平成28年度同窓会総会(2016)レポート

 恒例の10月最終日曜23日、28年度同窓会総会が母校で開催された。来賓の大西校長、飛田副校長両先生はじめ野上PTA会長、お世話になった先生方10名、会員130余名が参加した。

 古澤事務局長の司会でまず校歌斉唱。高3期羽山氏指揮、35期現職教諭坂口先生のピアノ。藤井理事長に続いて挨拶に立たれた大西先生は「24代校長として雪谷高校から着任した。同窓会の支援に感謝すると共にPTAらと協力して生徒を育てて欲しい」と語られた。会務、会計報告に続き、目下理事会の最大検討テーマである進学奨励金について、作業部会担当の川原口理事から骨子の説明があった。この新制度は返済不要の給付型で来年度のスタートを目指している。

記念講演は米ピッツバーグ大学名誉教授で、高3期本山悦郎氏による「アメリカ半世紀(半生記)」

まず豊多摩の思い出として、スマートな校歌が初披露された日の興奮。文武両道の黄金時代で東大にも数10人が合格、自身も山岳部キャプテンとして冬の富士山登頂を成功したことなどを挙げられた。

友人の影響で生物や医学に興味を持った事が、その後の人生を決定した。千葉大医学部からフルブライト基金の留学生試験に合格してペンシルベニア大へ。ほんの1年程度のつもりが、半世紀を越えてしまった。目を見張るばかりの桁外れに豊かな超大国アメリカが、ベトナム戦争を機にみるみるうちに凋落、日本の庶民の方が贅沢に思えた時期もあった。トランプ現象にも話題が及んだが、今でも1万人以上の中近東からの難民を受け入れていた移民大国アメリカ。幼児期から自己表現を訓練させられ、学歴の有無にかかわらず大勢の前で立派に喋ることが出来る。

見ず知らずの他人の子でも差別なく人前でほめ、諭す。時折帰国すると、電車の中で子供が泣き叫ぶ声を聞き”あー日本なんだな”と実感する。

等々予定時間をオーバーして熱弁を振るわれたが、留学生が激減していると嘆いておられたようにオールドボーイよりも現役の諸君に聞かせたかった。

この後会場を生徒ホールに移し、ノンアルコールビールと高級茶菓子の懇親会。

中1期桝谷氏はじめ、中3期宮部、福島両氏ら高5期までの大先輩が20名を超えた。そして今回もお約束通り20期以降が寂しくなり、30期以降は50歳記念の呼び掛けに応じて女性を中心に14名が集まった36期以外は各期1名が目立ち始め、40期台は僅か2名、50、60期台に至っては、所用で昼から早退した役員1名の他は影も形も無し。

卒業後半世紀の19期が25名、還暦の26期は8名と今回も呼び掛けに応じた諸君に辛くも支えられている。わが校だけの深刻な問題ではないが、連中の無関心。何とかならんかね。ノンアルコールより遥かに盛り上がる本物のビールが飲める外部の会場とか、大むかしダンスパーティが賑わったが、昨今の独身貴族増加対策を兼ね婚活パーティ案も飛び出しているけれど、若人のアイデア大募集!

そして、同期の友人ゼロ、つまりたった1人の参加者だった君が、あなたがこれに懲りず来年も総会へ、願わくば友人を誘って来てほしい。

(写真:高4期 桑野、文:高11期 矢島)

第24回東京校歌祭(2016)レポート

2016年10月23日に開催された東京校歌祭のレポートをお届けします。写真は高4期 桑野さんより頂きました。ありがとうございます。


地元の杉並公会堂で3回目となる「第24回東京校歌祭」。

参加者は昨年とほぼ同じ三桁を達成した106名!旧制府立中学の名門伝統校の中でも堂々のトップクラス。但し登壇したのは80余名。何しろカメラマンだけでも数人いたのだ。

11期など常連がやや少なかったものの、高3期の池田、大山両大先輩はじめ初参加が約30余名にも達した。特に若手が自主的に参加しているのも頼もしい。

また新たに府立第七高女・小松川高校と府立第二十一中・武蔵丘高校の両校がメンバーに加わった。なかでも武蔵丘の前同窓会長は、かって豊多摩の校長を務められた渡辺先生なのだ。

今回も最長老クラリネット森田氏ら吹奏楽部OB「むしの会」有志による楽器演奏。指揮者兼ホルンの脇本氏は、校歌3番の演奏と出場者のハミングが終わるや楽器を置いて指揮者に戻る忙しさ。ピアノを担当された音楽教諭木谷先生や35期で現職の坂口先生。PTA、OB会や「おやじの会」、同窓会からは藤井理事長、古澤事務局長らオール・トヨタマ!

特別参加の東大、一橋、早慶4校の校歌を聞いてから荻窪駅前の居酒屋に移動して大懇親会。例年よりやや少ない50名止まりだったが、3000円会費で釜飯付きフリードリンク。3時間たっぷりと懇談した。フィナーレはトランペット神村氏の演奏で校歌斉唱。

ほんとに楽しい校歌祭だったが、恐れていた事態が。杉並公会堂の予約抽選は実績のある西高にお願いしていたが、来年分は見事に外れたのだ。小松川高の紹介で辛くも次回の会場は確保出来たものの、2017年は10月1日(日)に遥かなる「サンパール荒川」とやら。同高には感謝すべきだが、ほぼ全ての豊多摩生が知っている杉並公会堂とは全く状況が異なる。会報や案内状では丁寧に説明するつもりだが、脳トレを兼ねて初めての土地探訪へ是非チャレンジを!それにしても年々確実に厳しくなる公的会場の確保。寮歌祭を引き継いだ日比谷公会堂なら優先的に割り当てられていたのだが。今更ボヤいても仕方ないが、これからは年毎に見知らぬ土地をさ迷う事態になりかねない。

ところでカメラマンの1人26期荒木氏が、撮影した動画をYouTubeに公開している。同窓会公式HPである当リンクスではお見せ出来ないが、”豊多摩高校校歌 第24回”で検索するとバッチリ!回数を入れなくても、過去の校歌祭の模様や応援歌がYouTubeに登場している。

(写真:高4期 桑野、文:高11期 矢島)

第68回卒業式レポート

3月12日寒い土曜日に母校の第68回卒業証書授与式・卒業式が執り行われた。正門のひときわ大きい日章旗の傍らで、18歳からの選挙権を意識してか政党ビラを配る外部の一団も。

卒業式-正門
卒業式-正門
卒業式-入場、「威風堂々」演奏
卒業式-入場、「威風堂々」演奏

珍しく男子生徒が指揮する吹奏楽部の「威風堂々」でアリーナに入場する卒業生は314名。例によって服装自由を思いっきり謳歌。男子は背広が殆んどだが、ときおり紋付羽織袴。女子は上履きのスニーカーに振袖袴姿がメイン。お手製なのかドレスもいる。

卒業式-卒業証書授与
卒業式-卒業証書授与

今回は8クラスと人数が多いため、卒業証書はクラス代表がまとめて受け取る形式に戻り、名前を呼び上げる担任のうち2名の女性教諭は、申し合わせたのか袴姿で、さすがに草履ばきだった。生徒たちも点呼にはっきり応えており好感が持てる。

卒業式-校長祝辞
卒業式-校長式辞

奈良先生による校長式辞。着任して4年が過ぎようとしているが、数名の生徒が一緒に弁当をと校長室に押しかけた?エピソードや逆境をどう受け止めるかを詠った詩の紹介。そして間違いなく大きな区切りの日なので、帰宅したらご家族に有難うと言うこと。時として軽視されるが諸君の明るさ、真面目さ、誠実さを決して失ってはいけないなどと述べられ「本当に有難う。さようなら!」定年退任が囁かれる同先生の万感の想いをこめられた結びの言葉だった。

学友会長による送辞に「大切な3年間を豊多摩で過ごせたことを誇りにしたい」と代表答辞。

卒業式-「あなたに」朗読
卒業式-「あなたに」朗読

3人の女生徒による谷川先輩が贈ってくれた詩「あなたに」の朗読と例年通り進行し、校歌合唱は一番だけだったが、卒業の歌として「3月9日」「旅立ちの日に」はたっぷり。できれば「仰げば尊し」をやって欲しいところだが。ところで新卒業生の中に校歌の作曲者山田耕筰氏の玄孫(やしゃご・孫の孫)がいて、同伴の祖母の方に10月23日の校歌祭案内を差し上げることを約す。

卒業式-家族席に向かい…
卒業式-家族席に向かい…

会場の拍手と校歌吹奏に送られて退場する卒業生は各クラスごとに家族席前で横一列に並び感謝の一礼。ちょぴり泣かせる演出だった。

今回はちょび髭を生やしたのがいた程度で、以前のモヒカン刈りもどきのような素っ頓狂な目立ちたがり屋はいないし、生徒主催による芸人まね事の悪ふざけ大会も前日に分けたことにより、厳粛にして明るくいかにも豊多摩らしい卒業式だった。

(11期 矢島)

第23回東京校歌祭

11月3日杉並公会堂には今年も参加校トップクラスの100余名が集まり大盛況でした。

詳細は後日掲載します。

秋の3大行事へのお誘い

体温なみの熱風が、いつの間にか涼風に。早いもので、同窓会三大イベントの季節到来です。

母校記念祭

9月12日(土)13日(日)10時~16時、日曜は15時まで。

今年も書道室を「同窓会展示室」として卒業アルバム、会員の著書など多数展示。特別企画として園芸部OB会「どんこう会」の活動を紹介します。先輩からのメッセージは歯科医、歯科技工士の方々から頂きました。12日15時からは校歌祭のリハーサルを予定しています。 PTAおやじの会の皆さんも恒例の「おやじ食堂」を中庭にテントを張り出店します。

同窓会総会

10月25日(日)13時~16時

母校視聴覚室と生徒ホールで。会費1,000円ノンアルコールビール多数(63期以降の若人は無料)。記念講演は47期歯科コンサルタント藤森さんの「歯周病のはなし」。同時開催の同期会は中1~4・高1期。高4、5期、卒業50年の18期。60歳の25期はじめ35、45期の皆さんです。

東京校歌祭

11月3日(祝)12時30分集合

旧制府立中学の伝統校が集い、校歌、応援歌を競い合う校歌祭。23回を迎えた今回も地元「杉並公会堂」で開催です。会場の都合で会費は無料ですが、15時頃から近くの居酒屋を貸しきって懇親会を行います。同じ学び舎で同じ校歌を歌った定時制の皆さんの参加も大歓迎です。

高6期個展のお知らせ

高6期 窪田俊子さんの「きりえ」展が開かれます。

第20回 窪田俊子個展

会期:9月4日(金)~12日(土)午前10時~午後5時半(最終日3時半)
会場:府中グリーンプラザ分館1階 京王線府中駅5分 けやき通り ガード下
入場:無料
後援:日本きりえ協会 東京きりえ美術会 KK田中和紙

窪田さんは30年近く切り絵教室を主宰、お弟子さんは毎回20名を越えている。
ハサミと和紙を使う切り絵は神経を指先に集中し、認知症予防にも役立つと語っておられる。

【第一報】東京校歌祭、杉並公会堂で大盛況!

11月1日 初めて杉並公会堂で開催された東京校歌祭。
あいにくの雨のなか奈良校長、飛田副校長両先生はじめ、わが豊多摩は120名が結集、参加校のなかでもトップクラスの
大盛況だった。

写真とレポートは後日掲載します。