創立50周年!第33回 むしの会吹奏楽団演奏会のお知らせ

今年は吹奏楽部OB会「むしの会」創立50周年です。
むしの会の有志による「むしの会吹奏楽団」が集結して、第33回 むしの会吹奏楽団演奏会を開催します。

母校吹奏楽部の生徒さん達も参加し、コンクール前に練習の成果をご披露いたします。ぜひご覧ください。

日時:2017年7月23日(日) 14:30 開場/15:00 開演
会場:ルネこだいら(小平市民文化会館)大ホール
料金:入場無料

演奏曲目:
アイダグレンの伝説(エド・ハックビー)
カンタベリー・コラール(ヤン・ヴァン・デル・ロースト)
オリエント急行(フィリップ・スパーク)
交響組曲「ハリー・ポッター(賢者の石)」(ジョン・ウィリアムズ)
宇宙のかなたから(高21期神村氏作曲!)
ジャパニーズグラフィティⅩⅠⅩ「ザ・ドリフターズメドレー」(編曲/星出尚志)

現役生徒によるコンクール課題曲・自由曲の演奏

主催:むしの会吹奏楽団(東京都立豊多摩高等学校吹奏楽部OB会)

演奏:
むしの会吹奏楽団
東京都立豊多摩高等学校吹奏楽部

指揮:谷田部(高22期) 柴野(高41期) 松谷(高67期)

ラグビー部創部70周年記念式典のお知らせ

ラグビー部OB会よりお知らせです。

ラグビー部創部70周年記念式典のお知らせ

ラグビー部は創部70周年を迎えます。全国大会1回、関東大会6回出場の輝かしい歴史と伝統と共に少子化の中、今後も単独校として永続し現役が活躍・躍進する事がOB会全員の願いであり会員からの年会費にて継続的な支援を行っています。今般、記念事業として記念式典・祝賀会を下記の通り開催致します。OB会員・同窓会・ご父兄他ご賛同の皆様には記念式典・祝賀会へのご出席と記念事業へのご寄付のご協力をお願い申し上げます。 OB会 太田(高8期)

 ●日 時 :平成29年3月26日(日)15時より
 ●会 場 :吉祥寺 東急REIホテル(旧東急イン)
 ●募金方法:OB会員;1口5千円を2口以上 一般;1口5千円を1口以上
       専用口座:みずほ銀行京橋支店 普通2642600 口座名義:豊多摩ラグビー部OB会70周年記念

お問い合わせは70周年記念事業実行委員会 事務局 高34期・恒屋さんへ。問い合わせ先につきましてはリンクスお問い合わせフォームよりお願いします。

ラグビー部OB会はFacebookからもコンタクトできます。
https://www.facebook.com/ToyotamaRugby/

母校吹奏楽部演奏会のお知らせ

母校吹奏楽部の演奏会「第7回 ソロの調べ」が開かれます。
同部OBも演奏指導をしてくださっているとのこと。ぜひお聴きください。

第7回 ソロの調べ
2016年12月18日(日)開場14:00 開演14:30 浜田山会館 入場無料 全席自由
主催:母校吹奏楽部 後援:むしの会(同部OB会)

むしの会演奏会2016レポート

8月13日暑い土曜日に母校吹奏楽部OB会「むしの会」第32回演奏会が開かれた。会場は少し遠い三鷹市公会堂。第1部は全員黒ずくめの正装。意表を突く演出で指揮者は若い女性、高67期の松谷さんが登場しコンテストマーチ「マーキュリー」を披露した。しかし若手OBは別として、年ごとに演奏者の白髪や額の後退が目立つ。高22期谷田部会長の挨拶によれば「(衰えを感じている)先輩たちが果敢に音楽に取り組み、楽しく演奏する姿は後輩たちを大いに奮い立たせてくれます」とある。

第2部は現役部員たちが登場。府中の森芸術劇場で行われた東京都吹奏楽コンクールで銅賞を獲得した練習の成果「マーチ・スカイブルー・ドリーム」「With Heart and Voice」を演奏。13名の新人と本来なら引退する3年生も数名加わった約30名、例によって主力は女生徒だが、男子も少し増えたようだ。白Yシャツに赤ネクタイ、黒ズボンで若々しく熱演すると、素人耳にはOBと比べても遜色ない。

現役部員の演奏
現役部員の演奏

第3部は恒例のポップスパレード。各パート毎のラフな服装で活き活きと演奏。プログラムの締めは、すぎやまこういち作曲「ドラゴンクエストによるコンサートセレクション」。

ところで椙山氏といえば弟(高9期)と2人の妹(12、13期)がいずれも豊多摩同窓生で、文化放送勤務時代の同氏には我々TBC・放送部員がお世話になった、なんて話は知らないだろうなぁ。

それはともかく、アンコールの最初は「チキン」。ジャズセッションの熱気に包まれたまま、豊多摩高校校歌。ピアノは現役顧問で音楽科教諭の木谷先生がドラクエに続き担当された。
まず一番を演奏すると、最前列の現役諸君が振り向き会場の関係者と共に校歌斉唱。以前の楽器を置いて自分達だけで歌った頃と比べ格段の進歩。むしの会は普段から現役部員の指導に励んでいるそうだが、両者の絆を一段と感じさせた。

明るくゴージャスな演奏の第3部
明るくゴージャスな演奏の第3部

だが、同じように吹奏楽部OBが演奏する「西高の夕べ」と比べると、音楽的には甲乙付けがたいと思われるのだが、PR面では片や杉並区後援で区広報紙に掲載。当方はせめて今後の一般観客を増やすためにも「次回のお知らせを差し上げますから、よろしかったらお名前を」と参加者名簿の積極活用の検討を。そして同窓会の支援、結び付きも比べものにならない。物理的に総会とのコラボは無理としても、せっかくのイベント、同窓会としても活用すべきだろう。まずはともあれ、来年のむしの会定期演奏会には是非足をお運びを。きっと満足するコンサートですよ!
高11期矢島

お疲れさまでした!
お疲れさまでした!

むしの会の皆さんには、いつも素晴らしい演奏を聞かせていただいています。まだ聞いたことのない方、来年はぜひ!そして現役部員の応援をお願いします。(高36期嶋林)

天文部OBG会総会が開かれました

今年も恒例の天文部OBG会総会が学校で開かれました。高26期石黒さんからのレポートです。

2016年度OBG総会報告

2016年8月27日(土)母校にて天文部OBG総会を開催しました。
当日は、あいにくの雨。悪天候にもかかわらず、OBG関係者(家族)17名、顧問、現役生5名、合計23名が集まりました。天文台での星空観察は、残念ながらできませんでした。
OBGの現況報告をして頂きましたが、もう年金暮らしのお年寄りから、大学の天文部に入った若い卒業生まで(高4期~67期)幅広い現況報告でした。
記念祭で現役生が天文台の歴史を発表するとの事。それに合わせて、天文台の歴史をテーマに懐かしい写真の投影をしてOBGが在校時の逸話などを披露して現役に説明(自慢話?)しました。星は、見れませんでしたが、OBGと現役の楽しい親睦の場となりました。

今回、OBG総会開催にあたり、校舎使用許可などにご尽力頂いた、濱田先生と会場の準備などを手伝ってくれた現役諸君にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

詳しくは、天文部OBG会のHPでご覧ください。天文部OBG会公式サイト

天文部OBG会2016年度総会のお知らせ

今年も天文部の天体観測の日が近づいてきました。天文部OBG会からのお知らせです。

豊多摩高校天文部OBG会2016年度総会のお知らせ
2016年8月27日(土)豊多摩高校B棟3階旧地学室&講義室にて18:00~20:30に総会を開きます。

会費:社会人1500円、卒業した学生1000円

天文台の30cm望遠鏡で土星の輪やアルビレオの色彩コントラストを是非お楽しみください。(高26期石黒)

詳しくは天文部OBG会のサイトをご覧ください。
豊多摩高校天文部OBG会

総会2015は185名が参加しました

総会に集まった皆さん
soukai2015 (16)

日付が変わる直前に木枯らし一号が吹いた10月最終日曜25日。日差しには恵まれ、今年も母校での同窓会総会開催となった。

受付の様子、名札を書いています
soukai2015 (9)
今回から受け付けを広々とした一階玄関に設けたので、参加者のネームプレート記入、ワンコイン寄付者を中心に先着順で園芸部OB会が提供した母校のギンナン手渡しなどもスムーズに。

受付の様子、豊多摩産のぎんなん配布中
soukai2015 (11)
定刻1時から少し遅れて総会は高3期羽山氏の指揮、校歌斉唱でスタート。
校歌斉唱
soukai2015 (12)
藤井理事長挨拶
soukai2015 (13)藤井理事長挨拶に続いて、来賓の現職校長奈良先生のご挨拶「4年目になる、一番の自慢は今いる生徒たちだが、同窓会の支援には学校を代表してお礼を申し上げたい」と述べられたあと、あるエピソードを披露された。この夏他校の校長から“豊多摩はすごい”と電話があった。東京都交響楽団の出演者名簿に出身高校を明記しているのは、わが校の2名のみだという。調べてみると、いずれも東京芸大へ進んだホルンの有馬氏とパーカッションの西川さん。母校愛の象徴として、現役の生徒にも話されているという。

奈良校長先生挨拶
soukai2015 (15)さらに、昔は“なまけの森”などで授業をさぼっても大目に見られていたそうだが、今の豊多摩は好き勝手な自由を謳歌するのではなく、責任を伴う自主自律だと強調された。
会務報告はずいぶん古い昨年度に加え、今年上半期の中間報告も。

藤森さんの講演を聞く皆さん
soukai2015 (19)
講演者の藤森さん
soukai2015 (17)記念講演は高47期歯科コンサルタント藤森直子さんによる「知ってそうで知らないお口ケア~歯周病のはなし~」
独協大学卒業後一般企業に、営業成績は全国1位となったが、感ずるところあって退社。
歯科衛生士の資格を取り、渡米。ニューヨーク大学歯学部卒業後、10年間各地の歯科医院でキャリアを重ねて3年前に帰国。
講演では「日本人のデンタルIQは極めて低く、口腔内はまるで発展途上国並み。お口の健康は長生きの秘訣」と前置きして、成人の80%が歯周病患者でしかも半分が自覚無し。
このままでは虫歯は無くても歯を失い、全身疾患に繋がると警告。
さらに朝食後より起きたらすぐ歯を磨くこと。食後も3分以内はダメで、30分後のほうが良い。などなどの“常識”を覆すような話が続き、質疑応答では校長先生はじめ、中高年の
会員から熱心な質問が寄せられた。

このあと生徒ホールへ移動、懇親会へ。長く母校の教諭を務められた高5期横倉先生のご発声で乾杯。これまで減り具合が分からず、飲み残しが多かった缶に代わって小ビンが登場。 同じノンアルコールでも、より本物らしく各テーブルは盛り上がる。
高5期生で長く母校で地学を教えられた横倉先生の乾杯のご発声
soukai2015 (20)
恒例のサンドイッチ、助六寿し、菓子類などでの歓談の模様は桑野、末廣両カメラマンのアルバムをご覧頂きたい。
ところで参加者は先生方やPTA熊本会長など来賓十数名を加えても昨年より少ない185名。
定例化した高4、5期の先輩は15名、同期会を呼び掛けた高15期は24名、すでに昨年卒業50年の集まりを別にやってしまった高18期はそれでも19名。還暦記念高25期14名、50歳の
高35期は32名が集まった。そして昨年に比べ40期台が10名近く増えたものの50期以降は壊滅状態。特に63期からの若手は会費無料にもかかわらず、高67期くんが只一人。
僕なら万難を排して駆けつけるんだが。

文:高11期矢島  写真:高4期桑野、高11期末廣

画像をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
タイトルはおおよその期を表しています。違う期の方も写っています。ご了承ください。