていただければ幸いです。

また、後半ではいつも現役をサポートしているOBも参加を予定しています。

クリスマス前の冬の一日、いつもと違った演奏に耳を傾けてみませんか。

東京校歌祭・同窓会総会のお知らせ

東京校歌祭 10月5日(土)  日比谷公会堂13時集合です。
これまでオオカミ少年のごとく”最後の日比谷”と言ってきましたが、とうとう本当に最後の日比谷になってしまいました。理由は耐震強度の問題。
しかし、だいぶくたびれている日比谷が崩れるような大地震が起きれば、他のホールばかりか都内全域も甚大な被害を受け、とても校歌祭が開催できる状態ではありません。
つまり日比谷公会堂は営業を続けているので、せめてもう1年は続行をと思いましたが、慎重な人が多く最後の日比谷が決まってしまいました。
20年間の思い出の大ステージ、先輩が副社長だったニュートーキョーでの懇親会、いずれも今回が最後です!

第21回を迎える今大会は、旧制府立中学の都立伝統校に加え、東大、一橋、早稲田、慶応の4大学が特別参加し、20校が長く歌い継がれた伝統の校歌を競い合います。母校の金田一京助作詞、山田耕筰作曲の美しい四部合唱の校歌と、五十年余り前に現役の生徒だった10期石田幸久氏作詞作曲の勇壮な応援歌「豊多摩の健児われら」を元気一杯に歌いましょう。
我が豊多摩は日比谷公会堂に13 時集合後、最終練習をします。
吹奏楽部OB会・むしの会の有志と共に、二本の大幟、校章入り黄色いネッカチーフを巻いて14時過ぎに登壇。
参加費は同窓会の援助で無料ですが、通信費などのカンパ500円をお願いしています。 二階に各校と並んで豊多摩の受付があるので、お1人でもお気軽にどーぞ。
定時制の卒業生も大歓迎します。
終了後有楽町ニュートーキョーへ移動して懇親会。会費3000円程度で大盛り上がり、最後は他のお客さんに迷惑の掛らぬよう、校歌の低唱でお開き。とにかく楽しいんです。

同窓会総会 10月27日(日)13時より 
母校(特別に裏門も開放予定です)会費1000円。
来賓挨拶、会務報告、記念講演に続いて懇親会。ノンアルコールビールで乾杯後、
ソフトドリンクを片手に恩師や懐かしい旧友と歓談へ。スナック菓子も豊富です。
2013年は同期会として卒業50年の高16期、30年の高36期、そのほか高4・5・14期も開催予定です。 記念講演は47期むしの会団長でトロンボーン奏者の森田氏。
演奏を交え、これまでとはひと味違ったユニークな講演になりそうです。
詳細は同窓会報を。久し振りの母校見学も兼ねて、是非ご参加ください。

秋の三大イベントのお知らせ2013

今年も秋の三大イベントが開かれます。大勢のご参加・ご来場をお待ちしています。
☆母校記念祭(文化祭) 9月14日(土)・15日(日)
☆東京校歌祭 10月5日(土)
☆同窓会総会 10月27日(日)

☆母校記念祭(文化祭) 9月14日(土)・15日(日) 同窓会はC棟3階書道室で展示を行います。
今年も現役の各クラス、クラブからPTAの「おやじの会」までが賑やかに、華やかに、中には軽薄に或いは地味に模擬店はじめ各種出し物を展示します。
そして今年も同窓会展示室。正門に近い C棟三階の書道室だが、総合受付から案内板あり。 会場には卒業アルバム、昔の写真やビデオ、文集、会報、会員の著書、校歌祭パンフなどが並び、今回は吹奏楽部OB会むしの会の協力をいただき、「音楽でメシ食ってます!~Musicで青春まっただ中!」をテーマに音楽関係の先輩からのメッセージを展示します。
14日(土)15時からは恒例の校歌祭のリハーサル。 パート別の美しい校歌と勇壮な応援歌を、吹奏楽部OB会の有志の諸君と共に練習します。 但しこの日は歌の練習のみ。トランペット、ホルン、クラリネットなどの楽器は校歌祭の当日、日比谷公園の木陰で改めて練習します。 喉が渇いたところで、5時ごろから井の頭通り「藍屋」で一杯やることにしています。 こちらも是非ご参加を。

☆東京校歌祭 10月5日(土) 13時より 日比谷公会堂
第21回を迎える東京校歌祭も日比谷公会堂での開催は今年がラスト!旧制府立中学の都立伝統校に加え、東大、一橋、早稲田、慶応の4大学が特別参加し、20校が長く歌い継がれた伝統の校歌を競い合います。母校の金田一京助作詞、山田耕筰作曲の美しい四部合唱の校歌と、五十年余り前に現役の生徒だった10期石田幸久氏作詞作曲の勇壮な応援歌「豊多摩の健児われら」を元気一杯に歌いましょう。
我が豊多摩は日比谷公会堂に13 時集合後、最終練習する。吹奏楽部OB会・むしの会の有志と共に、二本の大幟、黄色いネッカチーフを巻いて14時過ぎに登壇。 校章入り黄色いネッカチーフをお忘れなく。 参加費は同窓会の援助で無料だが、通信費などのカンパ500円をお願いしています。 二階に各校と並んで豊多摩の受付があるので、お1人でもお気軽にどーぞ。終了後有楽町ニュートーキョーへ移動して懇親会。会費3000円程度で大盛り上がり、最後は他のお客さんに迷惑の掛らぬよう、校歌の低唱でお開き。とにかく楽しいんです。

☆同窓会総会 10月27日(日)13時より 母校
会費1000円。
会務報告、記念講演に続いてソフトドリンクやスナック菓子で懇親会。 2013年は同期会として卒業50年の高16期、30年の高36期、そのほか高4・5・14期も開催予定です。 記念講演は47期のトロンボーン奏者の森田氏です。詳細は同窓会報を。久し振りの母校見学も兼ねて、是非ご参加を。

会報に詳細を掲載しています。当サイトにも今後情報を追加していきます。

むしの会 48歳年の差ハーモニー

IMG_3677
7月21日 新装?の三鷹公会堂で吹奏楽部OB会・むしの会29回演奏会が開かれた。会場にはお元気に89歳になられた初代顧問の櫛部先生や、現役の顧問で9月23日に日暮里サニーホールでピアノリサイタルを開かれる木谷理恵先生の姿も。プログラム1部は全員黒のフォーマルスタイル、47期森田楽団団長の指揮で「アルヴァマー序曲」からスタート。司会の64期高田さんによると、数名の現役が加わっているので最年長OBとは48歳差があるそうだ。

IMG_3680第2部はコンクールに向け舞台度胸のトレーニングも兼ね、今年も現役生が登場。白Y、赤ネクタイのりりしい姿は今年も圧倒的に女生徒、スイングガールの世界。つい数カ月前に中学生だった面影の1年生が少しオドオドと登場するのもいい。彼らは来月開かれる「全日本吹奏楽コンクール」の演奏曲目をそのまま披露。

しろうと耳には素晴らしい!と感心するんだが、今や全国的にレベルアップし、隣りの杉高などは、はるかに格上だそうな。ともあれ夏休み返上で練習を重ね、8月14日会場の「府中の森劇場」では2番目に登壇する。頑張れ!

IMG_3695

IMG_3727第3部は恒例の各パートごとに思い思いのカジュアルスタイル。なんでもファミコン発売30周年とやらで、関連した賑やかな曲が続く。トリは今秋同窓会総会で講演と演奏を務める森田団長が再登場。トロンボーンの吹き振りでホルンやトランペットのソロを交え様ざまなフレーズが現れ、大いに盛り上がった。22期むしの会谷田部会長の挨拶にあった「遠くまでようこそ」。23区外に出たせいか、観客は昨年よりやや少ない300人弱程度か。また「現役との繋がりを大切にしたい」も実感できた。

そして歌詞カードを配られた「校歌」、今年は3番までを舞台と客席が一体となって合唱した。大きなアンコールに応えて現役も加わった「星条旗よ永遠なれ」でお開きとなった。

(文:11期矢島 写真提供:むしの会)