73期生が入学しました(2018)

校庭の遅咲き桜も散ってしまったが、気持ちよく晴れた4月9日は母校73期入学式。

開式の言葉に続き国歌斉唱。例年通り新入生入場時の「威風堂々」、退場の「あしたには…校歌」を熱演する吹奏楽部でなく、ずっと前から音楽教諭が壇上でピアノ伴奏。日本独特の風景だろう。新担任からの入学者呼名。ほぼ全員が元気よく返答していた。男女共にブレザー、真新しい上履き。チラホラ坊主頭も。中学の運動部員かな。大西先生に代わって第25代新校長に就任された吉田先生は、我が校初の女性校長。まず「317名の入学を許可します」とひと言。続く学校長式辞では「文武両道、自主自立の伝統を受け継ぎ、3年間の限られた時間大いに勉強を。自分に合った学習法をどの教科にも向き合い高めて欲しい。部活や学校行事で築いた人間関係は卒業後も皆さんを支えます。まだ15歳、人生はこれから。そして他人に気遣いの出来る人になって欲しい。最後に本校での実り多い生活を祈っています」と結ばれた。女生徒による誓いの言葉「出会って間もない仲間たちだが、困った時は支え合いたい。伝統ある豊多摩の一員を自覚し努力する事を誓います」

学年主任で同窓会理事でもある村田先生はじめ新担任を紹介。

校歌紹介は昨年の合唱コンクール優勝クラスの新3年生が登壇。初々しい新入生とは対照的に、例のごとく好き勝手バラバラな恰好。ちょんまげ男もいる。だが四部合唱の歌声はきれいにハモッテいた。

諸君合格そして入学おめでとう!だが本当に楽しくのんびりした校風だからね。あっという間に卒業だよ。吉田先生のお言葉通り、まず勉強を!

写真、文:11期矢島