リンクスの話 第3回

母校ニュース

3回目は、‎豊多摩リンクスの仕組みとその歴史を忘れないうちに(だいぶ忘れてしまいましたが…)書き留めてお届けします。正直、同窓生の皆さんにはどうでもいい話なので手短に。

1998年、「豊多摩リンクス」の前身「豊多摩Links」‎が、geocitiesという無料Webサイト開設サービスを使ってスタートしました。この‎geocitiesはネット上のフォームに書き込めばWebページができるというカンタン、楽ちんなシステムで、今で言うCMSだったわけです。当時、「豊多摩Links」を立ち上げた当人がカフェを経営しており、店番の合間に個人の愉しみとして、これを使い、のんびり更新をしていました。

その後、ふたりの仲間を得て、ひとりはイラストやWebサイトのパーツをちょこちょこ作ってくださり、もうひとりは、誰もまだ知らない「豊多摩Links」をあーしたい、こーしたいというメンバーの思いつきや気まぐれに、相づちを打ち続けてくれました。そういえば、共同運営を始めるきっかけのやりとりをメールで始めて、それから随分経つまで、3人は顔を合わせることもなく、全てネットを介してのやりとりだけで済ませていました。同窓生というだけで、それぞれ仕事や家庭があり、自由に切り出せる時間に限りも都合もあるので、こうするしかなかったのですが、それで充分でした。

この運営スタイルは今も変わってはいません。基本は各メンバーはお互いの顔を合わすことも声を聞くことなく運営しています。しかしながら、同窓会の役務なのに会合がないのはまずいということで、同窓会の公式のサイトになってからは、年に一度、委員長の呼びかけで集まっています。実は近々、その会合がありますので、次回はその様子をお伝えしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました