「おやじの会」10周年

おやじの会10周年誌 同窓会ニュース

豊多摩高校の保護者有志が結成した、「おやじの会」が10周年を迎え、記念誌を制作しました。都立高校3番目の会として2005年7月9日に発足して2015年に10周年を迎えたそうです。記念誌は同年12月に発行されました。

現在会員は約50名。そのうち約30名は現役保護者の会員、残りは子供が卒業しても活動に参加するOB会員だそうです。「おやじ」と言っても女性会員もいて、元気に活動されています。活動内容は「定期会合」「記念祭参加」「校内美化活動」「授業協力」「センター試験応援」「部活対外試合応援」など多彩です。

特に記念祭参加は、ターミネーター風のイラストがカッコいいお揃いの黄色いTシャツを着ての模擬店。焼きそばや、おやじの皆様ならではの出張先で仕入れてくる「ご当地カップラーメン」を販売。あっという間に売り切れてしまう盛況ぶりです。また、キャリアを積んだメンバーならではの、授業協力は、防災やキャリアに関するセミナーを開くなどしているそうです。センター試験応援は、同窓会とのコラボ企画です。

このような活動を10年続けてこられた同会は、今後も益々大人の力を終結させていくことと思います。記念祭では今年も黄色いTシャツ姿のおやじ達(含むお母さん達)が元気いっぱい焼きそばを焼いていると思います。

おやじの会10周年誌

おやじの会10周年誌

記念誌はこの10年の活動記録がフルカラーで掲載されています。お問い合わせは同窓会へお願いします。

※「おやじの会」とは?
正式名称は「都立豊多摩高校「おやじの会」」。(1)会員が自主的に集って、高校生や地域のことについて学ぶ。(2)豊多摩高校の教職員、PTA、OB会等と連携し、教育環境の改善、生徒の学校生活の応援等をおこなう。(3)会員相互の親睦をはかる。ことを目的とした団体です。会員は原則として生徒およびOBの保護者または本校OBで、目的に賛同し自主的に参加する者、性別は問わないそうです。(同会会則より)

タイトルとURLをコピーしました