ラグビー部予選の初戦に圧勝

9/16ラグビー部OBの同級生から呼び出され、豊多摩グランドへ。

第98回全国高校ラグビーフットボール大会東京予選の初戦、母校は57:7で合同チームAに圧勝!相手は少子化やラグビー人口減少により、数校の選手がチームを組んだ混成組。同部OBの大先輩によれば、もっと点差が開いて当然。だが勝ち進んでも3回戦はトンガの留学生を抱える強豪目黒学園が立ち塞がるとの事。次回は10/14(日)11:50 本郷高校グランドで。

試合もさることながら驚いた事が二つ。

300人を超すギャラリーが集まり、がっしりしたラグビー親爺と共にお母様方の応援が目立つ。もっとも入社式に親が付きそうご時世、別に驚くことじゃ無いのかな。

もう一つは、サッカー部員20数人が黄色いメガホン片手に、グランドに面した部室3Fから大声援してた事。彼らは数年前から“トヨタマ・オーレ”なる歌を愛唱してるが、野球部員が毎回練習後に斉唱している応援歌「豊多摩の健児我等」はじめ、替え歌も交えてか聞いたことの無い数々のトヨタマを織り込んだ歌を熱唱。相手チームには、まさにアウェイ。昼飯でも、このクラブ同士の熱い応援の話題で盛り上がった。

最後の写真は過日、校歌祭の打ち合わせで訪問した都立小山台高・府立八中。同校の野球「班」は夏の甲子園大会予選で大健闘したが、一番練習に励んでると思われる母校野球部も頑張れ!!

写真・文:11期 矢島