理事長年頭御挨拶

newyear2011

皆さんあけましておめでとうございます。
本年もご家族共々健やかに新年をお迎えになられた事とお慶び申し上げます。

昨年の日本を振り返りますと政治、外交、経済は閉塞感が漂っていますが、探査衛星はやぶさの活躍、ノーベル化学賞を根岸、鈴木両教授が受賞、岡田ジャパンのワールドカップでの活躍等と明るい話題も数多くありました。

我が同窓会を振り返ると9月に記念祭展示(来室者約300人)、10月には校歌祭(参加者74人)、同月同窓会総会(参加者79人)と例年の行事も無事にこなしてきました。特別行事としては母校70周年の記念行事がPTA、同窓会も協力し11月17日に開催されました。

本年は昨年実施したアンケートも参考にしながら名簿発行の問題、同窓会会計の逼迫状態に対する施策、若年層の参加率の向上、評議員のあり方等諸問題をひとつひとつ解決して行きたいと思います。

皆様にも積極的に諸行事にさ参加され、又貴重な意見を寄せられることを期待しております。
そして共に同窓会発展に寄与していこうではありませんか。

同窓会理事長 藤井研一(高16期)

投稿者: 編集部

高36期 理事です。

コメントをお願いします。