第27回校歌祭(2019)レポート

今年もやりました。伝統ある都立名門校が集い、校歌や応援歌を競い合う「第27回東京校歌祭」。しかし当日10月27日は晴天だったものの、台風、大雨など嫌な天気がが続いたせいか人数が伸びなかった。

特に35期の現職教諭で合唱部顧問坂口先生の熱心な働き掛けにより、一緒に舞台に立つ予定だった現役の諸君がドタキャンに。これは前日に終了しているはずだった中間テストが台風で順延になったため。

こんな訳で杉並公会堂と懇親会だけの参加者を加えても例年より少ない90名だった。それでも参加全21校のトップクラス、おそらく第1位だったのでは。

常連高4期の桑野先輩から高6期6名、11期10名、18期12名、20期9名、26期8名と続き初参加の45期の女性会員迄。そして同窓会藤井理事長、応援歌の作詞作曲者10期石田氏。総会で講演された作家の33期松村さん、今年も姫路から駆け付けた18期重森氏。PTA豊川会長、そして今回も指揮者27期の脇本氏はじめ、最年長の19期森田氏ら吹奏楽部OB会・むしの会有志の皆さんにリハーサル室での指導を含め大変お世話になった。ありがとうございました。

去年も最高動員数を誇った我が豊多摩は今年のプログラム表紙でも明らかだが、少数精鋭でぴっしと整列している他校と比べ“いかにも”の感じでバラバラに並ぶ。

これを40期宮内さんが精力的なオーバーアクションで指示しながら整列させると、慌ただしくピアノに駆け戻り開演。美しい4部合唱の校歌が始まる。3番はクラリネット、トランペット、ホルンそして2基のファゴットの演奏と全員のハミング。勇壮な応援歌「豊多摩の健児我等」にも21期神村氏のトランペットが鳴り響く。

因みに今年も名門新宿高と戸山高の音楽教諭としてピアノを弾いたのは我が同窓生の30期小峰、36期間下両先生。

昨年から豊多摩を意識して盛り上がった西高がオオトリを務めるので注目されたが、大活躍した指揮者のオペラ歌手?のソロは無し。聞けばプロなのでブラバンがバックでは歌わないそうだ。

そして会場全員が起立、「仰げば尊し」の大合唱でお開き。何度聞いても歌ってもいい曲だ!

荻窪駅南口の居酒屋での懇親会はこちらも昨年より減ったが、半数以上の50人近くが参加。やはり同窓会総会のノンアルコールビールとは潤滑油の濃度が桁違い。ほぼ貸し切り状態で3時間、「豊多摩校歌を歌う会」18期柳田事務局長の司会で自己紹介の後は老いも若きも飲めや歌えや!お開きはトランペットの伴奏で校歌斉唱。来年も会いましょう!令和2年10月25日(日)です!

そして今年も26期近野氏がYouTubeにUPしてくれた。司会者のトチリを含めバッチリ映っている。検索しても見方の分からない方はお孫さんにでも聞いてください。

文:11期矢島 写真:高4期桑野、11期末廣

今月の豊多摩 2019年11月

朝肌寒くなってきました。

ちょっと葉っぱが黄色くなってきたかな。

今年学校の授業の余禄でギンナンの配布があった模様です。

正門前に箱が置いてあり、果肉が付いたママの ギンナンが入った袋が箱に入っています。

箱には どうぞお持ちください。とあります。

袋についている説明には

説明文「豊多摩高校1年生が「人間と社会」な学習に集めたものです。」
何やら説明書きが

豊多摩高校1年生が「人間と社会」な学習で集めたものです。有効に活用して下さい。
*******
※食べすぎると中毒になることがあります。
※直接さわるとかぶれることがあります。

ご注意:これは11月10日時点での配布を確認したものです。
現在の状況についてご自身でご確認いただき、
学校に問い合わせるのはご遠慮ください。

カラー化した会報74号を発行しました

今号から、会報の仕様を大幅に変更し、これまでの新聞形式のB4判モノクロ12ページから、A4判オールカラー16ページで発行しました。伝統ある同窓会会報のデザインを踏襲しつつ、新たな試みや記事も盛り込みました。
ここ数年行っているインタビュー「同窓生の横顔」は俳優のイッセー尾形さんです。企画記事もいろいろ、楽しく読んでいただけるよう工夫を凝らしました。
皆様からの感想が次の製作の励みになります。ぜひご感想をお聞かせください。

http://toyotama.org/kaihou74/

なお、イッセー尾形さんの記事は会報に載せきれなかった写真も追加して、9月下旬ごろまでにこのサイトでお読みいただけるようになります。お楽しみに。

お詫び
本日までに感想をフォームからお寄せいただいた皆様
フォームの不具合が発生していたことが判明いたしました。9月2日~4日の間に感想をお寄せいただいた場合、同窓会に届いていないため、大変申し訳ありませんが、再度お送りいただけましたら幸いです。
ご迷惑とお手数をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
会報委員会・事務局

同窓会秋の3大イベントのご案内

9月になりました。秋の3大イベントのお知らせです。

その1・母校記念祭・同窓会展示室

9月7日(土)から2日間開催される母校記念祭。各クラスや文化クラブ、PTAやおやじの会等々が展示やイベント模擬店が賑わう文字通りの「お祭り」。以前学校側に校歌祭の練習場所提供を申し入れたところ、この場で同窓会のPRを兼ねたらと提案されたもので、恒例の卒業アルバム、会員の著書紹介、初日3時からの校歌祭の練習に加えて、今回の企画は「50年前、トヨタマで考えたこと」がテーマ。若い諸君はご存知ないだろうが70年安保闘争、大学封鎖など騒然としたなかで69年に起きた数日間の母校封鎖を当時在校生として何を考え、どのような討議が行われたか振り返り、未来に向けて高校生へのメッセージになればと企画。当時のプリントや日記も展示します。21期生から24期生の当事者の思い出を語り合う場になればと思い、多数のOB・OGにご覧頂きたいと思います。同時に、急逝された美術科石井先生と18期作家の橋本治さんの追悼展示もあります。何十年ぶりのトヨタマを、是非訪問して下さい。最終日8日は3時まで。 

その2・同窓会総会、懇親会

10月20日(日)1~4時 母校視聴覚室。会費1000円、67期以降の若手は無料招待。この1年の同窓会活動の報告等に続き記念講演は33期作家、開発コンサルタント松村美香さんの「老後マネー戦略家族」。同氏は「ロロ・ジョングランの歌声」で第1回城山三郎経済小説の大賞を受賞、世界を飛び回るコンサルだが、今回は国内が舞台の同名の書き下ろし小説がテーマ。先頃老後2000万円問題で大騒ぎになったが、老後や将来への不安を抱えた一家の財テク目標額は3000万円!崖っぷち中流家族の奮闘をコミカルに描いている。

1F生徒ホールに移っての懇親会では同時開催の同期会として恒例の高4、5期の先輩方をはじめ卒業してから50年の22期、還暦記念の29期、以下50歳になった39期、40歳の49期そしてTBC・放送部のOB会を予定している。現役の放送部は数々の全国コンクールで優秀な成績を残しているが、OB会は世代ごとのブツ切れ、まだら状態。この機会に是非お集まりを!

その3・校歌祭、懇親会

10月27日(日)2時杉並公会堂集合。旧制府立中学の伝統ある都立高校が集い、校歌や応援歌を競い合う第27回東京校歌祭。会費無料。リハーサル後、その1や2でも会場を飾った大幟と校章入り黄色いスカーフ(500円・受付)姿で3時頃登壇、指揮者の脇本氏ら吹奏楽部OB・むしの会有志の伴奏で美しい校歌と勇壮な応援歌を披露。会場に一番近い学校としてトップクラス100名越え参加を期待している。昨年から豊多摩への対抗意識か盛り上がっている西高の伴奏で「仰げば尊し」を合唱してから5時前には荻窪駅前の昨年と同じ居酒屋で懇親会。3000円会費で本物のビールやアルコール類が何と飲み放題です‼

11期矢島

今月の豊多摩 2019年8月

お盆休みはいかがだったでしょうか。
数週間前の暑い盛りの写真になります。

Exif_JPEG_PICTURE

9月になると同窓会報がお届けできると思います。
また9月7日、8日には記念祭です。大手を振って母校に入れる数少ない機会ですのでお出かけください。