訃報

悲しいお知らせが相次いでありました。

母校教員であった櫛部浄義先生が1月9日に逝去されました。昭和23(1948)~42(1967)年の19年間数学の教鞭をとり、ご指導くださいました。
教会式で告別式が執り行われたとのことです。
旧制二中・立川高校出身の先生は毎回「東京校歌祭」に参加、両校の舞台に立っておられました。
また広尾高校、武蔵野北高校(初代)校長を務められました。

元理事で園芸部OB会「どんこう会」代表の高4期大西路男さんが1月13日に逝去されました。
大西さんは、長く同窓会理事を務められ、特に平成18(2006)年までの13年間は会報委員長として多くの取材をされました。また、園芸部OB会「どんこう会」の代表として昨年まで月に2回の母校美化活動の中心となられ活動してこられました。
通夜・告別式は1月19日(金)・20日(土)に東京・荻窪の光明院で。問い合わせはTEL:03-3390-4647。

お二方のご冥福をお祈り申し上げます。

訃報 高3期羽山氏通夜告別式について

8月9日逝去された同窓会元理事、高3期羽山忠良氏の通夜葬儀が16・17日に執り行われ、母校関係者も多数参列した。
会場の代々幡斎場には同窓会藤井理事長、高3期評議員大山氏はじめ同期の先輩方、応援歌の石田氏ら「校歌を歌う会」の面々、それに長年医務部を担当された東京校歌祭からは他校の幹部の方々も。
改めてご冥福をお祈りします。
11期矢島

訃報 高3期羽山忠良氏 ご逝去の報

同窓会元理事で「豊多摩の校歌歌う会」会長だった高3期羽山忠良氏が肺炎の為8月9日逝去されました。享年85歳でした。

通夜:8月16日(水)18時~
葬儀告別式:同17日(木)10時~
会場:代々幡斎場 〒151-0066 渋谷区西原2-42-1   TEL03‐3466‐1006
京王新線「幡ヶ谷」南口6分
喪主:長男 享宏(タカヒロ)氏

東京校歌祭では医師として第1回から長年医務部を担当されました。

謹んでご冥福をお祈りします。


豊多摩リンクスでは同窓会とゆかりのあった方の訃報をお知らせしています。また、同窓会に寄せられた恩師、卒業生の訃報情報は「会報」に掲載しています。

同窓会総会約140名が参加しました

10月30日(日)午後、同窓会総会が母校にて開かれました。
会員と来賓合わせて140名ほどが参加し、賑わいました。
レポートと当日の様子は後日お知らせします。

同窓会総会、本日母校にて開催です

秋の三大イベント、とりを飾るのは、同窓会総会です。
本日10月30日(日)13時から16時まで、母校にて開催されます。参加費1000円、当日参加大歓迎です。事前予約していなくても大丈夫です。
この機会に母校を訪れてみませんか。なお北門は12時半~14時までの開門です。ご注意ください。車での来校はご遠慮ください。
会務報告の後に高3期本山さんの講演会「アメリカ半世紀(半生記)」があり、その後懇親会があります。
縦割りでいろいろ期の方々との交流ができます。恩師の先生方も参加されますので、ぜひ母校へお越しください。
(総会委員会)

高6期会員展覧会のお知らせ

高6期窪田さん(評議員)も出展する「日本きりえ美術展」が開かれます。

日本きりえ協会が主催し39回を迎えたこの美術展は作家の自主性を尊重した公募展で窪田さんは毎回出展しているそうです。

会場:東京都美術館(上野公園内)
会期:11月26日(土)~12月3日(土)  9時半~17時・最終日14時まで
入場料:600円/学生300円/中学生以下無料

kubota2016_shimin

もう一つは府中市民芸術文化祭です。
会場:府中市美術館1F市民ギャラリー
会期:10月26日(水)~10月30日(日) 10時~17時・最終日16時まで
入場無料



kubota2016_kirieきりえ美術展は、窪田さん提供の招待券が同窓会事務局にあります。
希望者はメールjimu@toyotama.orgかFAX03-3398-3746で申し込みください。

前理事長、杉並区戦争戦災証言集に寄稿

4月に杉並区が戦後70年事業として編纂した「区民の戦争戦災証言記録集」が発行されました。1993(平成5)年に発行されて以来、23年ぶりになる記録集、戦争戦災を体験した方々が戦後70年を経て高齢化していく中、貴重な証言を集めたとのことです。

杉澤前理事長(高4期)は杉並第六国民学校(現・杉並第六小学校)5年生の時に宮城県へ疎開した時の思い出を寄稿されました。
この証言集はPDFで読むことができます。

区民の戦争戦災証言記録集
※杉澤前理事長の証言は50ページに写真付きで掲載されています。

追記
1993年に発行された「平和を願って 区民の戦争・戦災体験集」には、高4期の元理事、大西さんの文章も収められています。
平和を願って 区民の戦争・戦災体験集