天文部イベントの告知です

現役の天文部の方々が3月末に中野でプラネタリウムを使ったイベントを開催するので紹介します。

また、36期の野瀬さんが運営に関わっておられるそうです、イベントの説明をいただきました。今回が通算で5年度連続5回目の開催で、豊多摩天文部の現役発表はこれで2年連続2回目になるそうです。

イベント名:「宇宙(そら)への一歩 ~高校生プラネタリウム~」
開催日時:平成31年03月28日(木) 13時~16時40分
開催場所:なかのZERO西館4階プラネタリウム(東京都中野区中野2-9-7)

発表高校およびタイトル:
13:00~13:40(開場12:30)
都立豊多摩高校天文部
『眠くならないプラネタリウム』
14:30~15:10
都立西高校宇宙研究部
『過去と未来 ~車椅子の物理学者は語る~』
16:00~16:40
都立富士高校科学探究部天文班
『夜空の奥へ ~宇宙137億年、そして未来への旅~』
※各回30分前開場、投影開始後の入場はできません

入場料:無料
定員:180名(先着順)

問合せ:なかのZEROプラネタリウム
TEL 03-5340-5045
HP https://www.nicesacademia.jp/zero/planetarium/plaevent/

校名由来について調べている方がいます。

2月に入ってこちらに連絡をいただいた39期の同窓生の方がなぜ13中から「豊多摩高校」と改称されたのかをツイッター上で考察しておられて興味深かったので紹介します。

豊多摩39地理学会

豊多摩五十周年史、豊多摩高校の公式サイト,東京府学務課の通達、また他校の名称なども調べてツイートしています。ご興味があればごらんくだい。

生物部OBOG会のホームページ移転のお知らせ

生物部OBOGの交流を目的としたホームページが移転しました。

移転先ウェブサイト:   http://www17.plala.or.jp/tbcobog/

管理者でもある32期竹門さんからのお知らせです。

生物部OBOG会のホームページですが、2019年3月末で無料のホームページサイトYahooジオシティーズのサービス終了に伴い、URLを移行しましたので、お知らせします。

橋本治さん逝去

高18期の作家・橋本治さんが1月29日に逝去されました。
新聞報道によりますと、肺炎のため午後3時9分に都内の病院で亡くなられたとのこと。70歳。

2017年9月から18年6月まで、読売新聞で尾崎紅葉の「金色夜叉」をベースにした「黄金夜会」を連載されました。
ご冥福をお祈りいたします。
(事務局)

2019年 理事長年頭のご挨拶

豊多摩同窓会の皆様へ 

明けましておめでとうございます。
本年もご家族の皆様と健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

昨年を振り返りますと恒例の清水寺貫主の今年の漢字「災」に尽きると思います。
水害、台風、猛暑、地震と自然災害に例年になく数多く見舞われました。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。今年は災い転じて福と成すと只々願うばかりです。

それでもスポーツ、文化面では沢山の明るい話題が有りました。

平昌オリンピックでは羽生選手を代表にメダル13個を獲得する大活躍
テニス界では大坂なおみ選手が全米オープンで優勝
大谷翔平選手が投打の活躍でメジャー新人王に
本庶佑京都大学特別教授のノーベル生理学・医学賞の受賞

同総会3大イベントについて報告いたします。

1、記念祭 9/8,9
例年通り会員の著作物、各期アルバムの展示 参加者200名 特集は水泳部「豊泳会」の活躍の歴史の展示」
2、総会  10/21
初の女性校長吉田様より豊多摩の素晴らしさの挨拶を頂き、記念講演は19期の秋田裕氏による「暮らしを支える福祉用具の世界」でした 参加者150名
3、校歌祭 11/3
開催場所が杉並公会堂に戻り20校が参加 豊多摩有志の参加者110名 一番の参加人数で歌う校歌、応援歌は抜群の迫力で、終了後の懇親会も70名の参加が有りました。

同窓会活動で特筆することは数年に及ぶ学校側との協議で漸く終身会費の改定(5千円から8千円)が平成30年度会計から認められました。平成3年から実に27年ぶりの事でした。
しかしながら同窓会会計は郵便料金の大幅な改定、会報のカラー化の計画や学校、生徒への支援活動を強化していく計画もあります。引き続き皆様からのご寄付をお願い申し上げます。

我々役員一同は本年も母校と同窓会の発展に寄与していく所存です。ここに皆様のご協力も宜しくお願い申し上げます。

最後に会員皆様の今年一年のご健康、ご多幸、ご活躍を祈念申し上げます。

豊多摩同窓会 理事長 藤井 研一