2015年の年頭ご挨拶 - 理事長

newyear2015

 豊多摩同窓会会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族共々健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年を振り返りますと自然災害の多い年で、8月の広島市での土石流災害、9月の基礎御嶽山の噴火災害とうで多くの犠牲者が出ました。

 一方明るいニュースでは2月のソチオリンピックでは羽生選手のフィギュアスケートでの金メダル、レジェンド葛西選手のジャンプ競技での2個のメダル。
 文化面では富岡獅子工場が6月に世界遺産の指定を受け、11月には和紙造りも無形文化遺産に指定されました。
 なんといっても青色LEDの発明と実用化で3人の日本人(赤崎教授、天野教授、中村教授)がノーベル物理学賞の発表が10月にあった瞬間は天に上った気分でしたね。

 昨年の会員参加型の3大イベントは

1.母校での記念祭では21期生の写真展、卒業生の著作物の展示、各期毎のアルバムの展示等を行い2日間で会員、現役生徒、豊多摩受験候補の中学生で320人が見学に訪れました。9月

2.東京校歌祭は一昨年までの日比谷公会堂から会場を杉並公会堂に移行し、地元開催という事で従来に無い120人の参加を得て他校を圧倒し、四部合唱で更に他校に差をつけた感がありました。11月

3.同窓会総会は奈良校長先生はじめ多数の来賓の先生をお迎えし、又高18期テレビ朝日専務の福田氏に「テレビのおさらい、ここだけの話」で講演頂きました。
 参加者は220人と会場ぎっしりの満杯状態。同時開催の4,5期会、卒業50周年の17期会、還暦の24期会、50歳の34期会等の同期会同時開催が功を奏した結果と思われます。10月

 未だ参加経験のない会員の方々、是非友人お誘いの上3大イベントにご参加されんことを期待しております。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸とご健勝をご祈念申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

使用写真:[PHOTO STOCKER]高解像度のフリー写真

投稿者: 編集部

高36期 理事です。