高12期E組、卒業55周年記念文集を発行

会報70号にも掲載しましたが、高12期E組の皆さんが卒業55周年を記念してクラス文集を発行しました。
発行したのは2015年4月。
なんと印刷・製本まですべて手作りです。発行に寄せて高12期の後藤さんより寄稿していただきました。

IMG_1731文集とり2

卒業55周年記念文集成る  高12期E組 後藤貞雄 2015年11月

 卒業して55年の今年の春、クラス文集が完成しました。当時のクラス50人超、その内30人、70ページの多色刷り、編集、印刷、製本まですべて手作りしました。
 改めて手にとってみると、う~ん!トヨタマぼけと呼ばれながら、その後の激動の半世紀を生き抜き、今や後期高齢直前の元豊多摩生の心意気。内容は豊多摩の想い出から、その後の人生、現在の自分、多彩な趣味の数々、評論、意見とバラエティに富み、あらためてトヨタマの力を見た感じがしました。級友の事務所の一室に集まっての製本・送付作業などで昔のことを思い出し、また級友の力作に、近いようで知らなかったお互いのこと、考えを知り、みんなの距離がいっぺんに縮まった気がしました。最初は、本当にまとまるか不安もありましたが、年齢はとっても好奇心を失わず、何でもとにかくやって見る!ことが大切なことを実感した今回の企画でした。

「青春とは人生のある期間ではなく心の持ち方をいう」
青春の詩 サミュエル ウルマン

IMG_1735明田川とり

IMG_1733文集目次とり2

画像提供:高12期後藤さん

※この記念文集は同窓会にも一冊ご寄贈いただきました。図書室に寄託し、同窓生の著書コーナーにて閲覧できます。また記念祭の際には、同窓会の展示室にて自由にご覧いただけます。

投稿者: 編集部

高36期 理事です。