記念祭のお知らせ

9月8日(土)・9日(日)は母校の記念祭が開催されます。同窓会もC棟3階の書道室にて卒業アルバムや卒業生の著書などを展示します。
また協賛企画として水泳部OB会「豊泳会」60周年記念の展示もいたします。

豊泳会は今年発足60周年で、11月10日(土)には杉並区内で60周年記念同窓総会を開催予定です。

水泳部OBGの皆様ぜひ母校をお訪ねください。現役生徒は、今年のインターハイ出場を決めたり、六校戦でも女子は三連覇、総合3位と活躍しています。

記念祭の詳しいスケジュール等は母校のサイトをご覧ください。
記念祭のお知らせ

今月の豊多摩2018年9月

ちょっと涼しくなってきましたね。

もうすぐ記念祭です。

秋の記念祭では同窓会も展示を行います。

水泳部の豊泳会とのコラボレーションです。

他に同窓生の著作や卒業アルバムの展示を行います。
また、校歌祭の練習も行いますので奮ってご参加ください。
A棟3階書道室にて
公開時間は
8日10時から16時
9日10時から15時
校歌祭練習 8日15時から
もちろん現役生のクラス・クラブの展示もあります。ぜひご来場ください。

 

今月の豊多摩2018年8月

暑い日が続きますが、無事お過ごしでしょうか。

木陰が濃く強く出ています

ちょっと時期が早いですが宣伝になります。
9月8日、9日で記念祭があります。現役生の展示が見られます。

8日3時から11月の校歌祭に向けての顔合わせと練習がありますのでそちらもご参加ください。

生物部OB OG会 2017年11月

会報の記事として入手したもので、少し前に行われた生物部OB会です。

2017年11月18日、3年に一度の生物部OB OG会が
吉祥寺にて催されました。顧問の原先生と、高1期から
69期と大変巾広い世代の出席者があり、遺伝研究や
鳥、虫、園芸と、かつての部活や現代の活動を話題に
話が弾みました。次回は2020年に。
高26期 伊勢崎

平成30年度第1回評議員会開催のお知らせ

評議員の皆様には本日資料を郵送しました。内容をご確認の上、出欠の返信を必ずお願いします。ネットでの出欠に関しては、郵送した資料内に記載があります。
今回は3年に1回の役員改選があります。ご協力よろしくお願いします。(事務局)

73期生が入学しました(2018)

校庭の遅咲き桜も散ってしまったが、気持ちよく晴れた4月9日は母校73期入学式。

開式の言葉に続き国歌斉唱。例年通り新入生入場時の「威風堂々」、退場の「あしたには…校歌」を熱演する吹奏楽部でなく、ずっと前から音楽教諭が壇上でピアノ伴奏。日本独特の風景だろう。新担任からの入学者呼名。ほぼ全員が元気よく返答していた。男女共にブレザー、真新しい上履き。チラホラ坊主頭も。中学の運動部員かな。大西先生に代わって第25代新校長に就任された吉田先生は、我が校初の女性校長。まず「317名の入学を許可します」とひと言。続く学校長式辞では「文武両道、自主自立の伝統を受け継ぎ、3年間の限られた時間大いに勉強を。自分に合った学習法をどの教科にも向き合い高めて欲しい。部活や学校行事で築いた人間関係は卒業後も皆さんを支えます。まだ15歳、人生はこれから。そして他人に気遣いの出来る人になって欲しい。最後に本校での実り多い生活を祈っています」と結ばれた。女生徒による誓いの言葉「出会って間もない仲間たちだが、困った時は支え合いたい。伝統ある豊多摩の一員を自覚し努力する事を誓います」

学年主任で同窓会理事でもある村田先生はじめ新担任を紹介。

校歌紹介は昨年の合唱コンクール優勝クラスの新3年生が登壇。初々しい新入生とは対照的に、例のごとく好き勝手バラバラな恰好。ちょんまげ男もいる。だが四部合唱の歌声はきれいにハモッテいた。

諸君合格そして入学おめでとう!だが本当に楽しくのんびりした校風だからね。あっという間に卒業だよ。吉田先生のお言葉通り、まず勉強を!

写真、文:11期矢島

新年度ー同窓会からのお知らせ

新年度が始まりました。母校の大西校長先生は定年退職され、新たに吉田校長先生が着任されました。

3月17日土曜日母校にて評議員会が開催され、平成29(2017)年度の事業報告・および中間決算が承認されました。また、平成30(2018)年度事業計画案および予算案に
ついても審議され、議決されました。
この中で、来年度事業計画案および予算案では、高10期台の頃より金額が変わっていなかった「終身会費」について、学校・PTAのご理解をいただいた上で、高71期卒業時から
3000円の値上げが決まりました。終身会費の収入だけでは年間会計は半分ほどしか賄えず、残りは会員の皆様からのご寄付によるものです。日頃の皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

また、昨年度は、進学奨励のため返済不要の奨学制度を新設しました。制度がスタートした昨年度は3名に支給する方針を決定、会報にも掲載しました。しかし奨学委員会で慎重に審査した結果、家庭の経済状況と学業成績との総合判定で3番目の枠に2世帯が甲乙つけ難い状況で並び「1名分増やし計4世帯に支給せざるを得ない」という結論になりました。その後理事会、評議員会に説明し承認を経て変更を正式に決定しました。
奨学制度の原資として「奨学募金」を昨年9月に発行した会報紙上にてお願いいたしました結果、目標の300万円を大きく超えたことをご報告します。これにより、今年度の奨学制度では4名に奨学金を支給できる見通しです。次回の募金は5年後ですが、一般のご寄付共々引き続き、ご検討いただけましたら大変ありがたく存じます。