新年度ー同窓会からのお知らせ

新年度が始まりました。母校の大西校長先生は定年退職され、新たに吉田校長先生が着任されました。

3月17日土曜日母校にて評議員会が開催され、平成29(2017)年度の事業報告・および中間決算が承認されました。また、平成30(2018)年度事業計画案および予算案に
ついても審議され、議決されました。
この中で、来年度事業計画案および予算案では、高10期台の頃より金額が変わっていなかった「終身会費」について、学校・PTAのご理解をいただいた上で、高71期卒業時から
3000円の値上げが決まりました。終身会費の収入だけでは年間会計は半分ほどしか賄えず、残りは会員の皆様からのご寄付によるものです。日頃の皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

また、昨年度は、進学奨励のため返済不要の奨学制度を新設しました。制度がスタートした昨年度は3名に支給する方針を決定、会報にも掲載しました。しかし奨学委員会で慎重に審査した結果、家庭の経済状況と学業成績との総合判定で3番目の枠に2世帯が甲乙つけ難い状況で並び「1名分増やし計4世帯に支給せざるを得ない」という結論になりました。その後理事会、評議員会に説明し承認を経て変更を正式に決定しました。
奨学制度の原資として「奨学募金」を昨年9月に発行した会報紙上にてお願いいたしました結果、目標の300万円を大きく超えたことをご報告します。これにより、今年度の奨学制度では4名に奨学金を支給できる見通しです。次回の募金は5年後ですが、一般のご寄付共々引き続き、ご検討いただけましたら大変ありがたく存じます。

平成29年度第2回評議員会のお知らせ

評議員各位
3月17日(土)に評議員会が開かれます。
事前配布資料と共にご案内をお送りしていますが、届いていない場合は同窓会事務局へお知らせください。
また、出欠の返信は必ずお送りくださいますようお願いします。ハガキもしくはネットでの返信ができます。詳しくは資料をご覧ください。
事務局

訃報

悲しいお知らせが相次いでありました。

母校教員であった櫛部浄義先生が1月9日に逝去されました。昭和23(1948)~42(1967)年の19年間数学の教鞭をとり、ご指導くださいました。
教会式で告別式が執り行われたとのことです。
旧制二中・立川高校出身の先生は毎回「東京校歌祭」に参加、両校の舞台に立っておられました。
また広尾高校、武蔵野北高校(初代)校長を務められました。

元理事で園芸部OB会「どんこう会」代表の高4期大西路男さんが1月13日に逝去されました。
大西さんは、長く同窓会理事を務められ、特に平成18(2006)年までの13年間は会報委員長として多くの取材をされました。また、園芸部OB会「どんこう会」の代表として昨年まで月に2回の母校美化活動の中心となられ活動してこられました。
通夜・告別式は1月19日(金)・20日(土)に東京・荻窪の光明院で。問い合わせはTEL:03-3390-4647。

お二方のご冥福をお祈り申し上げます。

バレエ公演のお知らせー50期登坂さん

会報71号(2016年発行)のトピックス「谷川俊太郎さんの詩を踊る」(当サイトでも既報)でご紹介した、登坂太頼さんの出演公演が以下の通り開催されます。
登坂さんは杉並洋舞連盟会員として、地元でもご活躍。区内にスタジオもあり、長くご指導を続けられています。

お問い合わせ等は下記へお願いします。
トサカバレエスタジオ
東京都杉並区今川3-2-6
TEL 03-3395-9828

http://tosakaballetstudio.com/

画像は登坂さんご提供のチラシです。

バレエ公演のお知らせー52期本島さん

会報71号(2016年発行)のインタビュー「同窓生の横顔」にご登場頂いた、新国立劇場バレエ団プリンシパル本島美和さんの主演による公演のお知らせです。

2018年2月9日~11日の「ホフマン物語
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/18hoffmann/
新国立劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町1-1-1
TEL:03-5351-3011(代表)
http://www.nntt.jac.go.jp

本島さんが2月に個人のバレエスタジオをオープンされます。日本を代表するバレリーナの指導を受けることができる、貴重なスタジオです。合わせて、こちらもぜひご覧ください。

浅草バレエスタジオ http://www.asakusaballet.com/
〒111-0035 東京都台東区西浅草2-18-5
tel 03-6802-7440

※画像は新国立劇場の「ホフマン物語」公式サイトです。

2018年の年頭ご挨拶 - 理事長

豊多摩同窓会会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族の皆様と健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

*昨年を振り返りますと政治、経済の面では色々な事がありましたが スポーツ、社会文化面では明るい嬉しいニュースが多かった気がします。

藤井聡太四段(14歳)が加藤一二三九段とのデビュー戦以来の29連勝の新記録。
稀勢の里が三代目若乃花以来の19年ぶりの日本人横綱。
早稲田実業高校の清宮選手の通算111本の本塁打新記録。
陸上100メートルでは桐生祥秀選手が日本人初の9秒台の9.98の日本新記録。
上野動物園のパンダが誕生し、シャンシャン見物で予約殺到。

 
*昨年の同窓会3大イベントを報告いたします。
1、記念祭(9/9,10)
会員の著作物紹介、各期のアルバム展示の他創部20周年を迎えた吹奏楽部OB会「むしの会」の展示と演奏が行われ約300人の会員、現役生、中学生、保護者の来場がありました。
2、総会(10/22)
台風の影響か強風と大雨にも拘らず高20期、27期、37期の同期会同時開催もあり160余姪の参加を得られました。後援は鉄道史家山田敏明氏(20期)の「鉄道遺産が語る」でした。
3、校歌祭(10/1)
荒川区のサンパール荒川で開催されました。初めての会場で杉並区からは遠かったこともあり、参加者が少ないかと心配しましたが、予想を超える77名の参加者がありました。「校歌を歌う」の魅力の力強さに驚かされました。今年は杉並公会堂で開催します。

*奨学制度と終身会費について述べたいと思います。

奨学制度・・数年前より検討されれきました奨学制度が貸与型奨学金から新しく給付型奨学金を導入しました。3年生を対象に進学準備費用の補助として一人15万円を給付。かねてより寄付預り金の60万円から出費致しました。
今年度以降の財源を調達するため奨学募金活動を始めました。9月上旬上旬の会報にて募金のお願いをしました処、11月末時点で300万円を超える浄財をお寄せ頂きました。これも一重に会員皆様の母校愛の賜物と感謝申し上げます。

終身会費・・終身会費はここ数十年5千円と固定されてきました。途中何度か学校側に会費値上げを提案させて頂きましたが日の目を見ることが出来ませんでした。その為一般寄付を皆様にお願いして同窓会の運営をしてまいりましたが、ここ数十年間の数回の郵便料金値上げ等諸般の値上げで運営が厳しく再度学校側に申し入れを行いました処、4月からの新3年生より8千円に値上げを受け入れて頂く目途が立ちました。それでもなお同窓会運営費の過半は皆様からの寄付で成り立っておりますので、どうぞこれからも奨学募金と一般寄付にご理解を賜りたくお願い申し上げます。我々役員一同も母校と同窓会の発展に寄与して行きたいと存じます。

最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝を祈念申し上げます。

豊多摩同窓会 理事長 藤井 研一

吹奏楽部「ソロの調べ」演奏会のお知らせ

※開演時間が早くなりました。ご注意を!

母校吹奏楽部の部員一人ひとりがおくる「独奏」のコンサート「ソロの調べ」が12月27日に開催されます。独奏がメインですが、アンサンブルもあります。後援は吹奏楽部OBOG会「むしの会」。ピアノは40期の富松さんです。

日時:2017年12月27日(水)16時30分開演(変更になりました)・16時15分開場(21時頃終演予定) 会場:武蔵野スイングホール(東京都武蔵野市境2-14-1)
演奏:都立豊多摩高等学校吹奏楽部 入場無料 全席自由
主催:都立豊多摩高等学校吹奏楽部 後援:むしの会吹奏楽団(豊多摩高校吹奏楽部OBOG会)

チラシのデザイン:吹奏楽部部員

※開演時間が30分早まり16:30開演(16:15開場)に変更になりました。終演は、21時頃を予定しています。ご注意ください。