2020年 理事長年頭のご挨拶

同窓会会員の皆様へ

 明けましておめでとうございます。
 本年もご家族の皆様と健やかに新年をお迎えなられたこととお喜び申し上げます。
  昨年は5月1日に平成から令和の御代に代わり10月に即位の礼、11月に祝賀御列と祝賀行事が続きました。令和の御代も平成の御代と同様に平和で穏やかな御代でありますよう祈念申し上げます。

 9月に台風15号、10月に19号と東日本に大きな台風災害をもたらしましたが皆様の家族、関係者で被災に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
  一方でラグビーW杯で日本代表はONE TEAMで予選A組で全勝で初のベスト8入りを果たす吉報を日本中に もたらしました。又渋野日向子選手が全英女子オープンでメジャー2里目の優勝を果たす吉報をもありました。さらに今年もまたノーベル賞受賞者が、化学賞の吉野彰さんです。それにしても渋野選手、吉野フェローの笑顔は素晴らしいですね。

 同窓会の3大イヴェントについて報告いたします。

 記念祭 9月7日、8日
例年通り卒業アルバム、会員の著作物のほか「50年前にトヨタマで考えたこと」、美術部OB豊美会の出展があり、2日間の累計入場者数は340人に達しました。

 総会 10月21日
会務報告後、高33期松村美香さんの「老後マネー戦略家族!」のテーマで講演を頂き、今流行りの話題にマッチしたお話で大好評でした。参加者は来賓等含めやく150人の参加者を得ました。

 校歌祭 10月27日
開催場所は昨年に引き続き杉並公会堂。参加19校中最多の90人の参加者がありました。終了後荻窪駅南口の居酒屋で懇親会を開催。お互いの元気な姿を確認しあいました。

その他特筆する事
母校野球部の活躍ぶりを報告いたします。1回戦はシード、2回戦は専修大付属に4対3、3回戦は東京都市大付属に5対2、4回戦は松が谷高に3対1、練馬高に5対4と勝ち進みベスト8に。準々決勝は明治神宮球場。善戦するも創価校に敗れましたが、西東京大会でのベスト8は豊多摩が唯一の都立高でした。
同窓会では文芸部も全国大会に出場したことを称え、野球部の活躍と共に同窓会初の「会報号外」を2000部発行し、記念祭で配布しました。

 本年は母校が昭和15年創立以来80年の節目の年になります。10月には80周年記念祝賀会を中野サンプラザで開催します。

 我々役員一同は本年も同窓会発展に寄与していく所存です。皆様に置かれましても更なるご協力を宜しくお願い申し上げます。
 最後に会員皆様の今年一年のご健康、ご多幸、ご活躍を祈念申し上げます。

豊多摩同窓会理事長 藤井研一

アバター

投稿者: 編集部

高36期 理事です。