同窓会秋の3大イベントのご案内

9月になりました。秋の3大イベントのお知らせです。

その1・母校記念祭・同窓会展示室

9月7日(土)から2日間開催される母校記念祭。各クラスや文化クラブ、PTAやおやじの会等々が展示やイベント模擬店が賑わう文字通りの「お祭り」。以前学校側に校歌祭の練習場所提供を申し入れたところ、この場で同窓会のPRを兼ねたらと提案されたもので、恒例の卒業アルバム、会員の著書紹介、初日3時からの校歌祭の練習に加えて、今回の企画は「50年前、トヨタマで考えたこと」がテーマ。若い諸君はご存知ないだろうが70年安保闘争、大学封鎖など騒然としたなかで69年に起きた数日間の母校封鎖を当時在校生として何を考え、どのような討議が行われたか振り返り、未来に向けて高校生へのメッセージになればと企画。当時のプリントや日記も展示します。21期生から24期生の当事者の思い出を語り合う場になればと思い、多数のOB・OGにご覧頂きたいと思います。同時に、急逝された美術科石井先生と18期作家の橋本治さんの追悼展示もあります。何十年ぶりのトヨタマを、是非訪問して下さい。最終日8日は3時まで。 

その2・同窓会総会、懇親会

10月20日(日)1~4時 母校視聴覚室。会費1000円、67期以降の若手は無料招待。この1年の同窓会活動の報告等に続き記念講演は33期作家、開発コンサルタント松村美香さんの「老後マネー戦略家族」。同氏は「ロロ・ジョングランの歌声」で第1回城山三郎経済小説の大賞を受賞、世界を飛び回るコンサルだが、今回は国内が舞台の同名の書き下ろし小説がテーマ。先頃老後2000万円問題で大騒ぎになったが、老後や将来への不安を抱えた一家の財テク目標額は3000万円!崖っぷち中流家族の奮闘をコミカルに描いている。

1F生徒ホールに移っての懇親会では同時開催の同期会として恒例の高4、5期の先輩方をはじめ卒業してから50年の22期、還暦記念の29期、以下50歳になった39期、40歳の49期そしてTBC・放送部のOB会を予定している。現役の放送部は数々の全国コンクールで優秀な成績を残しているが、OB会は世代ごとのブツ切れ、まだら状態。この機会に是非お集まりを!

その3・校歌祭、懇親会

10月27日(日)2時杉並公会堂集合。旧制府立中学の伝統ある都立高校が集い、校歌や応援歌を競い合う第27回東京校歌祭。会費無料。リハーサル後、その1や2でも会場を飾った大幟と校章入り黄色いスカーフ(500円・受付)姿で3時頃登壇、指揮者の脇本氏ら吹奏楽部OB・むしの会有志の伴奏で美しい校歌と勇壮な応援歌を披露。会場に一番近い学校としてトップクラス100名越え参加を期待している。昨年から豊多摩への対抗意識か盛り上がっている西高の伴奏で「仰げば尊し」を合唱してから5時前には荻窪駅前の昨年と同じ居酒屋で懇親会。3000円会費で本物のビールやアルコール類が何と飲み放題です‼

11期矢島