22期会員公演のお知らせ(ご本人メッセージあり!)

高22期の俳優、イッセー尾形さんの一人芝居のお知らせが届きました。

最近ではNHKの時代劇ドラマ「アシガール」(脚本は高29期の宮村優子さん)、朝ドラ「まんぷく」に出演されました。
今年は2年ぶりの一人芝居です。

妄ソー劇場 文豪シリーズその2
出演 イッセー尾形
演目 ゴーゴリ―「外套」横光利一「機械」川端康成「浅草紅団」太宰治「斜陽」佐多稲子「女店員とストライキ」
開催日時 2019年6月29日(土)19:00開演(18:30開場)・6月30日(土)15:00開演(14:30開場)
場所 練馬文化センター 小ホール[つつじ]
料金 全席指定 5,000円

今回特別にイッセー尾形さんから、メッセージをいただきました。全文掲載します。

豊多摩を卒業して五十年!どう考えたってはるか昔ですが、アッという間に記憶は蘇ります。
夕方、サッカーの部活が終わると土の匂いが俄にしてきましてね。なんとも言えない淋しいような懐かしいような、郷愁を誘う香り。これが数ある記憶が三角形だとしたらその底辺です。そんな気がします。
当時は第一グラウンドと呼んでいて、硬式野球とラグビーと共に陣地の取り合いでした。
三種類のボールを追いかける「豊多摩の青春」があったんですねエ。
「瞼を閉じると」なんてよく言われますが、そうすると、まざまざと豊多摩が現れます。
正門を入ると両側には銀杏並木。左はテニスコートの第二グラウンド。その奥になまけの森。さらに進むと右手に第一グラウンドが広がり、ラグビーのポールがこっちと向こうに。さらにその向こうには、白色だったかな、プレハブ校舎。目を右に向けると鉄筋校舎。そして体育館。さらにプール。
ここからは見えないけど、プールの下には各運動部の部室があって、我がサッカー部の壁には「ローマは一日にして成らず」と英語で書かれていました。初めてそれを見た時に、ああ、群制度で進学校に入っちゃったんだなあと思ったものです。
プールの左向かいに美術室のある、やっぱりプレハブ校舎。入り口には大きなプラタナスの木があって、真下から見上げて絵を描く北條聡先生の授業もありました。何を考えたんだか空を紫色に塗ってしまって「失敗したあ」と眺めたもんです。
そこから先に進んで校舎に入り三年A組に上がると我がクラス 。

たかが三年間ですが、永遠ですね。豊多摩。

3月16日土曜日評議員会について

評議員の皆様へ
3月16日(土)評議員会が開催されます。すでに事前資料をお送りしています。
評議員会は最高議決機関で、今回は、同窓会の今年度の事業、決算の承認、次年度の事業計画案、予算案の承認をお願いしています。
当日ご欠席の方も必ず出欠をお知らせいただき、欠席の場合は委任状のご提出をお願いします。
インターネットでの出欠も受け付けていますので、内容確認をして所定の場所から返信してください。
御協力をお願いします。

出席の方、評議員会後茶話会をいたしますので、ぜひご参加ください。

事務局

3月9日母校卒業式が行なわれました

穏やかな晴天のもと、高71期の皆さん315名が卒業式に臨み、母校を巣立ちました。
同窓会からは、理事長ら役員が来賓として出席し、卒業を祝いました。またそれに先立ち、前日には理事長と副理事長が同窓会入会式を行い、全員入会を歓迎しました。
ご卒業おめでとうございます。

*卒業式レポートは後日掲載します。

橋本治さん逝去

高18期の作家・橋本治さんが1月29日に逝去されました。
新聞報道によりますと、肺炎のため午後3時9分に都内の病院で亡くなられたとのこと。70歳。

2017年9月から18年6月まで、読売新聞で尾崎紅葉の「金色夜叉」をベースにした「黄金夜会」を連載されました。
ご冥福をお祈りいたします。
(事務局)

2019年 理事長年頭のご挨拶

豊多摩同窓会の皆様へ 

明けましておめでとうございます。
本年もご家族の皆様と健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

昨年を振り返りますと恒例の清水寺貫主の今年の漢字「災」に尽きると思います。
水害、台風、猛暑、地震と自然災害に例年になく数多く見舞われました。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。今年は災い転じて福と成すと只々願うばかりです。

それでもスポーツ、文化面では沢山の明るい話題が有りました。

平昌オリンピックでは羽生選手を代表にメダル13個を獲得する大活躍
テニス界では大坂なおみ選手が全米オープンで優勝
大谷翔平選手が投打の活躍でメジャー新人王に
本庶佑京都大学特別教授のノーベル生理学・医学賞の受賞

同総会3大イベントについて報告いたします。

1、記念祭 9/8,9
例年通り会員の著作物、各期アルバムの展示 参加者200名 特集は水泳部「豊泳会」の活躍の歴史の展示」
2、総会  10/21
初の女性校長吉田様より豊多摩の素晴らしさの挨拶を頂き、記念講演は19期の秋田裕氏による「暮らしを支える福祉用具の世界」でした 参加者150名
3、校歌祭 11/3
開催場所が杉並公会堂に戻り20校が参加 豊多摩有志の参加者110名 一番の参加人数で歌う校歌、応援歌は抜群の迫力で、終了後の懇親会も70名の参加が有りました。

同窓会活動で特筆することは数年に及ぶ学校側との協議で漸く終身会費の改定(5千円から8千円)が平成30年度会計から認められました。平成3年から実に27年ぶりの事でした。
しかしながら同窓会会計は郵便料金の大幅な改定、会報のカラー化の計画や学校、生徒への支援活動を強化していく計画もあります。引き続き皆様からのご寄付をお願い申し上げます。

我々役員一同は本年も母校と同窓会の発展に寄与していく所存です。ここに皆様のご協力も宜しくお願い申し上げます。

最後に会員皆様の今年一年のご健康、ご多幸、ご活躍を祈念申し上げます。

豊多摩同窓会 理事長 藤井 研一

年末年始について

同窓会事務局の年内の活動は終了いたしました。
年明けは1月15日(火)から活動します。
事務局へのお問い合わせはFAXまたはメールにて受けておりますが、返信は1月15日以降となりますので、ご了承ください。(事務局)

26期会員リサイタルのお知らせ

テノール歌手の高26期竹下数雄さんから、リサイタルのお知らせです。

1992年からチューリッヒ歌劇場でテノール歌手をしております。
このたび2019年1月7日(月)19:00~20:30、杉並公会堂でテノール•リサイタルを開催することになりました。
皆様にいらして頂ければ嬉しいです。 竹下数雄