むしの会 48歳年の差ハーモニー

IMG_3677
7月21日 新装?の三鷹公会堂で吹奏楽部OB会・むしの会29回演奏会が開かれた。会場にはお元気に89歳になられた初代顧問の櫛部先生や、現役の顧問で9月23日に日暮里サニーホールでピアノリサイタルを開かれる木谷理恵先生の姿も。プログラム1部は全員黒のフォーマルスタイル、47期森田楽団団長の指揮で「アルヴァマー序曲」からスタート。司会の64期高田さんによると、数名の現役が加わっているので最年長OBとは48歳差があるそうだ。

IMG_3680第2部はコンクールに向け舞台度胸のトレーニングも兼ね、今年も現役生が登場。白Y、赤ネクタイのりりしい姿は今年も圧倒的に女生徒、スイングガールの世界。つい数カ月前に中学生だった面影の1年生が少しオドオドと登場するのもいい。彼らは来月開かれる「全日本吹奏楽コンクール」の演奏曲目をそのまま披露。

しろうと耳には素晴らしい!と感心するんだが、今や全国的にレベルアップし、隣りの杉高などは、はるかに格上だそうな。ともあれ夏休み返上で練習を重ね、8月14日会場の「府中の森劇場」では2番目に登壇する。頑張れ!

IMG_3695

IMG_3727第3部は恒例の各パートごとに思い思いのカジュアルスタイル。なんでもファミコン発売30周年とやらで、関連した賑やかな曲が続く。トリは今秋同窓会総会で講演と演奏を務める森田団長が再登場。トロンボーンの吹き振りでホルンやトランペットのソロを交え様ざまなフレーズが現れ、大いに盛り上がった。22期むしの会谷田部会長の挨拶にあった「遠くまでようこそ」。23区外に出たせいか、観客は昨年よりやや少ない300人弱程度か。また「現役との繋がりを大切にしたい」も実感できた。

そして歌詞カードを配られた「校歌」、今年は3番までを舞台と客席が一体となって合唱した。大きなアンコールに応えて現役も加わった「星条旗よ永遠なれ」でお開きとなった。

(文:11期矢島 写真提供:むしの会)

タイトルとURLをコピーしました