72回卒業式(2019年度)レポート

母校ニュース

3月7日母校で第72回卒業式が執り行われた。

当初は同窓会役員にも招待状を頂いたが、折からの新型コロナウイルス騒ぎによる 都の通達で、来賓はおろか保護者や在校生もシャットアウトした変則式典となった。

当方は女子大顔負けの超華やかな“伝統”とコロナ自粛との兼ね合いを ジャーナリスト精神で、いや単なる野次馬根性で駆け付けると・・・ 校門前は子供達を送り届けたマイカーやタクシーの渋滞、HRの時間になっても 別れを惜しんで、たむろする卒業生。 娘の晴れ姿を懸命に撮る母親も印象に残った。 そして逞しいトヨタマ・ウーマンパワーは健在だった! 女生徒の殆どが着物姿、お手製か真っ赤なドレスや民族衣装も。 男子はスーツにネクタイが主流だが、羽織袴は2割弱か。 キャンセル不況の昨今、着付けやヘアメイクで美容院にはいい事だろう。

35期で現職教諭の坂口先生によれば、がらんとした体育館では ブラスバンドの代わりにCDが流れ、在校生は送辞を読む学友会長1名のみ。 それでも国歌、校歌斉唱、1名づつ呼び上げての卒業証書授与、校長式辞 それに谷川先輩の詩朗読など、いつも通りの式次第だったそうだ。

307名の72期生諸君、卒業おめでとう! まさに異例の門出となったが、強烈な思い出になるだろう。 前日のリハーサルと共に入会式も中止になってしまったが、同窓会にようこそ! 記念祭、校歌祭、総会の3大イベントにも是非ご参加を!

11期矢島

タイトルとURLをコピーしました