東京校歌祭・同窓会総会のお知らせ

東京校歌祭 10月5日(土)  日比谷公会堂13時集合です。
これまでオオカミ少年のごとく”最後の日比谷”と言ってきましたが、とうとう本当に最後の日比谷になってしまいました。理由は耐震強度の問題。
しかし、だいぶくたびれている日比谷が崩れるような大地震が起きれば、他のホールばかりか都内全域も甚大な被害を受け、とても校歌祭が開催できる状態ではありません。
つまり日比谷公会堂は営業を続けているので、せめてもう1年は続行をと思いましたが、慎重な人が多く最後の日比谷が決まってしまいました。
20年間の思い出の大ステージ、先輩が副社長だったニュートーキョーでの懇親会、いずれも今回が最後です!

第21回を迎える今大会は、旧制府立中学の都立伝統校に加え、東大、一橋、早稲田、慶応の4大学が特別参加し、20校が長く歌い継がれた伝統の校歌を競い合います。母校の金田一京助作詞、山田耕筰作曲の美しい四部合唱の校歌と、五十年余り前に現役の生徒だった10期石田幸久氏作詞作曲の勇壮な応援歌「豊多摩の健児われら」を元気一杯に歌いましょう。
我が豊多摩は日比谷公会堂に13 時集合後、最終練習をします。
吹奏楽部OB会・むしの会の有志と共に、二本の大幟、校章入り黄色いネッカチーフを巻いて14時過ぎに登壇。
参加費は同窓会の援助で無料ですが、通信費などのカンパ500円をお願いしています。 二階に各校と並んで豊多摩の受付があるので、お1人でもお気軽にどーぞ。
定時制の卒業生も大歓迎します。
終了後有楽町ニュートーキョーへ移動して懇親会。会費3000円程度で大盛り上がり、最後は他のお客さんに迷惑の掛らぬよう、校歌の低唱でお開き。とにかく楽しいんです。

同窓会総会 10月27日(日)13時より 
母校(特別に裏門も開放予定です)会費1000円。
来賓挨拶、会務報告、記念講演に続いて懇親会。ノンアルコールビールで乾杯後、
ソフトドリンクを片手に恩師や懐かしい旧友と歓談へ。スナック菓子も豊富です。
2013年は同期会として卒業50年の高16期、30年の高36期、そのほか高4・5・14期も開催予定です。 記念講演は47期むしの会団長でトロンボーン奏者の森田氏。
演奏を交え、これまでとはひと味違ったユニークな講演になりそうです。
詳細は同窓会報を。久し振りの母校見学も兼ねて、是非ご参加ください。