12期会員の個展ご紹介

12期の洋画家髙井さんの個展が今年も開かれます。

12期の洋画家髙井さんの個展が今年も開かれます。

## 髙井眞 個展 -親・安曇野-

* 6月18日(木)~24日(水) 12時~18時(最終日17時迄)
* [リベストギャラリー創](http://www.libest.co.jp “リベストギャラリー創”):吉祥寺東町1-1-19 電話 0422-22-6615
* 吉祥寺駅北口、五日市街道渡って左へ。


大きな地図で見る

### 髙井さんからのメッセージ

髙井眞個展-親・安曇野-ポスター
髙井眞個展-親・安曇野-ポスター

> 多くの方々の支援のお陰で今回は50回目の個展となります。安曇野の春・秋・雪の風景を中心に30点の出品となります。また、11期の友人達が、20日(土)17時過ぎに集まり、その後会場を移して会食されるそうです。今回は50回展なので20名以上が集まるかもしれないそうです。ご興味のある方は、ぜひ会場へお越し下さい。

吹奏楽部OB会定期演奏会レポート

–吹奏楽部OB会「むしの会」が6月17日(日)セシオン杉並で定期演奏会「第23回むしの会吹奏楽団演奏会」を行いました。レポートが届いています。

6月17日良く晴れた日曜の午後、セシオン杉並で母校吹奏楽部OB会「むしの会」第23回演奏会が開かれた。
会場には、校歌祭常連の櫛部、吹奏楽部初代顧問の山本、同顧問の杉浦各先生方はじめ、杉澤理事長ら同窓生も数多く、満席に近い入り。
指揮は前半のクラシック系が同会の谷田部会長22期、後半のポップス系は自らトランペットのソロも披露した53期三浦さん。

出演は19期クラリネット森田おじさんから、60期代の現役まで60数名。
途中、現役部員のみの演奏もあったが、圧倒的に女生徒が、しかも1年生も多い。
揃いの白ワイに赤タイ姿は、浜田山周辺で見掛ける化粧慣れした上級生に比べ清楚で初々しい。まさに映画「スウィングガールズ」の世界。

校歌を歌う会山崎会長や、自身の演奏会と重なった作曲家46期福田君らのお祝いメッセージも伝えられ、プログラムは進む。
トロンボーンの30期清岡君がジャズの名曲を吹奏楽風にアレンジしノリノリで指揮するや、客席からも大きな手拍子で大盛り上がり。
アンコール曲も終わり、やれやれ・・と、再びおごそかに演奏が
「おぉ!校歌だっ!」ジィーンと来たね。これぞ豊多摩のアイデンティティーだ。
隣席の学友も思わず口ずさんでいる。

演奏をバックに司会の45期今鷹さんの挨拶も良かった。
「世代は様々でも、楽器と豊多摩という共通の輪がどんどん繋がって欲しい」
といった趣旨。
豊多摩で楽器と勉強やっとけば良かった。カラオケなら得意なんだけど。

会員の個展ご紹介

–13期の栗原さんから、今年も個展のお知らせが届きました。

  • 栗原成和(クリハラ・マサカズ)の水彩画展2007
  • 日時 2007年6月11日(月)~17日(日)
  • AM11:00~PM7:00<但し最終日はPM4:30まで>
  • 場所 ギャラリー近江

       

    •   東京都中央区銀座6-9-16 ロシュビル1F
    •    

    • TEL 03-3571-6480
  • 栗原成和の水彩画画廊