理事長年頭御挨拶

 豊多摩同窓会員の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もご家族様とご一緒に健やかに新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

 昨年は3.11東日本大震災、津波それに伴う原発事故と未曾有の大惨事を被りました。
ここに直接、間接に被災された方々には謹んで心よりお見舞い申し上げます。

 しかしこの中で規律正しさ、我慢強さ、自己犠牲、無償の行為等々日本人の美しさ、強さをこの時ほど感じた事はありません。これらの強さがある限り戦後復興同様必ず立ち直れると確信しております。私たちも心を一つにして被災者を支援しましょう。

 昨年の会員参加型の行事は母校での記念祭(9月)、日比谷公会堂での校歌祭(10月)、有楽町ニュートーキョーでの総会(10月)とこなしてきました。特筆すべきはここ2年総会参加者が100人を割るという状態。併せて若年層の低い参加率と問題がないわけではありません。

 本年も役員一同、会員の皆様が行事により多く参加されるべく努力していく所存です。
皆様にも諸行事に積極的に参加されることを期待しております。

 最後に会員皆様の今年一年のご多幸、ご健勝を申し上げます。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

写真 四季の富士より http://g-news.jp/fujisan/

投稿者: 編集部

高36期 理事です。

コメントをお願いします。