高26期会員テノールリサイタルのお知らせ

高26期の竹下さんからテノールリサイタルのお知らせが届きました。

竹下数雄 テノールリサイタル
2017年2月27日(月)19:00開演(18:30開場) 杉並公会堂小ホール
入場料3,000円(全席自由)※当日券あり

イタリア~オーストリア~ドイツ~スイス 在欧36年のテノールがオリジナルの7ヵ国語で歌う 歌曲&オペラアリアの夕べ

曲目
・ララ “グラナダ”
・ドニゼッティ “永遠の愛と誠”
・シューマン “献呈”
・チャイコフスキー オペラ『エフゲニー・オネーギン』より “はるかに過ぎ去りし”
・マスネ― オペラ『ウェルテル』より “何ゆえに我を目覚ますや”
・ドヴォルザーク “ジプシーの歌”
・山田耕筰 “かやの木山の” “この道”

出演
テノール 竹下数雄 チューリッヒ歌劇場専属オペラ歌手
ピアノ 田中梢 東京藝術大学オペラ科非常勤講師 東邦音楽大学および同大学院講師

竹下さんより
武蔵野音楽大学卒業後、3年間中学の教員をした後、1981年イタリア留学をし、オーストリア、ドイツに住んだ後1992年よりスイス・チューリヒ歌劇場(Opernhaus Zürich)のオペラ歌手として歌っております。在欧36年です。
さて、このたび杉並公会堂にて、歌曲とオペラ・アリアの夕べ、竹下数雄テノール・リサイタルを開催することになりました。約20曲をオリジナル7カ国語で歌います。
画像は1月30日(月)チューリヒで開催されたリサイタルの様子です。2月5日(日)にも行い、地元ということもあり、どちらも満席でした。同じプログラムで東京は3回目となります。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

リサイタルに関してのお問い合わせは事務局までお願いします。

投稿者: 編集部

高36期 理事です。